[CML 035846] 【報告】第1365目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 1月 14日 (水) 07:17:33 JST


青柳行信です。1月14日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21 「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
          http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1365日目報告☆
      呼びかけ人賛同者1月13日3688名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 
 青柳さん
今また、東北地方で 地震があったというニュースが流れました。
原発は 安全ではないということを はっきりと認識すべきです。
川内では、地元の建設業者が九電の仕事を請け負っているとのこと。
まったく癒着していますね。しかも 県議と関係のある業者といいます。
危ない構図です。
あんくるトム工房
これって癒着だね  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3318
ラスト・エンペラー http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3319

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆山木屋の放牧牛にも権利あり 人の勝手で殺処分せず
      (左門 ’15・1・14−901)
※郡山市川保町山木屋の山地酪農家米倉啓示・直美夫妻。
「命を育むことの一番は食の安全を確保すること。故郷は
世界中どこにも取って代わることのできない唯一無二の場所。
理不尽に奪ったものを許すわけにはいきません」。同感・連帯!

★ 西山 進 さんから:
青柳行信さま
 先日病院に行く途中、バスの窓から寒風の中黙々とテントの設営をしている皆さんの姿を拝見しました。
 「すいません」とつぶやきました。

 へランスで起こったテロに対するヨーロッパの抗議の波は広がっています。
 ドイツのメルケル首相は「フランスは友人」とデモに参加しました。かってはナチスが侵攻した、フランスです。
 ドイツの戦後は資本主義を選んだとしても、自分たちの起こした戦争を深く反省し、現在のドイツを復興しました。
 EUにいろいろな矛盾はあるにしろ、ふたたび過ちを繰り返してはならないという理念を感じます。

 かって日本は日独伊三国同盟に参加し、世界制覇を狙ったのですが、壊滅しました。
 しかし、その一員である日本だけがいまだに侵略したアジアの国々にはっきりと礼節を尽くして反省をしたとはいえません。
 それどころか、かっての戦争を美化する方向で再びアジアでの覇権を狙っています。

 世界が注意深く見ています。
 
 ところがあらぬ緊張を作りだして軍備の増強に走っているのも事実です。
 今回の国の予算案を見ても歴然としています。
 自衛隊の軍事演習などが露骨に公開され、マスメディアの腰が引けてきました。

 このようなメールが「危険思想」になる時代を迎えてはなりません。

 ヨーロッパは

 十字軍、オスマントルコ、へランス革命、ファシズムなど、他国に蹂躙された国民性が、
  今、鉛筆をかざしてのデモであったとしても、私は日本人として、私たちの行った戦争を  
  深く考えなければと思います。
 いたずらに神経質になる必要はありませんが、
  「満州事変以後の日本をしっかり考えなければならない」と天皇に言わせるほど、
  私たちは鈍感になりつつあるのでしょうか。

 戦争を進めた天皇の子
 戦犯の孫、安倍晋三、どこで間違ったんでしょう。
 
 私たちの行動を、ショウのように創るのも一つの運動の形ですが、
 私は人間としての『魂のさけび」と位置付けて進めることも大事だと考えます。
 「原発廃炉、再稼働やめよ」とみんなが花を持って(何お花でもいい)思いのためを書き連ねて
 天神を歩きましょう。
  そうですね。テントを花で埋めるのもいいでしょう。
 「市民の皆さんテントに花一輪を」なんちゃって。
  
 「馬鹿たれ、花の管理が大変だ、仕事をふやすな!」
 そういわれそうですね。

★ 仮面ライダ― さんから:
おはようございます。
成人の皆様おめでとうございます。

酒、煙草は呑み過ぎには注意しましょう。
昨日は〈日の丸〉国旗を一般家庭でも散見しました・
休日には国旗を掲揚しましょうと自家用車ボデ―に
植字加工した民間の右翼の方がおられます。
世界は憎しみの連鎖も紛争も止められません。
パリの反テロの370万人デモに負けず
青柳メ−ル愛読者の皆様も大いに
〈表現と自由〉について議論しにテントに行きましょう!!

一日川柳
〈『日の丸国』皇宮区隣組に9条無し〉
〈ペンは『日の丸』皇室に弱しメディアかな〉
〈ペン持てぬ格差の闇に飢える民あり〉

イスラム過激派によるパリの新聞社への
テロ行為で安倍晋三も即座に
反テロを表明しましたが
〈集団的自衛権〉〈特定秘密保護法〉の
閣議決定、選挙に勝てばなんでもあり
これも一つのテロではないのか??
〈トントン〜♪トンカロリン〜♪の助け合い〜♪〉
と歌って日本帝国主義はアジアを侵略し
『隣組』は隣人監視の全体主義の基盤となりました。

第二次世界大戦後から、日本社会はその教訓を
生かせず再び『国家』による統制を持続させています。
それは隣組組織の名称を変え〈行政区〉という
国家権力の支配する構造が存在していないでしょうか?
〈集団的自衛権〉〈特定秘密保護法〉が
テロ同然の行為によって成立しても慣習のように
異議を唱えず沈黙し、万機公論を闇に葬る
慣習、それが〈行政区〉の召使
隣組??
町広報誌に〈自衛隊員〉の募集が毎月のようにある。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<原子力資料情報室の高浜原発パブリックコメント例>について報告いたします。

1月13日に原子力資料情報室のホームページに高浜原発の審査書案のパブリックコ
メント例が掲示されました。

http://www.cnic.jp/6225

『関西電力高浜発電所の発電用原子炉設置変更許可申請書に関する審査書について 
015年1月13日 NPO法人 原子力資料情報室

 当室は、原子力規制委員会による関西電力高浜発電所の適合性審査結果に関するパ
ブリックコメントに、以下の意見を応募いたします。ほかにも原子力規制を監視する
市民の会、原子力市民委員会、美浜の会でも応募した意見を公開されています。ぜひ
みなさまも意見をご応募ください。

 6p 2.発電用原子炉の設置及び運転のための技術的能力

・「規制委員会は、(中略)申請者における技術者の確保については適切なものであ
ることを確認した」とあるが、東京電力福島第一原子力発電所においても同様に技術
者の確保は基準にそったものであった。福島事故の際の対応はそれではカバーできな
かった。よって、原子力発電所の運転経験が43年間あるとか、各種資格を持っている
からといって、技術的能力が確保されているとは言えず、より本質的な審査を行うべ
きである。

203p 4-1.2.2.4 原子炉圧力容器外の溶融燃料ー冷却材相互作用
(1)水蒸気爆発が実機において発生する可能性

・川内原発新規制基準審査書のパブリックコメントにおいて、規制委員会は【規制委
員会の考え方】として「TROI 装置による実験のうち、自発的な水蒸気爆発が生じた
実験においては、溶融物に対して融点を大きく上回る加熱を実施するなどの条件で実
施しており、この条件は実機の条件とは異なっています。国際協力の下で実施された
OECD SERENA 計画では、TROI 装置を用いて溶融物の温度を現実的な条件とした実験
も行われ、その結果、本実験においては自発的な水蒸気爆発は生じていないことを確
認しています。」との回答を示した。しかし、事故時には大量の核燃料と被覆材など
が不均一な状態で溶け合って存在することになる。よって、成分と温度の不均一性は
当然考慮すべきであるから、TROI実験を除外することは、都合のよい実験結果のみを
選択しており、非科学的であるとの誹りを免れない。また、HongらはOECD-SERENA計
画の結果を”The test results confirmed the low explosivity of corium in
comparison to simulant alumina, although triggered steam explosions were
observed. “(“Brief Results of the OECD-SERENA Project”,  <http://www.kns.
org/kns_files/kns/file/189%C8%AB%BC%BA%BF%CF.pdf) とまとめており、生じない
とは主張していない。>
www.kns.org/kns_files/kns/file/189%C8%AB%BC%BA%BF%CF.pdf) とまとめており、
生じないとは主張していない。

203p 4-1.2.2.5 水素燃焼  

・基準では水素濃度13%以下では爆轟は発生しないとあるが、TMI-2では水素濃度約8%
の状態で、水素爆発が生じている( E. Studer et al., Kurchatov Institute,
“Assessment of Hydrogen Risk in
PWR,” [undated], p. 1,  <http://www.eurosafe-forum.org/files/b4.pdf)。 さ
らに、水素燃焼シーケンスに関する説明資料では、再循環サンプ区画において爆轟領
域に入っていることがわかる。爆轟領域に入っている時間帯が短く、気相部が小さい
とは言え、発生した場合の影響評価は必要である。>
www.eurosafe-forum.org/files/b4.pdf)。 さらに、水素燃焼シーケンスに関する
説明資料では、再循環サンプ区画において爆轟領域に入っていることがわかる。爆轟
領域に入っている時間帯が短く、気相部が小さいとは言え、発生した場合の影響評価
は必要である。

・事故状況の中では水素の偏在が考えられ、そこでの爆発が考えられる。関西電力は
GOTHICでの解析結果から水素は偏在しないとしているが、偏在することを前提に水素
燃焼にどう対応するのか検討するべきである。

・PARやイグナイタが必ず機能するとは言えない。また、高濃度水素条件下でのPARを
使用した場合、着火による爆轟の可能性が指摘されており、この点も検討するべきで
ある。

・全炉心のジルコニウム反応を解析コードをもとに75%+6%としているが、九州電
力は川内原発の審査において解析コードに依存せず100%で提出している。より保守
側で審査するべきだ。すくなくとも100%でどのように変化するのかを確認させるべ
きである。

・圧力容器内のジルコニウム・水反応が終了後、鉄・水反応による水素発生ポテン
シャルが上昇する。鉄・水反応による水素発生評価も行うべきである。

・MCCIにより、水素だけでなく一酸化炭素も発生するが、これに対する評価を行なう
べきである。』

「原子力資料情報室の高浜原発パブリックコメント例は」は審査書案の全体を網羅し
ており、また項目別に問題点を指摘しており、専門的な内容も良く検討されており、
良い見本になっています。

高浜原発の審査書案のパブリックコメントの締め切りは1月16日でもう後幾らも時
間が有りませんが、大量のパブリックコメントを提出しましょう。

★ 青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会)さんから:
昨年11月7日の鹿児島県知事の川内原発再稼働「同意」記者会見は、とても理不尽なものでした。「(川内原発での重大事故時は)5.6テラベクレル、そうすると、炉心から5.5キロの
ところは毎時5マイクロシーベルト、動く必要がない。5マイクロシーベルトというのは一週間ずっと浴び続けて、胃の透視の3分の1ぐらい・・・」等々と喋る姿は、本当に県民の命
や財産を守る立場の人だろうかと思いました。これでは、県民世論も「避難計画」もないがしろにされるはずです。
川内原発で重大事故が起これば、鹿児島県だけの問題ではありません。チェルノブイリや福島の事故を見れば明らかな様に、原発事故には県境も国境もありません。川内原発で炉心
が溶けるような重大事故が起きても、本当に大丈夫なのか、どのようような問題があるのか、いったいどうなるのか、元・原子炉格納容器設計者の後藤政志さんに南九州3県7カ所で
連続講演をして頂きます。
----------------------------------------------
後藤政志氏講演会
副題/元・原子炉格納容器設計者が問う原発再稼働
演題/川内原発が溶け落ちるとき

◎宮崎市
1月28日(水)開演19:00
宮崎市民文化ホール(イベントホール)
前売:800円(当日1,000円)
主催/後藤政志さんの話を聞く会
問合せ/090-8357-9827(鶴内)
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~sizenmirai/sizentomirai-img/2015-gotomasashi1.jpg

◎鹿児島市
1月29日(木)開演18:30
よかセンター 8階 多目的ホール
参加費:800円
主催/後藤政志さんの話を聞く会
問合せ:099-248-5455(反原発・かごしまネット)

◎霧島市
1月30日(金)開演18:30
霧島市シビックセンター(公民館)
参加費:500円(資料代)
共催/
九電霧島支店前金曜行動の会
さよなら原発 きりしまの会(霧島市)
問合せ:0995-63-1700(九州川内訴訟原告団)

◎薩摩川内市
1月31日(土)開演10:00
川内まごころ文学館
参加費:500円
主催/川内原発建設反対連絡協議会
問合せ
090-2393-3621(三園)
090-9498-9308(鳥原)

◎いちき串木野市・日置市
2月1日(日)開演10:00
いちきアクアホール多目的室
参加費:500円
共催/
避難計画を考える緊急署名の会(いちき串木野市)
さよなら原発 ひおきの会 (日置市)
問合せ
0996−32−9726(緊急署名の会事務所)
090−2514−4260(日置市/山下・17時以降)
080−6432−6227(い串市/江藤・17時以降)

◎水俣市
2月2日(月) 開演19:00
もやい館ホール
参加費:500円(資料代)
主催/原発ゼロをめざす水俣の会
問合せ
090-7458-5882(中山)
090-8229-9539(永野)
チラシ:http://tinyurl.com/ljq7o5w

◎熊本市
2月3日(火)開演18:30
熊本県民交流会館パレア第一会議室
資料代:1,000円(大学生500円、高校生以下無料)
主催/原発いらない九州・熊本実行委員会
問合せ:096-389-9810(永尾)

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2377】
2014年1月13日(火)
┏┓
┗■1.米国のNRC(原子力規制委員会)も日本と“同じようなもの”−
 |  米国の研究者の指摘
 |  規制当局が事業者のとりこになっている
 |  再稼働は日本を滅ぼす 連載その26
 └────  柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

○昨年12月、米国から「日本の原発にかかわる問題」について研究にみえた若い人と会った。質問に答えて私も、たんぽぽ舎25年の歴史・目的・活動などについて概略(要旨)を若干
用意した文書にも基づいていくつか説明した。
○その会話の中で、私が日本の規制当局[2011年3・11東電福島第一原発事故前は経産省原子力安全保安院、3・11後は、独立性の高い原子力規制委員会(=原子力規制庁) ]
は、特に、原子力安全保安院は、国会事故調から、「事業者(=電力会社など)のとりこになっている」と名指しで、《最低の指摘を受けている(文章になっている)》と私が述べた
ら、米国からの若い研究者いわく、「米国のNRCも“同じようなものですよ”と指摘されていました。」と答えた。−それは、米国の著名な組織・憂慮する科学者同盟のスタッフ
(専門家)と話し合っていたときの発言です−と紹介された。私の頭の中に深く残った言葉だった。
○今、保安院がよそおいを変えて原子力規制委員会となって、国民を目くらましして、原発再稼働の先導役となっている。日本を3・11後の4年間の実質原発なし・ゼロの国か
ら、再び原発大国へとなしくずしに変えようとする悪役になっている。日本を再稼働で滅亡させる危険な委員会になってきていると感じるからよけいそう思った。
 反原発の一部の団体の幹部が、規制委員会の本質を見抜けずに、規制委員会に“期待する”などと論文で述べるなどの誤りもあるので、又、NRCをほめる人も一部いるので、余
計、 NRCの実態を知りたいと思う。今後の日本の反原発運動の研究課題−緊急の−と思う。
運動の前進のために。
 注:NRCとは−米国原子力規制委員会 1975年発足。

┏┓
┗■2.今年も「いかぬものは、いかぬのです」と言い続けましょ
 |  17:30 関西電力東京支社前  18:30官邸前・国会議事堂前
 |  1月9日第132回首相官邸前・国会議事堂前抗議レポート
 └──── にしざきやよい(たんぽぽ舎)

 2015年今年初めての金曜行動。昨年も官邸前に行く道すがら、ご挨拶代わりに富国生命ビル9階の関西電力東京支社に向かい、ショート抗議活動して来ましたが、今年よりこの抗
議行動の強化!で、2月13日(金)より(2月より第2、第4金曜)再稼働阻止全国ネットワークも参加して17:30より18時までの30分間の行動としてやろうとのこと。今日はたんぽぽ舎
だけでしたが、2月からは賑やかにやりたい!みんなぜひ参加して!!
 富国生命ビル前はコールが官庁街に気持ち良くコダマする良いところ。お出迎えの警備員さんも毎回います。てな訳で関西電力東京支社に向かい、「高浜原発再稼働反対!」「こ
のまま廃炉」「福島を忘れない」他イロイロ、を訴え官邸前へ。
 官邸前は、今日から冬時間の18:30開始。持ち場の国会前に18:00到着。お知らせがゆき渡っているのか、国家議事堂前は警察官の皆様ばかり、こんばんはと挨拶を交わす。と、向
こうの石垣に腰掛ける女性1人、横断歩道を渡り、「こんばんは、寒いですね」と声を掛ける、「全然人が来ないと思ったら6時半からだったのねぇ」と女性。「そうなんですよ、
この寒い中、30分待つのは辛いですねぇ」と私。それからは、この女性と、3.11までいかに自分達が原発について知らなかったか、再稼働が、いかに許される事ではないか、など話
しているうちにあっという間に18:30になり、向かいのステージでコールが始まった。
 もっと話していたかったけど、お仲間の皆さんも続々と集って来られたので、今日はこれまで、私もまた何時もの抗議行動巡りに出かけるとします。
そして、今年も変わらず「いかぬものは、いかぬのです」と言い続けましょ(^-^)/

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
連休が明けて、電力会社と原発地元の県議をめぐる記事が全国紙に登場しました。

川内原発関連、
1.「九電関連工事2.9億円受注 川内再稼働同意の2県議、関係企業」朝日デジタル2015年1月13日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11547883.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11547883
「九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全対策の調査を担当し、再稼働に同意した鹿児島県議2人や親族の経営する建設会社計4社が、東京電力福島第一原発
事故後の3年間で、川内原発や九電の関連工事を計26件、2億9千万円分受注していた。2県議は会社から報酬を受けていた。・・・・・・・」

1’.「原発再稼働、議会で積極発言 関係企業が工事受注の県議「国益のためにぜひ」」朝日デジタル2015年1月13日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11547786.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11547786
長い記事「・・・・昨年11月6日。川内原発再稼働の是非を議題とした鹿児島県議会原子力安全対策等特別委員会は荒れた。審議は約14時間。委員の外薗勝蔵県議は「いま薩摩
川内市で起きているのは静かなる賛成だ」と発言した。深夜にもつれた挙手採決で、再稼働推進の陳情は可決された。賛成11、反対3。外薗県議と小幡兼興県議は手を挙げて賛成
した。
外薗県議は県議会で再稼働に積極的な発言をしてきた。「国益のためにもぜひ再稼働を」(2014年9月)、「原発の代替の火力発電で、国富の流出と電気料金の値上げが止まら
ない」(13年6月)、「審査の早期終了に向け、県としても国に働きかけを」(同)――。
地元以外にもつながりはある。川内原発から約1200キロ。宮城県岩沼市の仙台空港近くの工業団地に外薗県議が社長を務める会社の本社事務所がある。東日本大震災後の12年
7月に設立。被災地の「復興特需」に対応する狙いという。外薗氏の兄や息子、おいも非常勤の取締役に名を連ねる。
工事経歴書によると、同社は東電の火力発電所の工事や堤防など震災復旧工事を多数受注。九電子会社からも受けていた。外薗氏によると、岩沼市の会社からの月給は約35万円。
「私にも生活がある」と言う。
外薗氏関係の1社が川内原発の工事を受けていることを県議会原子力特別委で委員が指摘し、外薗氏は事実を認めた。それを受け、同委の委員長は昨年11月、九電とのつながりに
ついて所属県議から聞き取り調査を行った。その結果、「利害関係」がある議員はいないとされた。
 親類の会社が九電から川内原発の工事を元請けで受注している小幡県議は、聞き取りにそのことを報告しなかった。小幡氏は取材に「自分はまったく経営に口出ししていないか
ら、報告することはない」と話す。・・・・・・
■県議が関係する企業の工事受注
【外薗勝蔵県議】
○兄とおいが代表の会社(薩摩川内市)《02年まで取締役、11年秋まで相談役》
 川内原発工事        4件   1652万円  九電グループ会社関連工事 13件 1億3826万円
○兄と息子が代表の会社(薩摩川内市)《94年まで代表取締役、11年秋まで相談役》
 川内原発工事        2件   1249万円  九電グループ会社関連工事  1件    180万円
○本人が代表取締役の会社(宮城県岩沼市) 九電グループ会社関連工事  1件   2459万円
【小幡兼興県議】
○親類が代表の会社(薩摩川内市)《約20年間顧問》
 川内原発工事        5件  1億245万円
 (福島事故後。各社の工事経歴書などから。《 》内は本人の役職)」

1”.「<川内原発>2県議の親族企業が工事受注…議会で再稼働賛成」毎日新聞?1月13日(火)22時11分配信 
http://mainichi.jp/select/news/20150114k0000m040095000c.html
「・・・・鹿児島県議会には、県議が「県発注工事を受注する企業の役員に就任しない」という政治倫理要綱があるが、九電などの民間企業についての規定はない。だが鹿児島オン
ブズマンの続博治代表は「賛否が分かれる再稼働を公平に審議しなければならない立地自治体の県議の関連する会社が、工事を受注していたことは当然問題視されるべきだ。条例な
どで規制すべきだ」と指摘。取材に対し、外薗県議は「工事と議会の審議は全く関係ない」と反論した。」

玄海原発関連、
2.「「官邸対農協」に地元困惑 「改革」より「人」が争点 佐賀知事選」日本農業新聞2015.01.13.
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=31600
「与党推薦の改革派候補が敗れた、11日投開票の佐賀県知事選。自民党県議や県内首長らが別の候補を擁立して勝利した保守分裂の選挙だったが、佐賀県農政協議会もこの候補を推
薦したことで、農協改革と絡めて「首相官邸対農協」と書き立てられた。だが地元では農協改革は大きな争点となっておらず、JA関係者は「“人”で選んだ選挙だ」と困惑してい
る。・・・・
県内JA関係者は「官邸対農協の構図は全国紙による虚構。最大の争点は、相手候補の政治手法や資質だった」と付け加える。・・・
自民党関係者は「JAだけの問題でなかったのは明らか。党本部や官邸がトップダウンで決めた反動だ」と指摘。地元マスコミ記者は「県民の関心は玄海原発の再稼働や佐賀空港への
オスプレイ配備といった問題にあった」とする。・・・・」

2’.「首相「統一選へ敗因分析を」佐賀知事選敗北で」佐賀新聞2015年01月13日 12時42分 
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10202/144819
「・・・菅義偉官房長官は記者会見で、・・・・九州電力玄海原発の再稼働、陸上自衛隊が導入予定の新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備についても、推進方針に支障はないとの
認識を示した。」

2”.「知事選の投票率は過去最低、低下止まらず」佐賀新聞2015年01月13日 10時05分 
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/144752
「・・・・「有力候補がいずれも保守系で、どちらが勝ってもあまり変わらない」。唐津市の無職男性(55)も「玄海原発のプルサーマル導入を振り返ってみても、中央で決めた
ことがそのまま地方で決まっており、誰が知事になっても同じだから」と、選択肢の少なさを挙げる。・・」

2”’.「県知事選 各党反応」NHK佐賀01月13日 18時52分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084568681.html?t=1421171903746
「・・・・共産党佐賀県委員会の今田真人委員長は「初当選した山口新知事は『佐賀のことは佐賀が決める』と選挙後も強調した。今後、原発の再稼働、オスプレイ配備、TPP参
加や地域経済、教育問題など県民の願いと声を十分くみつくした県政運営が求められる」というコメントを発表しました。社民党佐賀県連合の徳光清孝幹事長は「県民党を名乗り、
民主的に決めていくという主張に県民が共感したのではないか。社民党としては、山口県政に対して、是々非々で対応していき、原発の再稼働やオスプレイ配備問題は反対を求めて
いく」というコメントを発表しました。」 

3.●●「玄海町長“同意は立地のみで”」NHK佐賀01月13日 18時52分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084559121.html?t=1421172018681
「・・・・玄海町の岸本英雄町長は、NHKの取材に対し、「玄海原発に関する原子力行政は、これまでも玄海町と佐賀県の判断で進められてきた。立地自治体である玄海町はすで
に再稼働に理解をしているので、あとは佐賀県が了解すれば、再稼働に理解したと判断していいのではないか」と述べ、玄海原発の再稼働に必要な「地元の同意」の範囲は、立地自
治体の玄海町と佐賀県のみでよいという考えを示しています。」 

4.●●「伊万里市長“再稼動で協議を”」NHK佐賀01月13日 12時37分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084540411.html?t=1421172122031
「・・・佐賀県の新しい知事が決まったことを受けて、玄海原発30キロ圏の伊万里市の塚部市長は、NHKの取材に対し、原発の再稼働の判断にあたっては、避難計画づくりを求
められている伊万里市との協議を必ず行うよう新しい知事に求めていく考えを示しました。
また、伊万里市が九州電力に求めている立地自治体並みの「安全協定」の締結に向けて、佐賀県として後押しするよう求めていく考えも示しました。・・・・」

規制委―電力会社、
5.「「安全への姿勢、審査で」=関電社長と意見交換―規制委」時事通信?1月13日(火)18時16分配信 
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015011300810
全文「原子力規制委員会は13日、臨時会合を開き、安全性向上への取り組みなどについて関西電力の八木誠社長と意見交換を行った。八木社長は「安全性とコストで迷えば、安全を
取れと指導している」と強調した。田中俊一委員長は「新基準への審査はオープンで行っているが、これがまさに安全性向上への姿勢を見せる、問われる機会になっている」と述
べ、積極的な対応を求めた。
八木社長は、2004年に死者5人を出した福井県の美浜原発事故や、東京電力福島第1原発事故を教訓に、安全性向上への取り組みを強めてきたと説明。「過信をせず、自主的・継続的
な安全性向上に努めていく」と述べた。」 

原発施設、
6.「関電、美浜2基廃炉で地元調整 14年度内に決定へ」西日本新聞2015年01月13日 20時09分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/138946
「関西電力が、運転開始から40年以上経過した美浜原発1、2号機(福井県)を廃炉にする方針を固め、近く地元自治体と調整に入る見通しとなった。廃炉に伴う損失を複数年で
分割計上できる会計制度の変更も踏まえ、2014年度内に正式決定するとみられる。・・・美浜の2基は比較的出力が小さく、経済性の面から廃炉の判断に傾いている。原発を減
らす姿勢を示すことで、他の原発の再稼働に理解を得やすくなるという政府の思惑も背景にある。」
・・・・廃炉もするから、再稼働をするよ、と。ガス抜きに騙されないようにしましょう。

7.「伊方原発全基停止、きょう13日で3年」愛媛新聞ONLINE?1月13日(火)8時38分配信
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150113/news20150113773.html
「・・・・全3基が運転を停止してから、13日で丸3年となる。原発への不安感と運転再開を求める声が渦巻く中、国の原子力規制委員会は伊方3号機の審査を行っているが、現時点
で再稼働のめどはたっていない。規制委の審査は当初「早ければ半年程度」とも目されていたが、2013年7月の開始から1年半が経過。・・・」

8.「松浦・機構理事長退任へ」読売新聞2015年01月13日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20150112-OYTNT50085.html
「日本原子力研究開発機構の松浦祥次郎理事長が、3月末の任期切れ後、再任に応じない意向を明らかにした。高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)は大量の機器点検漏れで、
2013年5月に原子力規制委員会から運転再開の準備停止を命じられたまま。3月末までに命令解除か解除見通しを得るとの目標達成が見通せない中、トップ主導で進めてきた組
織改革の一時的な足踏みも懸念される。・・・・・松浦理事長は会見で「誰がヘッド(理事長)になっても、ちゃんと仕事をするのが当たり前」と強調した。一方で「もんじゅで
は、『このプロジェクトは何が何でも俺たちが仕上げる』との意識が高くなかった」(松浦理事長)といい、信頼回復の道半ばにある。後任の理事長には、松浦理事長が進めてきた
改革
を円滑に引き継ぐ手腕が求められる。」

9.●「東電担当者ら新たに告訴=福島原発事故―市民団体」時事通信?1月13日(火)13時1分配信 
全文「東京電力福島第1原発事故をめぐり、想定を大きく超える津波の発生を予見していたのに対策を怠ったなどとして、福島県の市民団体のメンバーらが13日、業務上過失致死傷の
疑いで、新たに東電や経済産業省旧原子力安全・保安院の当時の幹部ら計9人について東京地検に告訴状を提出した。告訴されたのは、東電で福島第1原発の津波対策の実務責任者
だった3人と、保安院で原発の安全審査を担当していた当時の課長ら4人。旧原子力安全委員会と電気事業連合会の津波対策担当者2人についても氏名不詳のまま告訴した。
告訴団の武藤類子さんは記者会見で「政府の事故調査委員会の調書が公開されるなど、新たな証拠が次々と出てきている。検察はきちんと調べて真実を明らかにしてほしい」と話し
た。」

9’.●「保安院元幹部ら4人を追加告訴 福島原発告訴団」朝日デジタル2015年1月13日17時55分
http://www.asahi.com/articles/ASH1F3JSZH1FUTIL014.html


福島第1原発、
10.「第1原発労働、作業員の約半数「不安」 東電がアンケート」福島民友新聞?1月13日(火)11時47分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/0113/news5.html
「福島第1原発で働く作業員(東電社員を除く)のうち、半数近くが同原発での作業に不安を感じていると考えていることが、東電が実施したアンケートで分かった。・・・・・
アンケートは昨年8〜9月の約1カ月間、作業員4587人(6567部配布、回収率69.8%)から無記名で回収した。アンケート結果によると、福島第1原発で働くことに「不安を感じてい
る」と回答した作業員は2003人で43.7%。不安を感じる理由について「被ばくによる健康不安への影響」が1385人の69.1%と半数以上を占めた。また「家族は(福島第1原発で働く
ことに)不安を感じているか」との質問に「不安に思われている」が2526人で55.1%。被ばくによる健康への影響とする理由が2219人で87.8%と最も高かった。」

11.「原電が東電の廃炉支援へ 福島第1原発に技術者を派遣」産経新聞2015.1.13 16:26更新 
http://www.sankei.com/economy/news/150113/ecn1501130026-n1.html
「原発専業の日本原子力発電が、東京電力福島第1原発の廃炉を支援するため、技術者の派遣などに乗り出すことが13日、分かった。原電は商業用原発の廃炉第1号である東海原
発(茨城県)の解体を進めている。東電は、原電から技術や経験の提供を受けて、福島第1原発の廃炉作業を加速させる考えだ。原電は支援策を検討するための部署を2014年末
に設置した。廃炉作業の経験や専門技術を持つ社員を福島第1原発に派遣する。規模は数十人から百人程度になるとみられる。・・・・・・」

12.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月13日
「12日正午現在 1.135マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホームページから抜粋 前日は1.147マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
13.「双葉町が受け入れ表明=3自治体足並みそろう―中間貯蔵」時事通信?1月13日(火)18時11分配信 
全文「福島第1原発事故の除染で発生した汚染土を保管する中間貯蔵施設をめぐり、建設予定地がある福島県双葉町の伊沢史朗町長は13日、町として建設を受け入れる考えを正式に表
明した。同県いわき市の仮役場で記者団に語った。
?昨年8月末に同県の佐藤雄平知事(当時)が受け入れを表明した際、双葉町は態度を明らかにしていなかった。もう一つの建設予定地の大熊町は昨年12月に容認する方針を示してお
り、これで関係3自治体の足並みがそろうことになる。」 

14.「「ふくしま復興特別資金」15年度以降も継続の方針固める」福島民友新聞?1月13日(火)11時16分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/0113/news9.html
「県は、震災や原発事故の被害を受けた中小企業の資金繰りを支援する「ふくしま復興特別資金」事業を新年度以降も継続する方針を固めた。同事業は2011(平成23)年度に創設。
本年度は事業者の既存借り入れの一本化などへの利用を可能としたことで利用が増加。融資枠550億円に対し昨年11月現在で263億円の融資が決定している。県は今後、3月の納税時期
に向けさらに利用が増えると見込んでいる。・・・新たに融資枠を500億円程度増やす方向で調整を進めている。」

15.「飯舘で除染後の農地に石 営農準備に懸念」福島民報?1月13日(火)11時12分配信 
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011320322
「福島第一原発事故に伴う国の直轄除染が終了した福島県飯舘村の多くの農地から比較的大きな石が相次いで見つかり、耕運できない状態になっている。大きいもので直径20セン
チほどある。除染で表土を削った後に盛る土や砂から石を取り除かなかったのが原因とみられる。今春から始まる営農再開に向けた準備への影響が懸念され、村は環境省に対して早
急に石を撤去するよう求めている。・・・・
環境省福島環境再生事務所によると、除染で表土を剥ぎ取った農地には、削った分の土砂を新たに入れている。二枚橋地区では、平成24年秋から農地や住宅周辺の除染が始まり、
村民の意向で村内の山から土などを採取した。しかし、石と土砂の分別を作業手順に盛り込んでいなかったため、業者は石の有無を確認していなかった。・・・・・福島環境再生事
務所は雪解け後、農地の石を取り除く。手法は検討中だが、除染を終えた農地にリンやカリウムを施肥する作業に合わせ、耕しながら撤去する案が出ている。・・・・」
・・・・除染工事のずさんさをここでも証明する。膨大な費用の無駄遣い。

16.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:11 「阪神」のときの後悔」朝日新聞デジタル?1月13日(火)16時0分配信 (有料記事) 
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11547779.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11547779
「◇No.1153 1995年1月17日、阪神大震災のことは忘れもしない。兵庫県教委の山本誠(49)は明石市のアパートで被災した。幸い、身重の妻と生後8カ月の長男
は無事だった。埋蔵文化財の発掘調査を行う専門職員。まだ5年目、29歳だった。・・・・
山本は先輩たちと話し合った。文化財は先人から引き継いだ大切な財産だ。何も調べないままなくしてしまっていいのか。悩んだ末、いつも通り発掘しようと決めた。急いで調べ、
工事に引き渡す。そのために全国の自治体から延べ121人もの職員を派遣してもらった。貴重な発見もあった。だが、残したいとは言えなかった。見つかった約540件すべてが
壊された。のちに山本は悔いた。議論を尽くせば守れたかもしれなかった。・・・・
16年後、東日本大震災が起きた。・・・上司らに訴えた。「全国に助けてもらった恩を返さんと。そういうことがちゃんとできる人を派遣せんと、あきませんで」職場ではいつの
間にか、山本が派遣を志願したことになっていた。行き先は福島。単身赴任をなじる妻をなだめ、2012年4月1日、福島市のアパートに入居した。阪神のときのような後悔を福
島の人にはさせたくない。そんな思いを胸に秘めていた。」

17.「事故直後・被ばく量推計へ 福島医大、実測値基に新手法」福島民友新聞?1月13日(火)11時18分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/0113/news1.html
「福島医大は、東京電力福島第1原発事故直後に行った衣服や体表面に付着した放射性物質の有無を判定する外部汚染スクリーニング475人の実測値を基に、事故直後に甲状腺の内部
被ばくがどの程度あったのか推計する。同大放射線災害医療センターと国際医療福祉大(栃木県大田原市)の研究者でつくるグループが2017(平成29)年3月まで取り組む。推計値を
導き出すほか、新たな推計法の確立により、原発事故後に避難した県民の被ばく状況の推計に生かす。・・・・・事故後の状況をより明らかにするため、福島医大のグループは推計
の精度を高めたい考えだ。」

18.「個人被ばく線量 政府がGPSで自動収集検討」福島民報?1月13日(火)12時15分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011320330
「政府は東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が解除された地域住民の健康支援に向け、個人被ばく線量を衛星利用測位システム(GPS)を使い自動で収集するシステムの導
入を検討している。今春に試験機を完成させ、一部地区で実証試験を始める方針。データは浜通りに整備する予定の国際産学連携拠点などで活用し、住民の健康支援や研究に生か
す。GPS機能の付いた新たな個人線量計は滞在した場所や時間、被ばく線量の情報を10分間ごとにGPSへ発信する。情報は蓄積され、屋内を含めて住民がどこで、どのくらい
の放射線を浴びたかが正確に分かる。・・・・
線量などの情報は住民が携帯する小型の個人線量計からGPSを経由し、政府の福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想で整備する予定の国際産学連携拠点や双
葉郡の医療機関に集約される。放射線による健康への影響を調べ、長期にわたる住民の健康支援などに活用する。線量計の大きさは名刺ほどで、持ち運びしやすい。・・・・」
・・・・次々とお金を使って、新手法導入を図るが、線量の高いところへ無理やり帰還させる政策をまずやめることのほうがよいと思いませんか。

19.「“放射線不安”対応探る 環境省・県が専門家意見交換会」福島民友新聞?1月13日(火)11時18分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/0113/news6.html
「環境省と県は12日、郡山市で放射線の健康影響に関する専門家意見交換会を開き、県や市町村のアドバイザーらが、県民の不安払拭(ふっしょく)や健康づくりに意見を交わし
た。3年目を迎える本年度は「原発事故後3年を経過して今考えること、未来に向けて歩み出すこと」をメーンテーマに3回開催する。初回となる今回は「県民の健康づくり」をサブ
テーマに約30人が参加した。・・・・・
意見交換では、県民の現在の放射線に関する不安について、「どの研究者の意見を信じたらよいか分からず、心の底に沈めている」「若い母親が不安を言い出せないような雰囲気も
ある」との認識が示された一方、・・・・・」

20.「仮設の高齢者癒やす 楢葉町が介護美容ケア」福島民報?1月13日(火)12時10分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000034-fminpo-l07
「福島県の楢葉町は13日から、仮設住宅で避難生活を送る高齢の町民を対象に、手や足のマッサージを行う介護美容ケアのサービスを開始する。・・・・スタッフがいわき市にあ
る13の仮設住宅の集会所を回り、避難で疲れた約1100人の心と体を癒やす。・・・今回行う美容介護ケアは、町の仮設住宅に住む61歳以上が対象。1人が約30分間のサー
ビスを受ける。町は、無料にすることで、多くの利用者が集会所に集まり、引きこもりや孤独死を防ぐ効果も期待している。契約期間は3月末までだが、好評なら、継続する方針
だ。・・・・」

21.「(福島県)13日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量測定値」福島民報1月14日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(穀類)」
・・・・「県内震災関連死 田村市3人認定」→合計が1839人になりました。

22.「<農林水産物輸出>14年は過去最高更新 牛肉やコメ好調」毎日新聞?1月13日(火)20時41分配信 
http://mainichi.jp/select/news/20150114k0000m020067000c.html
「日本の農林水産物・食品の2014年の輸出額が過去最高を更新する見通しとなった。農林水産省が13日公表した集計によると、同年1〜11月の輸出額は前年同期比
11.1%増の5482億円。12月分が加われば、13年通年の5505億円を上回るのは確実な情勢だ。海外での和食ブームや円安の進行が背景にあり、20年に輸出額1兆円
の目標の実現に向けて、政府は更なる輸出拡大を目指す。・・・
農林水産物・食品の輸出額は、11年3月の東日本大震災に伴う原発事故の影響などで11、12年は4500億円前後に落ち込んだが、13年は大幅な増加に転じ、5505億円
と過去最高を記録。14年は2年連続で記録を更新することになり、・・・・」

23.「(青森県)水産物禁輸 韓国調査団が視察」東奥日報2015年1月13日(火)
全文「東京電力福島第1原発事故を受け、本県や福島県など東日本8県からの水産物の輸入を禁止している韓国から専門家委員会の調査団が来日し、13日、規制見直しの可否を判断す
るため現地視察を開始した。初日は八戸市の八食センターなどを訪れた。調査団来日は昨年12月に続き2回目。」

24.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野新聞1月13日17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150112/1837458
▼空間放射線量率(13日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

海外、
25.「原発建設再開、中国の原子力セキュリティ設備メーカーにチャンス―中国紙」Record China?1月13日(火)18時1分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000046-rcdc-cn
「2015年1月8日、中国における原子力発電プロジェクトの再開が市場の注目を集めている。政府の安全の確保を前提とする原発発展戦略の下、中国原子力セキュリティ設備メーカー
がまず恩恵を受けると見られる。中国証券報が伝えた。2015年1月8日、中国における原子力発電プロジェクトの再開が市場の注目を集めている。政府の安全の確保を前提とする原発
発展戦略の下、中国原子力セキュリティ設備メーカーがまず恩恵を受けると見られる。中国証券報が伝えた。新材料は「パワー半導体」と呼ばれ、現在主流のシリコン型に比べ、発
熱による電力損失を理論上、85%抑えられるほか、発熱も減って冷却装置が不要になるとされる。・・・・」

電力関連記事、
26.「余剰太陽光で水素製造、離島での事業検討 九電、再生エネ導入拡大に活路」西日本電子版2015年01月14日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53645/1/
「九州電力が太陽光発電など再生可能エネルギーを利用し、離島で水素を製造する事業の検討に入ることが13日分かった。余剰電力を使って水素を製造し、燃料電池車(FCV)
などの燃料として活用する試み。採算性などを見定めた上で、九州本土での導入も検討するとみられる。電力大手では極めて異例の取り組みで環境に優しい水素社会の実現に向けた
モデルケースとして注目される。
・・・・離島の取り組みで成果が出れば、九電が本格的に水素事業に乗り出す可能性もある。
九電管内の離島では現在、主にディーゼル発電によって島内の電力を賄っている。出力の変動が大きい再生エネが大量に導入されると需給バランスが崩れ、供給が不安定になる恐れ
があり、特に離島では調整力の確保が課題となっている。
今回の検討では、余剰電力を使って水素を製造・貯蔵し、再び電力に戻したり、燃料として使ったりする事業の可能性を探る。作業のスケジュールなどは未定。水素の製造・供給コ
ストの低廉化など課題は多く、事業化までは息の長い取り組みになりそうだ。九電関係者は「発電燃料となる石油の価格変動に左右されない、地産地消のエネルギーとして価値があ
る。再生エネで車が走るのも夢ではない」としている。・・・・」

26’.「(解説)水素社会実現へ期待、九電検討事業 コスト、安全で課題も多く」西日本電子版2015年01月14日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53636/1/
「・・・・水素は現状、製鉄所などの工場で石炭などの化石燃料を燃やす際の副産物として造られることが多く、その過程でCO2が発生している。しかし、再生エネから水素を造
れば、製造過程からCO2排出をゼロにできるため、地球温暖化問題などの解決につながる。
水素をめぐっては、トヨタ自動車が昨年末に燃料電池車(FCV)として世界初の市販車「MIRAI(ミライ)」を発売し、他の自動車大手も追随する方針。都市ガスなどから水
素を取り出す家庭用燃料電池の普及も進んでおり、市場拡大が見込まれている。
電力小売りの全面自由化など国の電力システム改革が進む中、九電は電力事業以外も本格的に展開する「総合エネルギー企業」を目指す方針で、今後の有望なエネルギー源として水
素にも着目。水素を生み出せる燃料や電気を大量に取り扱う大手電力が水素事業に参入すれば、水素社会の実現に弾みがつくとみられ、他の大手電力にも同様の動きが広がる可能性
がある。
ただ、水を電気分解して水素を造るには大規模施設が必要で、多くの電気も欠かせない。電力コストのほか貯蔵・運搬費用を抑える方法や安全性を確保できる技術力も課題になると
みられ、本格的な事業展開には他社との提携も必要となりそうだ。」

27.「エネ庁、大型蓄電池実証事業を拡充−補正予算に300億円」電気新聞2015/01/13
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20150113_01.html
「経済産業省・資源エネルギー庁は、電力会社が再生可能エネルギーの受け入れ可能量拡大に向けて取り組む大型蓄電池実証事業を来年度に拡充する。現行は北海道電力と東北電力
の2社が自社変電所に大型蓄電池を設置して制御技術を検証する計画がある。大型のNAS(ナトリウム硫黄)電池やリチウムイオン蓄電池を使い、新たに2地点程度で実証に取り
組む。早ければ2月中にも事業者を公募する。実証費用として今年度補正予算案に約300億円を盛り込んだ。・・・・
既にエネ庁の事業で、北海道電力と住友電気工業が南早来変電所(安平町)に最大級のレドックスフロー電池(蓄電容量6万キロワット時)を、東北電力が西仙台変電所(仙台市)
に最大級のリチウムイオン電池(同2万キロワット時)をそれぞれ設置し、今後3年程度をかけて制御方法の実証などに取り組む計画がある。」

28.「半導体開発:天野教授らに14億円支援 省エネ原発4基分」毎日新聞 2015年01月13日 06時00分
http://mainichi.jp/select/news/20150113k0000m040085000c.html
「青色発光ダイオード(LED)に使われる窒化ガリウムを使ったエネルギー効率の高い半導体の開発助成費として、環境省は2015年度当初予算案に約14億円を盛り込む方針
を固めた。2年後の実用化を目指す。環境省は、この半導体が普及すれば、原発4基分以上の省エネが可能と試算し、地球温暖化対策の要にできるともくろむ。助成対象は、ノーベ
ル賞を受賞した天野浩・名古屋大教授(54)の研究室や大阪大、法政大、複数の電機メーカーが加わる共同開発プロジェクト。・・・・」

29.「都市ガス全面自由化を17年了承 経産省、法的分離の時期は先送り」西日本電子版2015年01月13日 21時31分 更新
http://qbiz.jp/article/53630/1/
「都市ガスのシステム改革を議論してきた経済産業省の有識者会議は13日、2017年をめどに都市ガスの小売りを全面自由化することを明記した最終的な報告書案を大筋で了承
した。焦点だった都市ガス大手3社の導管事業を分離して別会社化する「法的分離」については導入の方向性を示したものの、実施時期など詳細は先送りした。・・・・政府は電力
システム改革を先行して進めており、16年に小売りの全面自由化を実施する方針だ。都市ガスの自由化はこれに続いて実施されることになる。」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面トップに、26.の記事、(特ダネ扱いのようです)
3面に、2.の佐賀県知事選関連記事、その右下に、29.の記事があります、
5面下方に、6.と13.の類似記事、
28面に経済欄に、26’の記事があります。

昨日の訂正 1.の記事へのコメント 
誤:なくなったようですういお。?⇒なくなったようです。
・・・・意味不明の文字が続いてしまいました。

今朝は以上です。(1.14.4:38)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
         http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分〜(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
     第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
             原告総数 原告総数  8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
     ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
        午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内