[CML 035829] <テント日誌1月11日(日) 経産省前テントひろば1219日目、商業用原発停止481日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2015年 1月 13日 (火) 06:54:15 JST


(転送します)

テント日誌1月11日(日)
経産省前テントひろば1219日商業用原発停止481日

 歳をとると時間が経つのが速い。よく言われることだが、そのことを実感する。と同時に歴史的な時間の感覚が変化していることにも気が付く。祖父が孫に「日露戦争の話をしている」というのが典型のようにはなされたことがある。祖父にしてみれば、日露戦争は昔話ではなかったろうが、孫にすれば世代を超えた昔話であり、それを意識しない祖父への揶揄、あるいは注意のような意味を持っていた。まだ、小さいがもう少し大きくなった孫たちに1960年の安保闘争のことを話したらやはり「日露戦争」のようなことになるのか。
どうも違う気がしてならない。歴史の流れというか、変化は激しいが、同時に変化ということにも違った感じ方をしているのではないのか。時間との闘いということが、多くの場合にいわれるのだが、これもまた違ってきている。脱原発闘争は持久戦的な闘いといわれてきたが、この言葉もまた時間感覚の変化の中で変わってきている。変わってきているというのは、本当に時間のかかる、それこそ持久の闘いだとういう実感が深まってきていることである。

 テントでは今日は「お話と座談の会」(トーク)の第一回目が開かれた。お話をしていただく小熊英二さんと主催者も確認ミスで小熊さんは不在のまま進行した。(主催者として多くの集まりいただいた皆さんにお詫びするとともに、後日、小熊さんをメインの「お話と座談の会」を開くことをお伝えします。)今回の会の模様は以下ですのでご覧ください。
三上さん前振りhttp://twitcasting.tv/showering00/movie/132534971
橋本さんのお話と座談:http://twitcasting.tv/showering00/show/
会は途中で橋本克彦さん(ノンフィクション作家)の応援参加もあった。
次回以降の予定は以下の通りである。
1月22日(木)午後6時30分〜上原公子さんのお話と座談
1月29日(木)午後6時30分〜渡辺一技さんのお話と座談
2月4日(水)午後2時から 最首悟さんのお話と座談
連絡 テント(070−6473−1947)か三上(090-3908−7330)へ
 テントは一番寒い時期に入っている。「大寒小寒山から小僧が飛んできた」と言われるが、僕らの例年の実感では1月20日からあたりから2月10日くらいまでが本当に寒い。風邪を引かないことも闘いの一つであり、風邪に気を付けての日々を送っている。背後に裁判の動きが緊迫をましてあるが、僕らは淡々とテントを保持しテイクだけである。自問自答することは各人の中で深まるであろうし、さまざまの事を考えながら、それでもありふれた形でテントを守って行く。それが僕らの闘いである。短時間でも,寄るだけでもいい。テントに足を運んでもらいたい。テントの周辺も含めて幾つもの行動が予定されている。(三上治)


1月16日(金)これでも起訴できないのか!緊急集会
11時〜12時院内集会(参議院議員会館行動)12時30分〜13時地検前行動
主催;福島原発告訴団

1月の首相官邸前抗議行動(18時30分〜20時)、1月16日・23日・30日

1月25日(日)ストップ川内原発再稼働全国集会(天文館公園・鹿児島)
13時〜14時 デモ14時30分〜16時 主催:鹿児島行動実行委員会
1月25日(日)「川内原発ゲート前大抗議行動」(ゲート前)
午前9時―11時、ゲート前にて
1月24日(土)「全国金曜行動・交流会議」薩摩川内市内御陵下公園運動場会館
(14時〜19時)

1月24日(土)川内・高浜原発を再稼働させない!東京集会(18時〜19時30)
豊島公会堂 終了後池袋駅周辺デモ 主催:さよなら原発1000万人署名

1月25日(日)「辺野古に基地を作らせない!国会包囲行動」14時〜15時 場所:国会周辺:主催:1・25国会包囲ヒューマンチェーン」実行委員会

2.7集会 テント撤去原発再稼働を許すな!
18時30分〜20時30分 日本教育会館3F第一会議室
主催:経産省前テントひろば、テントひろば応援団



CML メーリングリストの案内