[CML 036413] 本日2/25(水) 「高レベル放射性廃棄物の 処分問題と原発再稼働」(原発をなくす全国連絡会連鎖学習会”第8弾”)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 2月 25日 (水) 05:26:21 JST


紅林進です。


本日2月25日(水)、開催されます下記学習会のご案内を転載させていただきます。

(以下転送・転載歓迎)

原発をなくす全国連絡会連鎖学習会”第8弾”
「高レベル放射性廃棄物の 処分問題と原発再稼働」 
~日本の頭脳である日本学術会議が原発再稼働に注文~

 福島第一原発の現状は収束どころか、放射能汚染水が増え続け、コントロールできない
非常事態が続いています。また原発事故の原因の究明もされていません。ところが安倍
政権は、原発の新しい規制基準を満たしているとして、鹿児島県川内原発をはじめ多くの原
発の再稼働を急いでいます。 
 しかし、2014年9月に日本学術会議から、原発から出る「核のごみ」(高レベル放射性廃
棄物)の処分問題をあいまいにしたままの原発再稼働は、「将来世代に対する無責を意味
するので、容認できるものではない」という内容を含む報告が出されました。まさに日本の
頭脳とも言える日本学術会議が「原発再稼働に注文」をつけました。
 そこで、報告書を作成した分科会の委員であり、親委員会の委員長でもある今田高俊氏
をお招きし、高レベル放射性廃棄物の処分問題について、その現状と問題点、今後の課題
などについてお話しいただきます。是非多くの方の積極的な参加を呼びかけます。

日時:2015 年2月25日(水)18:30~20:30 
会場:全労連会館2Fホール(文京区湯島2-4-4) 
アクセス:JR 中央線「御茶ノ水駅」・丸の内線「御茶ノ水駅」下車 徒歩 7 分 
地図: http://www.zenrouren-kaikan.jp/access.html
講師:今田 高俊氏 
(日本学術会議高レベル放射性廃棄物の処分に関するフォローアップ検討委員会委員長) 
参加費:無料 
講師紹介:1948 年 4 月兵庫県神戸市生まれ。日本学術会議連携会員。 
1972 年東京大学文学部社会学科卒、88 年東京工業大学工学部教授を経て、現在、東京工業大学
名誉教授。日本学術会議・高レベル放射性廃棄物の処分に関する検討委員会 委員長を務めた。 
主催:原発をなくす全国連絡会 
        http://www.no-genpatu.jp/
連絡先:全日本民主医療機関連合会 
TEL:03-5842-6451 担当:稲原、木下興 


CML メーリングリストの案内