[CML 035898] 【開講】OPEN連続講座〈運動と思想〉花崎皋平が花崎皋平を語る 第4回のご案内・リマインド

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2015年 1月 17日 (土) 20:42:45 JST


みなさま

こんばんは、PP研事務局の横山でございます。

好評のうちに続いております、「OPEN連続講座〈運動と思想〉 花崎皋平が花崎 
皋平を語る」の第4回がいよいよ来週と差し迫ってまいりました。

今回は、70年代の運動をくぐりぬけてまとめられた『静かな大地 松浦武四郎 
とアイヌ民族』(1988年)を中心に置いて、花崎さんのお話を うかがいた 
いと考えています。 
質疑応答の時間もたっぷりとります。

ぜひお誘いあわせの上、お越しください!
みなさまのご参加を心よりお待ちしております!

第4回のご案内はこちらからもご覧になれます→http://bit.ly/1BgtsWV

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オルタキャンパスOPEN
連続講座〈運動と思想〉 花崎皋平が花崎皋平を語る
第4回:「地域をひらく」シンポジウム/近代化とアイヌ民族
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★講師:花崎皋平さん
★日時:2015年1月24日(土)午後6時~(5時30分開場)
★場所:ピープルズ・プラン研究所会議室 アクセスはコチラ→ http://p.tl/7RSJ
★参加費:1,000円(PP研会員:700円)
 ※事前申し込みがなくても参加できます♪

******************************************************
以下、チラシより

 ヨーロッパで「新しい社会運動」と呼ばれた運動と対応するものは日本の70 
年代にも育まれていました。それは「地域住民闘争」と呼ばれました。 そし 
て、花崎さんが、「アイヌモシリ」でのこの地域の住民運動をどのようにくぐっ 
たのかを語っていただくことが前回のメインテーマでした。
「アイヌモシリ」という言葉について、花崎さんはこう書いています。

「……『アイヌモシリ』はアイヌ語という土着の(vernacular)言葉でもともと使 
われていた言葉で、『アイヌのくに』あるいは『アイヌの大地』を 意味しま 
す。しかしこの言葉は、近代日本100年の同化政策のなかで言ってはならない 
不穏当な言葉になってきました。敗戦後、その呪縛が解け、ア イヌの民族的尊 
厳の回復を求める先覚者によって、北海道はアイヌのくにであることに目覚めよ 
という同胞への訴えがなされていましたが、依然として 公安警察の威圧、監視 
はつづいていました。1970年代になって、ようやくその呼びかけが同胞に受 
け入れられるようになったのです。……70年代 以降の活動家たちは、この言葉 
に回復すべき自然と調和した生活の場という意味をこめるようになっています。 
モシリには『平和な、静かな地』という ニュアンスも含まれていて、アイヌ民 
族の先住権の回復をめざすキイワードになっただけでなく、これからめざすべき 
生活文化のヴィジョンとしての意 味も付与されました。/また『アイヌモシ 
リ』という表現に、国境にとらわれずに千島列島、サハリンを自由に往来し、そ 
れら島嶼地域にともに住んで いた歴史を想起し、均質的で画一的な硬い国家の 
枠をゆるめて、文化的に多様で柔らかい、民族共生の地域コミュニティを求める 
思想的な営みもあらわ れています。/このように、地域住民の環境と生活を保 
全する運動からは、地域に住むものとしての自己のアイデンティティの自覚、自 
治の思想が育ち 始めました」(『〈じゃなかしゃば〉の哲学』〈2000年〉)。

 今回は70年代の運動をくぐりぬけてまとめられた『静かな大地 松浦武四郎 
とアイヌ民族』(1988年)を中心に置いて、花崎さんのお話をうか がいた 
いと考えています。幕末の時代、十数年にわたる「蝦夷・樺太」探検(調査)し 
た松浦武四郎は、アイヌ民族の風俗・文化の、すこぶる克明な記 録者でした。 
そして彼は和人による差別と虐待を正面から告発し続けた「アイヌ民族尊厳の回 
復を求める先覚者」でもあったのです。アイヌ民族の苦悩 に共感しつつ自己変 
革し続けた松浦の思想的態度に、花崎さんは、そのまま自分を重ねています。 
この著作の時代は、〈地域をひらき〉地域住民闘争の全国的な交流の試みに向か 
う時代でした。70年代の運動をふまえた80年代の思想を語っていただこうと 
思います。 
    今回も質問は自由です。参加者相互の討論も歓迎します。積極的なご参加を。

とりあげる主な著作:
  〇『生きる場の風景:その継承と創造』朝日新聞社、1984.09
  ◎『社会的左翼の可能性:労働運動と住民運動』清水慎三と共著、新地平 
社、1985.06
  ◎『地域をひらく:生きる場の構築』農文協(人間選書76)、1985.12
  〇『解放の哲学をめざして:衆愚は天に愚ならず』有斐閣新書、1986.08
  ◎『静かな大地:松浦武四郎とアイヌ民族』岩波書店、1988.09
  ◎『近代化の中のアイヌ差別の構造』成田得平・花崎皋平編集代表、明石書 
店、1998.11

以上です。ぜひともテキストもお読みの上、ご参加ください。


CML メーリングリストの案内