[CML 035836] 肩すかし(NHK/クローズアップ現代のヘイト・スピーチ番組)

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2015年 1月 13日 (火) 20:20:41 JST


前田 朗です。
1月13日

本日7時30分からのNHKクローズアップ現代がヘイト・スピーチを特集しま
した。

ヘイト・スピーチの危険性や、国際問題になっていることや、国連人権機関が日
本政府に改善勧告していることをきちんと紹介。

キム・サンギュン(龍谷大学教授)や樋口直人(徳島大学教授)などが登場し、
コメント。

人種差別撤廃委員クリックリーさんのコメント。

ヘイトが猛威を奮っているギリシア現地取材の成果も紹介。

以上の点は、番組担当者から事前に聞いていた通り、よく取材した良い内容でし
た。


しかし、残念なのは、結論が「教育」というあまりにくだらない落ちだったこと
です。信じられなくて、目が点になりました。

第1に、教育が重要などと言うのは議論するまでもなく当たり前のことです。

第2に、これまでの日本の教育の「成果」としてヘイト・スピーチが起きている
事への認識がない。

第3に、「教育が重要」と述べるだけで、具体的にどのような教育でヘイト・ス
ピーチを抑止できるのかが示されていない。

第4に、それゆえ、いま現に目の前で起きているヘイト・スピーチに対してどう
対処するのかが示されていない。

被害者に対して「教育で、いつか、無限の未来に、もしかするとヘイトがなくな
るかもしれません」と言っているに過ぎない。

要するに、単なる無責任です。残念ながら、まじめに議論したとは評価できませ
ん。

担当者はしっかり勉強したはずなのに、NHKの限界なのかも。









CML メーリングリストの案内