[CML 035734] 【「あなたがもっとも大切にしたい社会は?」⇒1位の40%が「戦争のない(平和な)社会」】 タモリがNHKの番組で「新たな資本主義を作るのは日本人ではないか」と語る

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2015年 1月 4日 (日) 19:21:07 JST


この番組で印象的であったのは、ゲストの半藤一利さんが司馬遼太郎へのインタビューを紹介しながら「国民の7割が合意できる事項でまとまれば日本は変わる。それは環境問題ではないか」みたいな発言を最後にしていたのと、最後にNHKの番組の世論調査で、「あなたがもっとも大切にしたい社会は?」という問いに対して、3位が「経済成長」「社会保障の充実など豊かな社会」、2位「心のゆとりがある社会」に対して、1位の40%が「戦争のない(平和な)社会」と答えていたことでした。

 
lo

タモリがNHKの番組で「新たな資本主義を作るのは日本人ではないか」と語る
http://news.livedoor.com/article/detail/9635703/

2015年1月2日 21時35分 トピックニュース

1日放送の「NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像」(NHK総合)で、タモリが資本主義の行き詰まりを指摘し、新たな社会を日本が生み出すのではないかと展望を語った。

番組では各界のゲストを交えて、日本人の生き様やこれからの日本について、NHKの膨大なアーカイブ映像を紐解きながら、戦後70年を振り返った。

番組の終盤、司会の三宅民夫アナウンサーが、作家の半藤一利氏に、今の我々に1番問われていることとは?と質問すると半藤氏は、今の日本人の大多数が「合意」すべき何かがあるはずで、不用意な拡張や破壊を止めて「自然を美しいものとする優しい日本に戻れば、この国に明日はある」という故人・司馬遼太郎さんの言葉を紹介した。

すると、タモリが「(自分は)経済学者でもなんでもないですから、ドでかいことをぶちかましてよろしいですか?」と前置きすると、日本だけでなく各国とも現在の資本主義の行き詰まりを指摘したうえで「資本主義に何か手を加えて、より良いものにしなきゃいかんと思うんですよね」と、持論を展開した。

また、タモリはボランティアなど、自身も新しい価値観を模索中だと告げつつ「やっぱり、大多数がそれを合意できるような何かに手を加えて、ちょっと違う、新たな資本主義ができるのは、日本の勤勉さと、従順さ、秩序さ、それを持ってる国民の日本じゃないと、できないんじゃないかと思うんですよねぇ」と、日本が先駆けて新たな社会体制を生み出す可能性を語ってみせた。

このタモリの持論には、他の出演者も非常に関心した面持ちで耳を傾け、半藤氏も「凄いですね」と笑みをこぼし、拍手で称えた。 		 	   		  


CML メーリングリストの案内