[CML 035841] <テント日誌1月12日(月) 経産省前テントひろば1220日目、商業用原発停止482日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2015年 1月 13日 (火) 21:50:17 JST


(転送します)

テント日誌1月12日(祝)
経産省前テントひろば1220商業用原発停止482日

深夜3時。さすがに経産省本館は真っ暗だ。でも、11日21時頃は3か所から明かりが見えた。
官僚たちが日曜の夜にどんな仕事をしているのやら。
裁判で河合弁護士が訴えたように経産省は「憂国の省」だ。
夜中に、思い起こすまま、経産省の罪をリストアップしてみる。

1 経産省の3.11以前の罪
○原発を推進するために「安全神話」を喧伝
○原発が「安全、安い、無いと電力が足りない」と言い続けたが、今やこれらがすべて大嘘であったことが明らか
・イチエフ事故が示すように原発は安全ではない
・大島賢一氏の試算によれば原発はkwhあたり13円以上
・資源エネルギー庁は電力自由化後に原発支援策提案(そうしないと原発が高価)
・廃炉費用を他の自然エネルギー利用者にまで払わせる魂胆
・日本で既に480日以上原発稼働無しで過ごしている
○原子力安全・保安院の規制行政の罪、不作為の罪
・地震に対する耐震安全性対策の東電の遅れを黙認した
・津波高13m以上が予測されていたことを知りながら規制せず
・国際水準を無視したシビアアクシデント対策、過酷事故対策を怠った
○使用済み核燃料の保管・管理を半世紀も放任「トイレなきマンション」

2 経産省の3.11後の罪
○事故直後3月中に東電温存を決定
○イチエフ事故の責任をとっていない
○イチエフ事故を反省せず原発推進
○「エネルギー基本計画」を策定
・原発ゼロ政策を覆して
・9割以上の脱原発パブコメ意見を無視して
・イチエフ事故の反省もせずに
○日本学術会議の提言(総量管理の方針確認後に再稼動論議を)を無視
○原発廃炉費用を原価にプラス(昨年秋)
○原発廃炉費用を全ての電気料金に転嫁(2014年12月18日決定)
○原発再稼働を前提に再生エネルギーの全量買い取り制度を転換
○原発と武器の輸出推進
○「トイレなきマンション」放任 廃棄物の責任(他産業では当然)を事業者にとらせない

残念ながら、今朝(12日)は休日ゆえ通勤客が少なく、本館前チラシまきの効果がない。
(K.M)


 テントからのお知らせ
1月16日(金)これでも起訴できないのか!緊急集会
11時〜12時院内集会(参議院議員会館行動)12時30分〜13時地検前行動
主催;福島原発告訴団

1月の首相官邸前抗議行動(18時30分〜20時)、1月16日・23日・30日

1月25日(日)ストップ川内原発再稼働全国集会(天文館公園・鹿児島)
13時〜14時 デモ14時30分〜16時 主催:鹿児島行動実行委員会
1月25日(日)「全国金曜行動・川内原発ゲート前大抗議行動」(ゲート前)
午前9時―11時、ゲート前にて
1月24日(土)「全国金曜行動・交流会議」薩摩川内市内御陵下公園運動場会館
(14時〜19時)

1月24日(土)川内・高浜原発を再稼働させない!東京集会(18時〜19時30)
豊島公会堂 終了後池袋駅周辺デモ 主催:さよなら原発1000万人署名

1月25日(日)「辺野古に基地を作らせない!国会包囲行動」14時〜15時 場所:国会周辺:主催:1・25国会包囲ヒューマンチェーン」実行委員会

2、7集会 テント撤去原発再稼働を許すな!
18時30分〜20時30分 日本教育会館3F第一会議室
主催:経産省前テントひろば、テントひろば応援団





CML メーリングリストの案内