[CML 035725] マゾッホを嗤いとばすかポランスキ 「毛皮のヴィーナス」嵐の夜と

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 1月 4日 (日) 07:29:02 JST


映画「毛皮のヴィーナス」 <http://kegawa-venus.com/>

監督ポランスキー
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/6ea7f4a566de5cfc7a970dc8508d5733>80歳の
妻48歳
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%8B%E3%82%A8>
が主人公。

19世紀の小説
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC%EF%BC%9D%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%83%E3%83%9B>
を基にした舞台劇ふうの現代もの。

登場人物は二人のみ。

相方の脚本家。なんだいこの間抜け男はと、嗤うしかない。皮肉の塊りなのか。

見終わってから日本語の感想を見たら、まじめに賞賛しているので呆れた。


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内