[CML 035797] (2-2)【報告】第1361目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 1月 10日 (土) 07:06:22 JST


青柳行信です。1月10日。
<つづき>
昨日も報道されてことが昨日大きく扱かわれたようです、(昨日の13.、
14.の関連記事)
28.●●「26年産新米基準超ゼロ 風評払拭へ大きく前進 放射性物質検査」
福島民報2015/01/09 08:45
http://www.minpo.jp/news/detail/2015010920247
重要な記事「東京電力福島第一原発事故に伴うコメの全量全袋放射性物質検査
で、昨年12月末までに計測した平成26年産米の約1075万点全てが食品衛
生法の基準値(1キロ当たり放射性セシウム100ベクレル)を下回った。一般
的に新米とされる生産年の12月末までの検査で基準値超過ゼロを達成したのは
初めて。これまで、一部で基準値超えがあり、県産米の買い控えや風評被害につ
ながっていた。専門家はセシウム吸収抑制対策の効果としている。・・・・・・・」
・・・詳細は検索して是非お読みください。すでに震災前の86%の収穫量に
戻っていると先日の記事にありましたね!

29.「JA会長「農業の復興に全力」NHK福島01月09日19時17分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054453281.html?t=1420833801061
「・・・9日は福島市でことし初めてとなる福島県のJAグループの会議が開か
れ、各地域の組合長や理事などおよそ80人が参加しました。・・・この中で大
橋会長は原発事故から4年近くたった今も農産物などに対する風評被害が払拭さ
れていないと指摘した上で、「農業所得の向上を実現し、復興に引き続き役割を
果たしていくことが我々の課題だ。国や県などの関係機関と連携を強化しなが
ら、農業の復興に全力を傾注していく」と述べました。・・・・」

30.「韓国、13日から2次調査へ 水産物輸入規制見直しで」佐賀新聞2015
年01月09日 11時43分????????
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10204/143659
「水産庁は9日、東京電力福島第1原発事故を受けて福島など8県からの水産物
の輸入を禁止している韓国から、専門家委員会の調査団を受け入れると発表し
た。輸入規制の見直しを判断するためで13〜16日に北海道、青森、岩手の3
道県で現地調査を行う。調査団の来日は昨年12月に続き2回目。・・・札幌市
や青森県八戸市、岩手県久慈市の卸売市場を視察するほか、食品の放射線分析を
行う民間機関なども訪問する。」

31.「(福島県)9日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量
量測定値」福島民報1月10日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(キノコ)」

32.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月9日17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150109/1834375
▼空間放射線量率(9日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

33.「(石川県)朗読劇に自身重ね 避難の女優、原発事故の不条理訴え」毎
日新聞 2015年01月09日 地方版
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20150109ddlk17040561000c.html
「東日本大震災による東京電力福島第1原発事故に伴い、東京から金沢市に自主
避難を続ける女優がいる。放射能の影響を不安に思う胸中を周囲に受け止めても
らえず、やるせない思いも募らせた。そんな中、福島県の被災者をモデルにした
朗読劇に出合い、出演者として表現する喜びをかみしめつつ、事故の不条理を訴
えている。宇都宮市出身の市井(旧姓・今野)早苗さん(36)。・・・・・・
2011年3月11日、昌秀さんと2人の息子と暮らしていた東京で地震に見舞
われた。・・・・
平穏な暮らしを取り戻したいと12年3月、富山県内にある昌秀さんの実家に母
子3人で身を寄せた。知人に避難して来た事情を話したが、「東京にいたのに大
げさだ」と取り合ってもらえなかった。転機となったのは13年3月、避難者に
紹介されて訪れた金沢市での避難者の集いだった。「気持ちを共有できる」と感
じ、昨年3月、金沢に移り住んだ。・・・・・」

政府が、
34.「再生エネ、蓄電池を支援 経産省、受け入れ拡大へ809億円」朝日デ
ジタル2015年1月9日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11541684.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11541684
「経済産業省は、再生可能エネルギーの新たな受け入れを拡大するために、
2014年度補正予算案に809億円を計上する。太陽光発電が増えすぎたとき
に電気をためる蓄電池の導入を支援することなどが柱だ。
経産省は昨年末、大手電力5社の再生エネ受け入れ中断問題の対策を打ち出し
た。変電所に置く大型蓄電池や再生エネの発電事業者が設ける蓄電池の導入を後
押しする。設置費用のうち、中小企業では2分の1を、大企業では3分の1を補
助する考えだ。また、東京電力福島第一原発事故の被災地での再生エネの導入を
支援するため、送電線の整備費用に3分の2の補助金を出すなど約110億円を
盛りこむ。
電気がどうしても余った時に電力会社が太陽光発電を遠隔操作で抑えられるよう
にする通信機器の設置を発電事業者に義務づけることが決まっている。この運用
開始に向け、電力会社の中央給電指令所から遠隔で出力制御する実証実験を支援
する。
15年度当初予算案にも太陽光の発電コストの低減などに1300億円を盛りこ
む。地熱発電の資源量の調査や、天候に左右される風力発電の発電量の予測や制
御の技術開発を支援する。」

35.●「再生エネ契約の再開、19日以降の見通し」西日本電子版2015年01月
10日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53491/1/
「九州電力など大手電力会社5社が中断している太陽光発電の新規契約の手続き
再開が、19日以降になる見通しになった。政府は13日に再開できるようにす
る方針だったが、自民党の指摘を受けて制度改正に伴うパブリックコメント(意
見公募)を精査することにした。
電力各社は昨年秋、再生可能エネルギー事業者による送電網への接続申し込みが
それぞれの許容量を超えたため、新規契約の手続きを中断。政府は、発電量が需
要を上回りそうなときに余った電力を捨てる「出力抑制」の制度を見直すこと
で、今月13日に手続きを再開できるようにする方針だった。
●ところが、9日の自民党の会合で河野太郎行政改革推進本部長が、資源エネル
ギー庁に対し「9日に公募を締め切って、連休明けに制度を変更するというので
あれば、公募はやらないのと同じ」と批判。エネ庁は意見内容を整理した上で、
あらためて16日に報告することにした。自民党が了承して制度が改正されれ
ば、19日以降に電力会社は手続きを再開できる見通し。
再開に当たり政府は、電力会社が必要以上に出力抑制を要請しないよう、4月に
発足する「電力広域的運営推進機関」が監視することも検討している。」

電力、
36.「東電、ガスをセット販売 家庭向け、17年にも」朝日デジタル2015年
1月9日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11541746.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11541746
「東京電力の数土文夫会長は8日、朝日新聞とのインタビューに応じ、早ければ
2017年から全国で家庭向けに電気とガスのセット販売に乗り出す方針を明ら
かにした。携帯電話会社などと提携し、通信サービスもセットで売ることも検討
しているという。・・・・・」
いまは、ガス事業法で、家庭向けの都市ガス販売は、地域でひとつのガス会社が
独占することになっている。しかし、政府は法律を改正し、17年をめどに各家
庭向けのガス販売も自由化する考えで、数土氏は「当然参加していく」と参入の
意向を示した。15年度中にも、各家庭につながるパイプラインを持つ都市ガス
会社の中から提携先を探し、電気とガスのセット販売ができる体制を整える方針
だ。」

37.「福島再生可エネ 東電など優先的買い取りへ」日本テレビ系(NNN)?1
月9日(金)21時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150109-00000046-nnn-bus_all
全文「再生可能エネルギーの買い取りをめぐり、東北電力と東京電力は9日、福
島県で作られた再生可能エネルギーを優先的に買い取ると発表した。これは9
日、東京電力の広瀬社長と東北電力の海輪社長が経済産業省を訪れ、宮沢経産相
に報告したもの。
福島県で作られた再生可能エネルギーについては東京電力が持つ福島第一原発な
どと東京間をつなぐ送電線を活用して東京電力が買い取る他、東北電力も優先的
に買い取る方針。
福島県は、将来的に全ての電力を再生可能エネルギーでまかなう方針を打ち出し
ているが、東北電力は、需給バランスの上限を超える買い取り申し込みがあるな
どとしており、国が対応策を求めていた。」

38.「<東京電力>福島の再生エネ事業支援…買い取りを表明」毎日新聞?1月9
日(金)20時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000095-mai-bus_all
「・・・・福島県を営業区域とする東北電力の買い取り余力が乏しいため、東電
が支援する。福島県は、東日本大震災と福島原発事故からの復興策として再生エ
ネ事業を推進しており、2040年には県内エネルギー需要の100%を再生エ
ネでまかなう計画だ。しかし、政府が昨年12月に試算した東北電の太陽光発電
買い取り可能量は552万キロワットで、政府が認定済みの再生エネ設備
(1076万キロワット)の半分程度しか買い取れておらず、福島県の計画は実
現の見通しが立たなくなっていた。東電は自社の送電線を使って福島県の再生エ
ネを買い取るため、数十億円をかけて同県富岡町にある変電所を増強、最大60
万キロワットの再生エネを受け入れる方針だ。再生エネ事業者は、再生エネ発電所
から東電の変電所までの送電線の整備費用を負担する必要があるため、経産省は
補助金で費用負担を軽減する。・・・・・・・・」

39.「再エネ普及事業に210億円」NHK福島01月09日19時17分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054448041.html?t=1420834051432
「9日、政府の今年度の補正予算案が閣議決定され、原発周辺の避難区域で発電
を行う事業者を補助する費用など、福島県内での太陽光や風力などの再生可能エ
ネルギーの普及を進めるための事業におよそ210億円が盛り込まれまし
た。・・・・・・・・・」

40.「電力総連、2年連続でベア要求へ=大手労組は見送りも」時事通信?1月9
日(金)3時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000007-jij-bus_all
「電力会社や電気工事会社などの労働組合でつくる電力総連が、今年の春闘で
2%以上のベースアップ(ベア)を求める方針を固めたことが8日、分かった。ベ
ア要求は2年連続。連合の方針を踏まえたもので、2月の中央委員会で正式に決め
る。ただ、経営合理化を進める大手電力会社の労組は前年と同様、要求を見送る
公算が大きい。・・・・特に東日本大震災後で2度目の電気料金の本格値上げに
動いた北海道電力と関西電力は、一段の経費圧縮を迫られている。このため電力
会社の労組には「実際にベアを要求するのは難しい情勢だ」(幹部)との見方が
ある。・・・」
…その他に、大手とは??

自然エネルギー、
41.「太陽光発電:災害に備え 導入の動き広がる 避難所での使用も想定」
毎日新聞 2015年01月09日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150109dde041040054000c.html
災害時、自前で電気を賄うことを目的に、再生可能エネルギーを導入する動きが
広がっている。屋上の空きスペースに太陽光発電用のパネルを設置。普段は電力
会社に売り、震災などの際に停電が起きた場合は自給自足に切り替える仕組み
だ。東京都渋谷区の5階建て雑居ビルを管理する広瀬弘忠さん(72)は昨年
夏、ビルの屋上に縦1メートル、横1・6メートルの太陽光パネル200枚を敷
き詰めた。
ビルには法律事務所や美容院など78のテナントが入居する。屋上の太陽光パネ
ルの発電量は1カ月当たり4500キロワット時で、一般家庭15世帯の消費量
に相当する。普段は電気を蓄電池にためながら、余った分を東京電力に売却す
る。災害時に停電が発生した場合には、充電した電気でビルの中の照明やトイレ
の処理水用ポンプの駆動などを賄う。パネルの設置費用は約2000万円。「東
日本大震災では避難所が停電で暗くなったり、自家発電用のガソリンが不足した
りした。再生可能エネルギーによる発電ならいざという時に安心だ」と広瀬さん
は話す。
神奈川県小田原市の再生エネ発電会社「ほうとくエネルギー」(蓑宮武夫社長)
は、災害時に避難所となる施設に電気を無償提供する取り組みを始めた。・・・
 東電福島第1原発事故で、同市は計画停電の実施エリアに含まれていた。「災
害時に自力で電気が途絶えないようにして、地域の役に立てれば」と同社の担当
者は話す。・・・・」

海外、
42.「韓国電力会社の関係者、「米国永住権」欲しさに原発の機密情報漏らす
―中国報道」FOCUS-ASIA.COM?1月9日(金)15時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000025-xinhua-cn
「米国の永住権取得を求める韓国電力公社の子会社社員が、履歴書に韓国内の原
子力発電所の機密情報を書き込み、米国側にその情報を流出させていたことが分
かった。韓国・中央日報の報道として、中国新聞網が7日伝えた。水原地方検察
庁が5日、同子会社、韓電技術・原子力本部の研究員を情報漏えいの罪で起訴し
たことを明らかにした。同研究員は昨年3月、米国の国益に役立つ人物の移民を
優先する国益免除(NIW)制度を利用して米国の永住権を取得しようと、履歴
書に韓国国内の原発5カ所の構造などに関する情報を書き込んだ。・・・・・・・」


43.●●「一度捨てた放射性廃棄物を取り出せるのか ドイツ・アッセ処分場の
大問題、なし崩し的な最終処分場化を考える」朝日デジタル2015年01月09日
http://webronza.asahi.com/global/articles/2015010800011.html
長〜い記事「ドイツ北部、旧東ドイツの国境に近いニーダーザクセン州に、低・
中レベル放射性廃棄物のアッセ処分場がある。岩塩採掘場の跡地を利用したもの
で、ここに1967年から1978年まで、放射性廃棄物の入った特別容器キャスク12万
5787個、約4万7000立方メートル分が投棄された。
?現在ドイツで主流となっている岩塩採掘場に廃棄するやり方は、ここが始まり
である。もともと研究用との名目で、医療用の放射性廃棄物を実験的に持ち込
み、いずれは取り出すという話だったが、なし崩し的に最終処分場となった。こ
こは数百万年前の岩塩層で、1906年から1964年まで塩を採掘していた。・・・・・
最初はキャスクを丁寧に積み上げていたが、しだいに建機で15メートル上から投
げ入れるようになった。経済性を優先し、キャスクが破損しても仕方ないとし
た。・・・・その後長らく放置されていたが、2008年、処分場に一日約1万2000
リットルの水が流れ込んでいることが発覚。・・・」」
・・・・重要な事態を伝えています。是非検索してどうぞ。

参考記事、
44.「原油下落で輸入額、7兆円減少 甘利氏が見通し」西日本電子版2015年
01月09日 12時48分 更新
http://qbiz.jp/article/53425/1/
「甘利明経済再生担当相は9日の閣議後記者会見で、原油価格の下落により、日
本全体で輸入原油に支払う金額が1年間で7兆円減少するとの見通しを示した。
「資金の流出が止まる。7兆円くらいだと思う」と語った。甘利氏は内閣府の試
算を基に説明した。原油が3割下がると、輸入原油の代金は年4兆円減少すると
いう。・・・・」

45.「石油大手、タンカーで原油貯蔵へ 値上がり見据え」西日本電子版2015
年01月09日 08時35分 更新
http://qbiz.jp/article/53404/1/
「ロンドン共同】欧州の石油商社ビトルや英・オランダ系石油メジャーのロイヤ
ル・ダッチ・シェルなどが今週に入って相次いで大型貯蔵タンカーの賃借契約を
結んだことが8日分かった。価格下落に伴って安値で仕入れた原油を値上がり局
面で売るためとみられ、今後の相場動向に影響を及ぼす可能性もある。・・・金
融危機による世界的な景気後退で、原油価格が現在と同水準まで下がった
2009年には少なくとも累計で1億バレルが洋上貯蔵されたとされる。・・・・」

46.「他の学会参加は誤解招くと訂正 原子力学会の断層専門委」西日本2015
年01月09日 20時47分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/138250
「日本原子力学会が7日の記者会見で原発直下の断層のリスク評価を目指す専門
委員会の設置を発表した際、「日本第四紀学会」など多くの学会や団体が参加す
ると誤解を招く資料を配布したとの指摘を受け、訂正することが9日分かった。
原子力学会によると、他の学会に委員の推薦などは求めず、委員は個人として参
加。同委員会主査の奈良林直北海道大教授は「個人の意思に基づく活動で学会間
の手続きは経ていなかった。誤解を招く表現を訂正し、速やかに学会としてウェ
ブサイトに公表したい」と釈明した。・・・」
・・・この学会の焦りがこうしたことを引き起こすのでしょう。

47.「(神奈川県横須賀市)原子力空母交代 横須賀市長は市民説明会実施せ
ず 「同型艦」理由に」カナロコ by 神奈川新聞?1月9日(金)7時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00120091-kana-l14
「米海軍横須賀基地に配備されている原子力空母が今秋までに交代することにつ
いて、横須賀市の吉田雄人市長は8日の会見で「市として、説明をすることは現
段階では考えていない」と述べた。2008年の原子力空母配備時は市主催で説
明会を開いたが、今回は行わない意向だ。空母の母港化に懸念を表明する市民団
体は「市はやるべきことをやってほしい」と求めている。・・・・」
・・・・いつも、頭に浮かんできます、ここを地盤としていた小泉元総理はどう
思ってるんでしょうね??

47’.「【神奈川】空母交代、一つのめどに 原子力災害 横須賀市長」東京
新聞2015年1月9日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150109/CK2015010902000158.html
「原子力災害時にとるべき対応で国の対策指針が複数あり、横須賀市が国に対し
て整理を求めている問題で、吉田雄人市長は八日の定例記者会見で「決しておざ
なりにされてはいけない問題。空母交代の時期を、考慮の一つにしてもらいた
い」と述べ、米海軍横須賀基地配備の原子力空母が今年八月にも交代するのをめ
どに、国が対策指針をまとめることを期待した。
原子力防災をめぐっては、米側が原子力艦で事故が起きても「基地の外に影響は
ない」と主張しているため、現状では基地周辺の住民が参加した日米合同の避難
訓練ができない。さらに、国の対策も原子力艦についての「災害対策マニュア
ル」と、商業炉についての「災害対策指針」で食い違いがある。同市の地域防災
計画の改定作業にも支障が出ており、市は国の対策指針だけでも整理するよう関
係省庁に求めてきた。・・・・」

48.「(兵庫県神戸市)<巨大水彩画>崩落した原子炉建屋さまよう牛「フク
シマ」」毎日新聞?1月9日(金)21時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000105-mai-soci
「東日本大震災で被災した画家、加川広重さん(38)=仙台市=が原発事故の
惨事を描いた巨大水彩画「フクシマ」(縦5.4メートル、横16.4メート
ル)が10日から、神戸市中央区の文化交流施設「デザイン・クリエイティブセ
ンター神戸」で展示される。9日に内覧会があり、報道陣に公開された。崩落し
た原子炉建屋の中に、さまよう牛の姿や除染土を入れた袋を描き、原発事故がも
たらした悲しみを表現している。加川さんは、アトリエを構える宮城県蔵王町で
避難生活を送る男性の一時帰宅に同行し、福島県浪江町などを取材。2013年
秋から約1年かけて描いた。展示は、東北の文化復興を支援する関西の芸術家ら
が企画。・・・・」

49.「「吉田調書」報道が特別賞 沖縄2紙に新聞労連大賞」佐賀新聞2015年
01月09日 21時02分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/143903
「・・・・応募はなかったものの、朝日新聞社が記事を取り消した東京電力福島
第1原発事故の「吉田調書」報道を特別賞とした。ルポライターの鎌田慧氏ら選
考委員は「非公開の調書を公に出すきっかけになった点で昨年一番のスクープと
言っても過言ではない。虚報や捏造と同列に論じるのはおかしい」との見解を示
した。」

50.「特集ワイド:この国はどこへ行こうとしているのか 巨大与党の下で 
映画監督・山田洋次さん」毎日新聞 2015年01月09日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150109dde012010003000c.html
長い記事「・・・・・12月に公開予定の映画「母と暮せば」は原爆で息子を
失った母親の物語。被爆国・日本で、しかも東京電力福島第1原発の事故後に巨
大与党は原発再稼働を進める。「今はなんたって経済です、というと皆黙ってし
まう。まずはお金だと。本当にそうだろうか。食えなきゃどうしようもない、と
いうのは俗論だと思う。子育ての時、まず金もうけを考える人間を育てようとし
ますか。正しい志を抱く若者を育てなければ、ということに誰も反対しないで
しょう」
正しい志。この国の志はどこにあったのか。「世界の平和に役立つ国であり続け
ること。憲法9条に書かれているのだけれど。そこから、いろんな問題を考えて
どうしていけないのだろうか」9条を、国として、人としての志と捉える??その
姿勢にはっとした。翌日、「実は語り忘れていたことがあります」とファクスが
届いた=別項。
読みながら、お正月に「寅さん」を見て笑った時代を思い出した。山田監督は
20年ぶりの本格的な喜劇映画「家族はつらいよ」(16年公開予定)にも取り
組んでいる。不安な時代に、コメディーを送りだそうとするその心が、平和な町
の明かりのように胸に染みてきた・・・・」
・・・●別項=山田氏の思う“日本人の普通の暮らし”―添付されているファクスの
写真を是非どうぞ。原発被害者が失った光景ですね。

51.「東京発・宇宙への旅:/7 無人観測機 培った技術、災害察知に 放
射性物質調査にも」毎日新聞 2015年01月10日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150110ddlk13040119000c.html
長い記事「スペースシャトルのように翼を持ち、宇宙へ行き来する無人飛行機。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の調布航空宇宙センター(調布、三鷹市)が
培った技術を応用し、完成させた無人観測機が今年、福島の空を飛ぶ。・・・・・
次の節目は、11年の東日本大震災とそれに伴う福島第1原発事故だった。日本
原子力研究開発機構から放射性物質の地表汚染調査に使う無人機の共同開発の申
し入れがあった。精密な観測のためには機器を積み、高度約150メートルの低
空を6時間にわたって安定飛行させることが必要になる。さらに墜落防止のため
三重の飛行制御システムを搭載したことなどから、気象観測用で約20キロだっ
た重量が約50キロに増加。エンジンも大型化し、開発に3年かかった。今年、
福島県浪江町などで本格的な観測が始まる。・・・・」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面下方に、
52.「佐賀県知事選 明日投開票」

7面経済欄の真ん中に、35.の記事。

今朝もこれだけです!!(1.10.6:15)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2374】2015年1月9日(金)
┏┓
┗■.再稼働の責任は誰がとるのか!
 │ 原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会 その33
 │ 安全だとも言わない 安全でないとも言わない 田中委員長
 └──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

 自民党の総裁安倍晋三首相は12月15日の衆院選結果を受けた会見で、原子力
政策について「徹底的な省エネ、再エネの導入によって原発依存度を限りなく
低減させる方針に変わりはないが、原子力規制委員会が安全性を確認した原発
は、地元の理解を得つつ再稼働を進めていく」(福島民友、12月16日)と述べ、
原発再稼働を進める考えをあらためて示した。
 一方、田中委員長は従来どおり、絶対に安全とは言わない。
12月17日の定例会見の内容を紹介する。
 -----
 ○記者 ロイターのハマダです。簡潔な質問です。高浜3・4号機の審査書
  案で両号機は安全と確認されたのでしょうか、そうでないのでしょうか、
  どちらでしょうか。
 ○田中委員長 我々の新しい安全要求というか、規制基準に適合していると
  いうことを認めたということです。
 ○記者 それは安全なのでしょうか、安全ではないのでしょうか。
 ○田中委員長 そういう表現の仕方は私は基本的にとらないと言っています。
 ○記者 では、安全だということではないということでよろしいですか。
 ○田中委員長  安全ではないとも言っていません。安全だとも言っていま
  せん。
 ○記者 ○か×かであれば、どちらでしょうか。
 ○田中委員長 ○か×かという言い方はしません。
 -----(原子力規制委HP定例会見速記録より)

 人と全ての生き物の命にも、地球上の環境にも破滅的影響を及ぼす原発再稼
動について、こんなにいい加減な禅問答で逃げる田中委員長は無責任だ。既存
原発再稼働の為の「新規制基準」で、甘い甘い審査を続けているのだから、避
難計画もまともにできていないのだから、「安全だと言えない」のは良く分か
る。無責任に合格証を発行するのでなく、すべての原発の審査不合格を確定す
るべきだ。
 いい加減な基準、いい加減な審査、そしてこんないい加減な禅問答で、
再稼働を進めることは許せない。

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1216日テント日誌1月8日(木)商業用原発停止479
日通りがかりの中に優しき人もいて…

今朝は快晴、でも冷たい風が吹き荒れていた。
昨日送られてきたテント運営委員会の報告をコンビニでコピーしてテントに向かう。
風は昨夜からとのことで安全のためテントの幟は降ろされていた。
泊まりの人はさぞ寒かったでしょう。

テントには先日の記者会見の様子が載った東京新聞の記事が貼ってあった。
朝日新聞には餅を省庁に配ったと言う小さな記事だけだったけど。
やっぱり東京新聞は素晴らしい。

国民の安全と幸せな暮らしを断固として守るとおっしゃる安倍首相、
国民の幸せな暮らしには原発はいらないということをちゃんと判って欲しいで
す。原発なしで電気は足りているのですから…

午前中数人の方がわざわざカンパを届けに来て下さった。
テントはカンパで成り立っているので本当に感謝です。
皆さん裁判の進行状態など気にかけている。
11時すぎM子さんが来て下さり泊まりあけの方は食事に行く。

12時になると各省庁などから昼食に向かう人の群れがテント前を通り過ぎる。
一体あの人たちは何を考えているだろうと座りこみながら思う。

テント前を太陽が照らしている間は何とか凌げるが、3時になると寒さが押し寄
せて耐え難い。通りがかる人の中には寒い中お疲れ様!

風邪引かない様に!など暖かい声をかけてくださる人も居て嬉しい。
一つしかないけれど、とカイロを下さった人もいたそうです。

支援して下さる方の期待にそうように頑張らないと思いながら家路に着いた。
(I・K)
 テントでの「話と座談」(トーク)を連続して開きます テントは脱原発運動
のひろばとして設置されてきました。いろいろの形態をもった論議の場としてそ
の役割をはたしてきました。この企画はそれをより広げた形での展開をめざすも
のです。以前から準備されていたのですが、テント裁判の動向が緊迫してきて、
急な形になりました。現在の決定している
ものは以下の通りです。 第一回は1月11日(日)午後2時(14時) 小熊英二さん
のお話と座談 小熊さんは金曜官邸前抗議行動にも参加。『原発を止める人々』
(文藝春秋社)もだしておられます。『1968』(新曜社)『社会を変えるに
は』(講談社)など多くの著作のある批評家。脱原発運動のこれまでとこれから
についての活発な討論を!テントの収容に限界があります。早めに申込みを。参
加費無料。 1月22日(木)午後6時30分〜上原公子さんのお話と座談1月29日
(木)午後6時30分〜渡辺一技さんのお話と座談2月4日(水)午後2時から 最
首悟さんのお話と座談連絡 テント(070−6473−1947)か三上(090-390

★ 坂井貴司 さんから:
 辺野古新基地建設阻止の闘いを記録した『圧殺の海』が2月6日に福岡市で上
映されます。
上映期日 2月6日(金)
 上映時間 10時30分(開場9時40分 開演10時)
     14時   (開場13時10分 開演13時30分)
     19時   (開場18時    開演18時30分)
上映カンパ 500円
会場 福岡市中央市民センター2階 第1会議室
主催 『圧殺の海』上映実行委員会
予約・問い合わせ(原口)
携帯 090−2963−6736
メール henokotakae at gmail.com

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

【テントひろばから生まれたオリジナル曲】
●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
         http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分〜(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
     第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
             原告総数 原告総数  8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
     ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
        午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内