[CML 035699] ◆【茂木健一郎×堤未果】 全てを伝えないメディア!情報操作されないための重要なポイント

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2015年 1月 1日 (木) 00:42:40 JST


M.nakataです。
今年もメールをありがとうございました。

みなさま良い年をお迎えください。
________________
(下記拡散歓迎)
▼ジャーナリスト・堤未果さんの、ラジオ(音声)による、メデイア解説をぜひ、お聞きお読みになってみてください。
”流される情報をどのように受け取るのか、、” 
▼メディア・リテラシー(情報読み解く)の堤さんの、対談による、具体的実践解説は、大変参考に勉強になります。
▼安倍首相の法人税を下げ続ける根本は、何なのか、、解説で、今までの謎が氷解します。
<貼り付け開始>
”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
◆(24分)【茂木健一郎×堤未果】 全てを伝えないメディア!情報操作されないための重要なポイント!(http://viralvideos.mobi/video/nYiHGGr3TTI/--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------.html



【茂木健一郎×堤未果】
▼アメリカ至上主義 ▼株主至上主義  ▼リベラル保守・・・保守・リベラルと対立させられる➡本当のこと、★全体像を知らせない。そらす。
 アメリカはほとんどの人が、TVを見ている。アメリカは自国で株式会社化している。
 公的なものが(例:医療・教育など、遺伝子組み換え)が商品化している。TPPとか、、99%の人が無力感,,,,,,,政治に無力感、から無関心になる。
 
▼99%の側(一般市民)が、 法律を万人に判るように噛み砕いているやり方であきらめずに伝えていく。
★大事なのは、取捨選択をするように訓練することで、出来るようになる。
★いろいろなものが商品化されている現代(特にアメリカ)

▼ 「(「米国では)問題の『全体像』を国民が知らないでいてくれた方がいいということで、
 テレビ番組等が作られている。選挙の際も『民主党対共和党の対立』ばかりテレビで流す。➡▼政策には目を向けさせない」

▼「最近『リベラル保守だったんですね』などと呼ばれるが、▼実は保守もリベラルも原点に帰ると同じものを守ろうとする。
むしろ『保守とリベラルが対立させられている』と見た方がいい。➡ ▼対立してくれた方が『全体像』を見ないでくれる
①➡②へ
””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””


CML メーリングリストの案内