[CML 036463] 東京大空襲はなぜ行われたのか

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 2月 27日 (金) 21:09:30 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 「戦後60年」の2005年に放送された番組です。

 太平洋戦争末期の1945年3月3月10日、300機のアメリカ軍の爆撃機B29が
東京を火の海にしました。人口密集地の下町地区を取り囲むように焼夷弾や油脂
爆弾を投下して「火の壁」を作り、その中に爆弾を投下する無差別爆撃でした。
3月の強風にあおられて、火は下町全域を焼き尽くしました。約10万人の東京
市民が死亡しました。
 この東京大空襲を契機に、アメリカ軍は軍事施設や軍需工場を高度1万メート
ルから爆撃する精密爆撃から、低空から焼夷弾を落として都市を焼き尽くす無差
別爆撃に切り替えました。以後、8月14日まで日本各地の都市を火の海する無
差別爆撃が続くことになりました。

 なぜ空からの殺戮が行われたのか。戦略爆撃はいつ、誰が考案し、実行したの
か。ゲルニカ、、重慶、ロンドン、ドレスデン、東京を攻撃した戦略爆撃を検証
します。

 なお、解説は12歳の時に東京大空襲を経験したことから、東京大空襲の研究
し続けてきた早乙女勝元さんです。

 NHK総合
 「戦後70年 東京大空襲はなぜ行われたか」
 http://www.nhk.or.jp/archives/nhk-archives/

 放送日: 3月1日(日)
 放送時間 午後3:05〜4:10

 宮崎県では、3月2日(月)午前1:50〜2:55[1日(日)深夜]に放送予定です。
 沖縄県では、3月4日(火)午前2:20〜3:25[3日(月)深夜]に放送予定です。 
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内