[CML 036312] 【報告】第1398目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 2月 17日 (火) 07:35:28 JST


青柳行信です。2月17日。

【転送・転載大歓迎】

「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページHP
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1398日目報告☆
      呼びかけ人賛同者2月16日3747名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】2月16日2名。
     木本真澄 森田千恵子

  私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
この2〜3日 他所の街に行っていたので、ブログの作成ができませんでした。
タブレットタイプだと慣れてないこともあり、写真を入れたブログが作れませんでし
た。
タブレットタイプの限界なのか、技術が伴ってないのか よく判りません。
もう少し練習が必要ですね。
あんくるトム工房 
九電前のテント   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3364
日本の建築洋式 かわら http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3363
みんなのための政策  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3362
市内電車の走る街  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3360

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆福島に骨を埋めても取り戻すと「生業訴訟」の若き弁護士
      (左門 ’15・2・17−935)
※生業訴訟原告弁護団の事務局を担当する鈴木雅貴さん。
大学時代に倫理学を専攻したのが強み。法律だけでなく人間
の生き様の根本を学んだことが、この「原発ムラ」の反倫理と
切り結ぶ内容が楽しみである。福井地裁に匹敵するモラルの
高い判決への努力に声援を送ります。「平和的人権論」を!

★ 西岡淳子 さんから:
<おでんで寒波を乗り越える会>
2/23日月曜日12時〜
まだまだ寒いです。
みなさんで、テントの中、おでんでも食べながら、
いろんな語らいの交わりのときを過ごしましょう。

今のところ、参加者は3名です。
おでんは、汁付き7個入り、198円。
7名分までは、西岡が手出しします。
それ以上は割り勘でお願いします。
川島さんは、・おにぎりを一人2個、作って来られます。
発注の関係から、20日までに、青柳さんに申し出て下さい。
楽しいひとときを過ごしたいものです。

★ 仮面ライダ― さんから:
    おはようございます。
『語り継ぐ僕の平和授業』
炭鉱閉山時、兵士として戦争にいった
坑夫のかたが長屋の寄り合いの時、戦地で
機銃掃射を受けた時の模様を話されたことがあります
「野球バッドでブッ叩たかれたごとあった!」
わき腹の銃痕の傷跡を見せよんなりました。
戦後40年たっても真冬には傷口が痛むようでした。

安倍晋三は親しみやすく解りやすいなめらかな言葉で
軽々と戦争を始めようとしています。
吉田松陰、岩倉具視、吉田茂、などの著名人を
引用し、さも自分が名誉ある歴史の代弁者
時代の執行の王様のように国会で演説していましたが

この男には、心優しき
後藤健二さん
湯川遥菜さん
二人のことは、すでに忘れているようでした
座右の銘〈靖国の英霊〉の範疇には
もちろんない 
戦後最悪の首相 呆れるばかりです

いざとなったら第二次大戦中のように
軍人がしたように国民を見殺しにするのです。
戦争の犠牲になるのは弱者からです。

一日川柳
〈偉人の名連呼され戦地へ行くのは僕と君?〉
〈この男やはり馬鹿のうえ刃物好き大国主義者〉
〈吾はアジアの片隅の小さな島でさやかに生きたし〉

★ 梁井孝子 さんから:
船津様
いつも新聞記事の抜粋ありがとうございます。
西日本新聞記事2月15日の日本学術会議(国内の科学者を代表する組織)が
原発から出る高レベル放射性廃棄物の処理問題が進まないまま、再稼働するのは
「将来世代に対する無責任」と断じている。

西日本新聞記事2月16日の原発を判断する原子力規制委員会の審査が最悪の想定が甘いと
指摘するするのは、旧原子力安全委員会であった滝谷絃一さん。

 どっちが本音かいな? 作詩 梁井孝子 
○○さん
戦争は悪だ。
けど戦争しないとイロイロ困るんだ

原子力規制委員長代理更田さん
川内原発の基準は高度なレベルに達していない
けど事業者の言う事は妥当でである
どっちが本音かいな?_____。
原発によって生まれる高放射線ゴミを残すのは
次世代に無責任なのに___。

★ 満田夏花 さんから:
 <福島の子ども2巡目検査で甲状腺がん疑い7人、確定1人>
2月12日、開催された福島県県民健康調査委員会において、いままでに甲状腺がん
悪性と診断された子どもは、疑いも含め117人であることがわかりました。
すでに手術を終え、甲状腺がんと確定した子どもは86人。今年4月から2巡目の検
査が始まりましたが、結果が確定された75,311 人のうり、細胞診の結果、前回問題
なしと診断された8人が、甲状腺がんの疑いと診断され、うち1人は手術の結果、
甲状腺がんであることが確定しました。

星北斗座長は記者会見で、「原発事故との因果関係はないとは言えないが、“考え
にくい”というこれまでの評価を変えるものではない」と発言しました。
甲状腺がんの数だけではなく、症例が深刻です。昨年の福島県立医大の資料によれ
ば、病理結果が発表された55例中、2例が低分化癌、74%がリンパ節転移をしてい
ます。福島県外での検査を拡大する必要があります。

さらに、甲状腺がんについてのみ、議論が集中しがちですが、甲状腺機能の低下や
多くの疾病の影響についても、きちんとした健診体制の確立が急がれます。

★ 中西正之 さんから: 
青柳行信 様
<川内原発と高浜原発で格納容器下部緊急貯水冷却での水蒸気爆発否定説明は原子力
規制委員会のカンニングの勧めにより行われた>についてお知らせいたします。

2015年2月12日に原子力規制委員会から高浜原発の審査書が発表され、パブ
リックコメントについての説明も公開されました。

この説明の中で、過酷事故が発生した時、原子炉圧力容器に冷却水を投入せずに、メ
ルトスルーした溶融炉心は格納容器下部緊急貯水冷却で冷却するMCCI(溶融炉
心・コンクリート反応)防止策は水蒸気爆発を起こすので危険とのパブリックコメン
トには無回答を行いました。

水蒸気爆発の否定ができない九電 http://tinyurl.com/patkjwf

九州電力や関西電力は原発の再稼働申請書にMCCIは格納容器下部緊急貯水冷却で
行うと記載しましたが、初めは原子力規制委員会はこの方法に疑問を持って、新規制
基準に係わる適合性審査で厳しく指摘していました。

また、この適合性審査会の動画が2013年9月20日にNHKの「特報フロンティ
ア」で報道され、九州電力は「これまでの実験結果において想定される溶融物の実験
結果から大規模な水蒸気爆発が実機(格納容器)で起こる可能性は十分に小さかろ
う」と説明していました。

しかし、九州電力、関西電力、北海道電力、四国電力、三菱重工業は、格納容器を破
壊するほどの水蒸気爆発が起こらない資料の作成ができなかったので(この時までは
水蒸気爆発が起きるかどうか知らなくて、過酷事故対策を行っていたと思われ、これ
らの5社が海外の優れた安全基準を知らなかったことが良く分かるのですが)原子力
規制委員会がカンニングの勧めを行っています。

http://bye-nukes.com/hiroba/tent_repo9.htm#998

2014年1月12日の青柳通信の★ 舩津康幸 さんからの報告の後に、原子力規制
委員会のカンニングの勧め問題を報告しています。

**********************

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<4電力会社の水中におけるコリウムコンクリート反応の検討>に付いて報告いたし
ます。
1月9日に北海道電力の水中におけるコリウムコンクリート反応の検討を報告してい
ました。北海道電力のホームページで見つけたのですが、出典が良く分かりませんで
した。北岡逸人さんより、出典の詳しい経緯を教えてもらって、この問題が良く見え
るようになりました。
 加圧水型原子炉の再稼動の申請を行っている、北海道電力、関西電力、四国電力、
九州電力の4電力会社は過酷事故の発生時、圧力容器のメルトスルーは放置して、落
下核燃料(コリウム)は緊急に格納容器底部に貯水した大量の水で冷却し、最大の過
酷事故のチャイナシンドローム(コリウムコンクリート反応)を防止する対策をとっ
ていました。
 この対策に付いては、国内で格納容器の水蒸気爆発が起きる危険性と、水中でもコ
リウムコンクリート反応が起きるとの批判が渦巻いていました。
 そこで、原子力規制庁は11月6日、4電力会社の過酷事故対策の根拠と成ってい
る、スーパーコンピューターの解析コード(計算プログラム)の説明が不足している
ので、外国の過酷事故モデル実験で、スーパーコンピューターの解析コードの信頼性
を高めよとの指示を出しました。
 世界中のどこにも、4電力会社の過酷事故対策の正当性を証明する実証実験はあり
ませんから、スーパーコンピューターの解析コードの信頼性を高めよと指導したわけ
です。
 そこで、その指導に従って、4電力会社は共同で、資料作成と説明を始めました。
 そして、北海道電力会社のホームページにあった検討資料は、12月17日の第5
8回適合性に係わる審査会の資料2−2−7の悪名高いMAAPコードの検討資料
だったのです。
 この検討資料の中には、超小型設備のモデル実験が取り上げられていますが、すべ
てのモデルは幸運に恵まれた場合のみを実験しています。
 一番目は、コリウムの落下は均等なジェット流で流れ落ちて、水蒸気爆発の起こら
ない条件で試験を行っています。
 鉄や銅の精錬には、生石灰(CaO)を投入して、コリウムの良く似たスラグを大
量に作り、その冷却は樋に導かれて、水中に投下し水で冷却して、個化させます。
 このような時には、水蒸気爆発は起こりません。
しかし、樋が詰まったりして、一度に大量のスラグが水中に落下したとき、水蒸気爆
発が起きるのです。
 鉄や銅を溶解する燃焼炉で底が抜けるときには、最初はちょろちょろ流れ始めます
が、一度流れができると加速度的にどっと流れだし、下部に水があれば水蒸気爆発を
起こします。
 そのような、実炉に近い実験が全く行われていません。
また、水中ではコリウムの表面には火山の溶岩からできた軽石のようなクラスト(固
相)ができ、クラストの熱伝導率が極めて小さいので、そのままではコンクリートに
接するコリウムの冷却ができずに、コリウムコンクリート反応は防止できないようで
す。しかし、クラストの面積が広くなると、必ずクラストに亀裂が発生し、亀裂から
進入した水が高温部のコリウムを冷却するので、その冷却分はコリウムコンクリート
反応が抑えられるようです。
 しかし、クラストが一部でも破壊されると、水と熔融コリウムが反応し、水蒸気爆
発が起こります。
 これの再現試験も行っていません。このような幸運に恵まれた場合のみの実験で、
スーパーコンピューターの解析コードの信頼性を検証しても、意味の無いことと思わ
れます。

**********************

この時報告したように、九州電力、関西電力、北海道電力、四国電力、三菱重工業
は、格納容器を破壊するほどの水蒸気爆発が起きるかどうかが良く分からなかったの
に、原子力規制委員会がカンニングのやり方を教えてその後、水蒸気爆発が起こらな
い説明書が作られたので、パブリックコメントで批判が出ても原子力規制委員会は何
も回答できなかったと思われます。

 IAEA、EUR、EPRの安全基準を良く知らない、九州電力、関西電力、北海
道電力、四国電力、三菱重工業の担当者が作成した過酷事故対策をカンニングの勧め
を行う原子力規制委員会が認可しても、川内原発や高浜原発の再稼働の安全の保証に
は何の役にも立たないと思います。

★ たんぽぽ舎 さんから:
 【TMM:No2408】2015年2月16日(月)
┏┓
┗■.「原発を動かしたら電気を買わないぞ」と訴えよう
 |  広瀬隆さんの発言−電力会社の弱みを突こう
 └──── (K・M)

 冷たい強い風がテントを揺らせている夜、昼の討論集会で広瀬隆さんが提案された発言を思い出した。
 「原発を動かしたら電気を買わないぞ」
 原発を動かそうとしている電力会社の弱みの1つは来年4月からの電力自由化だ。既に大手企業は電力会社に頼らないで電力を得ている。
 既に510日以上、日本国内で商業用原発は1基も動いていない。
川内原発を動かそうとしている九電に対して、九州の人たちは電気を買わないぞと訴えて欲しい。
 高浜原発を動かそうとしている関電に対して、近畿の人たちが電気を買わなければ良い。新宿西口でチラシまきをしている時にも通行人に自分の問題として考えてもらうために、
 「あなたは原発の電気を使いたいですか?東電はイチエフ(注)事故の責任もとらず、イチエフ(注)事故の収束も出来ないのに柏崎刈羽原発を動かそうとしているのですよ!」と声
をかけている。
みんなで「原発を動かしたら電気を買わないぞ」と電力会社に訴えよう、
「原発を動かしたら電気を買わないぞ」の声を全国に広めよう!
 ☆「テント日誌・2月15日号より」 (注):東京電力福島第一原発の略称

★ 安間 武 さんから:
■全国のデモ開催情報まとめ
◆原発関連
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
◆改憲関連
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、先ず世論調査結果、次にいつものように川内(せんだい)原発、玄海原発、・・・とすすめます。
後段に、九電関連記事(28.、28’.、29.)もあります。

1.「世論調査―質問と回答〈2月14、15日実施〉」朝日デジタル2015年2月16日23時32分
http://www.asahi.com/articles/ASH2J4TZSH2JUZPS001.html
「数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。・・・・・
◆原子力発電を利用することに、賛成ですか。反対ですか。賛成 37反対 44
◆国民の間で福島第一原発事故の被災者への関心が薄れ、風化しつつあると思いますか。そうは思いませんか。
 関心が薄れ、風化しつつある73  そうは思わない23
◆お店で買おうとした食べ物の産地が福島県だったら、買うのを控えると思いますか。そうは思いませんか。
 買うのを控える23  そうは思わない72
〈調査方法〉14、15の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した(福島県の一部を除く)。
世帯用と判明した番号は3932件、有効回答は1840人。回答率47%。」
・・・・原子力発電を利用することに反対が44%、フクシマが風化しつつあると思う人が73%、・・・・。

参考までに、
1’.「内閣支持率上昇50% 70年談話「おわび必要」52%」朝日デジタル2015年2月16日23時10分
http://digital.asahi.com/articles/ASH2J546LH2JULZU00B.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH2J546LH2JULZU00B
「朝日新聞社が14、15の両日実施した全国世論調査(電話)で、安倍内閣の支持率は50%(1月17、18日実施の前回調査42%)と上昇した。不支持率は31%(同
37%)。・・・・
「イスラム国」による日本人を標的にしたテロ事件が今後も起きる不安については、「大いに」「ある程度」を合わせた「感じる」が86%。「あまり」「まったく」を合わせた
「感じない」は13%だった。人質事件のあとも、「イスラム国」対策の難民支援や食糧援助を続けるとした首相の方針には「賛成」が72%、「反対」が14%だった。
政府が今年発表する予定の戦後70年談話について、戦後50年と60年の談話に入っていた「植民地支配と侵略」「痛切な反省」「心からのおわび」という言葉を「入れるべき
だ」は52%で、「その必要はない」の31%を上回った。安倍内閣支持層でも「入れるべきだ」50%、「その必要はない」35%だった。」
・・・「お詫びを入れるべき」が半数を超えていることにはホッとしますが・・・・。

川内(せんだい)原発関連、
2.「薩摩川内市予算案 原発避難道や甑島関連」南日本放送 [02/16 18:46]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015021600007839
「薩摩川内市の新年度一般会計当初予算案が16日発表されました。総額502億5千万円で、原発の避難に絡む道路の整備費や甑島の国定公園指定に関連した事業費などが盛り込
まれています。薩摩川内市の新年度一般会計当初予算案は、岩切秀雄市長が16日記者会見で発表したもので、前年に比べて5.9パーセント減の総額502億5千万円となりまし
た。
川内原発の防災対策としては、川内原発から5キロ圏内の久見崎地区や高江地区などから、避難道の県道に通じる市道を整備する事業費として3500万円が盛り込まれています。
また来月、国定公園に指定される甑島のツーリズム推進事業費として3100万円が計上されており、情報発信のためのウェブサイトの作成や観光ガイドの育成などを図ることにし
ています。・・・・」

2’.(薩摩川内市)「甑島が来月16日、国定公園指定へ」南日本放送 [02/16 18:49] ※映像有
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015021600007838
「環境省は薩摩川内市の甑島を国定公園とする指定日を、来月16日にすると発表しました。薩摩川内市甑島はウミネコの繁殖地の南限とされる下甑島の鹿島断崖や、ナポレオン岩
で知られる瀬々野浦断崖、上甑島の長目の浜などの景観に恵まれ、周辺海域はサンゴの生息地になっています。・・・・」

2”.「【動画】甑島国定公園 3月16日に指定」KTS鹿児島2015年02月16日 
http://news.ktstv.net/

・・・・川内原発沖にある自然豊かな甑島―原発はやめましょう!!

玄海原発関連、
3.(佐賀)県補正予算案、原発避難施設整備に10億円」朝日デジタル2015年2月17日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH2J3PTSH2JTTHB008.html
「県は16日、今年度の一般会計を40億6700万円減額して4335億3900万円とする一般会計補正予算案を、同日開会の県議会に提案した。九州電力玄海原発(玄海町)
での重大事故発生時に備えた一時退避施設整備で、まだ全島民が入れない状態の唐津市の三つの離島に、新たに施設を整備する費用などを盛り込んでいる。・・・・緊急経済対策で
は、原発事故時の一時退避施設の整備費用として、4施設分の計約10億円を計上した。」(以下、有料設定)

原発立地地域、
4.(福井県)「高浜原発3、4号機、福井県知事「まだ地元同意の段階ではない」」産経新聞2015.2.16 20:39
http://www.sankei.com/west/news/150216/wst1502160068-n1.html
「福井県の西川一誠知事は16日の記者会見で、原子力規制委員会の審査に合格した関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)について、「まだ審査中の状況でもあり、県として
地元同意などの対応はできない」との認識を示した。西川知事は「原発を動かす際の責任を明確にする必要がある」と強調。政府に再稼働の必要性を説明するよう改めて求めた。宮
沢洋一経済産業相は13日の閣議後会見で「必要があれば福井県、高浜町に伺う」と述べ、地元同意を得るために現地入りする考えを示している。」

5.(静岡県)「県外へ車で避難 原発事故想定、牧之原市が訓練」静岡新聞(2015/2/16 07:22)
http://www.at-s.com/news/detail/1174168344.html
「牧之原市は15日、原子力防災訓練を同市の地頭方地区で行った。中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)で事故が発生したとの想定で、原発から半径約5キロの予防防護措置区域
(PAZ)の住民を県外へ避難させる手順を確認した。市独自の訓練は昨年に続き2回目。住民の避難行動を検証し、今後作成する避難計画に反映させるのが狙い。モデル避難住民
として同地区の約20人が参加した。・・・・実際の避難ルートを想定した避難情報掌握ポイントを設け、各自治会の役員が避難者数を確認した。市外へ避難する最終地点で、市が
発行した避難証明書を市職員が避難者へ配布した。・・・・」

6.(静岡県)「再稼働是非「県議選で争点化」 反対団体が交流会」静岡新聞(2015/2/16 07:21) 
全文「脱原発を目指す「浜岡原発の再稼働を許さない県ネットワーク」は15日、第2回全体交流会を静岡市葵区の県総合社会福祉会館で開いた。県内約30の参加団体から約70
人が出席し、県議選の立候補予定者に、中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の再稼働の是非を問うアンケートを実施する方針を決めた。「県議選で浜岡原発再稼働の問題を争点化す
る」ことが狙い。自由筆記式のアンケートで、結果は告示前に報道機関などを通じて公表する予定。
3月11日に同ネットワークの代表者が県庁と中電静岡支店を訪ね、川勝平太知事と水野明久社長に宛てて浜岡原発を再稼働しないよう求める要請書を提出することでも一致し
た。」

7.(北海道)知事選、一騎打ちの様相」朝日デジタル2015年2月16日10時11分
http://digital.asahi.com/articles/CMTW1502160100015.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_CMTW1502160100015
「民主党道連は15日、今春の知事選で独自候補の擁立を断念し、フリーキャスターの佐藤のりゆき氏(65)を支援する方針を決めた。民主党が知事選で候補者を擁立しないのは
初めてで、横路孝弘代表は責任を取って同日付で辞任した。知事選は、自民党道連推薦で4選を目指す現職の高橋はるみ氏(61)と佐藤氏との事実上の一騎打ちになりそう
だ。・・・・
勝部賢志幹事長は会議後の記者会見で、佐藤氏について「高橋氏の4選阻止という最大の目標のために、候補者を一本化することが大事。脱原発や平和憲法などの基本的な部分で一
致していける」と述べた。佐藤氏は「道民党」を掲げており、道連は推薦は出さずに支援していく考えだ。佐藤氏は「『私の北海道に対する思いや政策に賛同して頂けるなら、是非
応援していただきたい』との言葉に共鳴してもらったと受け止めている」とのコメントを出した。」
・・・・佐藤氏の脱原発の考え方はどんなものか、確かめたい。

福島第1原発、
8.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年02月16日
「15日正午現在 1.122マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホームページから抜粋 前日は1.107マイクロシーベルト毎時」

9.「がれき保管テントの屋根に穴」毎日新聞2015年02月16日22時00分 ※写真有
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20150217k0000m040062000c.html
「東京電力は16日、福島第1原発構内で、高線量がれきを一時保管するテントの屋根の一部が、強風の影響で破れて穴が開いたと発表した。テントはポリエチレン系の素材で、秒
速30メートルの強風に1年間耐えられる強度を備えていたとされるが、設置されたのは約3年半前の2011年9月だった。東電は劣化が原因で破れたとみている。周辺の放射線
量に変化はなく、放射性物質の飛散はないとしている。・・・・
東電によると、テントは保管設備が完成するまでの一時保管場所で・・・・テント内に保管されているがれきは140立方メートルあり、線量は毎時30ミリシーベルト未
満。120立方メートルは金属製のコンテナに収められているが、20立方メートルは土のうで覆われているだけという。東電はがれきをシートで保護したり、水をまいたりする飛
散防止策を検討する。」

被災地フクシマ、
10.「地下水放出の方針先送り いわき市漁協、27日再協議」福島民友02/16 20:20
全文「東京電力福島第1原発の建屋周辺の井戸「サブドレン」などからくみ上げた汚染地下水を浄化して海に放出する計画をめぐり、いわき市漁協は16日、同市で理事会を開き、
国と東電に対する要望書について協議した。浄化した水を海に放出することに対する賠償などに関して意見が折り合わず、方針決定を再び先送りした。27日の理事会で再協議す
る。県漁連は25日の組合長会議で意見を集約する予定だったが、同日までの集約は困難な状況となった。」

11.「2月県議会開会 内堀知事、人口減少対策の重視強調」福島民友02/16 20:10
http://www.minyu-net.com/news/news/0216/news15.html
「2月定例県議会は16日開会し、内堀雅雄知事が過去最大となる1兆8994億円の新年度一般会計当初予算案など118件を提出し、所信と提案理由を述べた。内堀知事は所信
表明で、人口減少対策について「市町村ごとに抱えている地域課題が異なっている上、大震災と原発事故を受け他県よりも問題が重くのしかかっている」と重視する姿勢をあらため
て強調。市町村にとって自由度の高い補助制度の新設や、2地域居住の推進に力を入れるとした。・・・・」
・・・・“帰還”だけを強調する方針は考えなすべきです。

12.「大熊町第二次復興計画案を提示」NHK福島02月16日20時17分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055446651.html?t=1424109176658
「除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設の建設を受け入れた大熊町が施設の建設を踏まえて、避難先での生活再建と町内の復興拠点の整備の2つを両輪とした町の第二次復興計
画の最終報告案を示しました。・・・・・・
会議は冒頭以外非公開で行われ、出席者によりますと、計画では「町には帰るのは難しい」と考えている住民に対する避難先での生活再建の支援と、「町に帰りたい」とする住民の
ための町内の復興拠点の整備の2つを計画の両輪とする最終報告案が示されたということです。
また、報告案には施設の建設に伴って、候補地の地権者などに町内で代替地を確保することや国の交付金を活用して、すべての住民に対して支援を行うことなどが盛り込まれている
ということです。・・・」

13.◎●「第2部営業損害(14) 東電原発被害損害賠償弁護団副事務局長 紺野明弘弁護士に聞く 被害ある限り償いを」福島民報2015/02/16 11:36
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/02/post_11515.html
「・・・・移転再開を諦め、避難指示の解除を待つ事業者の生活を支えているのは、営業損害に対し東電が支払っている賠償金だ。しかし、経済産業省資源エネルギー庁と東電は平
成28年2月分で終了する素案を打ち出した。東電原発被害損害賠償弁護団副事務局長で損害賠償に精通している紺野明弘弁護士(39)=福島市=は取材に応じ、「避難指示が解
除され、人口など地域が原発事故前の姿を取り戻すまで、東電は営業損害の賠償を続けなければならない」と強調した。
―移転再開を支援する補助金も多数用意されているが、かつての事業所での再開を目指す経営者がいる。その生活を支えているのは東電からの営業損害の賠償金だ。・・・・・
―原発事故により地域社会が崩壊して商圏が失われた事業所などが移転再開を目指す場合、移転先で原発事故前と同等の規模で商いができるだけの賠償が必要ではない
か。・・・・・
―営業損害の賠償金は課税対象となる。原発事故では国税申告・納付の期間が延長されたが、猶予期間は3月末で終わる。現状の納税制度は妥当なのか。
―営業損害の賠償については今後、どのような課題が出てくると想定されるか。・・・・
―就労不能損害の賠償は今月末で打ち切られる。現時点での終了は妥当か。
「一律の打ち切りは不当。被災者の個別の事情に応じて柔軟に対応するべきだ。事業者が再開する際、労働者の確保に大きな影響がでるだろう」」
・・・一々驚くような条件が今でも、それに追い打ちをかける『打ち切り』、被災者の口惜しい表情が目に浮かびます。

14.◎●「福島原発事故 営業損賠打ち切り反対意見書提出へ」河北新報2月16日
全文福島県農協中央会など35団体でつくるJAグループ東京電力原発事故農畜産物損害賠償対策福島県協議会は13日、福島市で総会を開き、営業損害賠償の打ち切りに反対する
意見書を国と東電に提出することを決めた。現行の営業損害賠償はことし2月分までしか提示されていない。東電は昨年12月、県内の商工業者を対象に、16年2月までの1年分
は避難による商圏損失や減収が認められた場合に限り賠償する素案を示した。
農林業に対する賠償は最長16年12月まで続くが、農協が行う福祉事業など農林業と直接関係しない事業は一般の商工業者と同じ扱いとなる点を問題視している。東電の説明に対
し、出席者からは「被害が続いているのに賠償を打ち切るのは一方的」と不安視する声が出たという。」

15.「福島)駆除イノシシ、行き場失う 冷凍保存限界」朝日デジタル2015年2月17日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH2B03LJH29UGTB00X.html
「福島第一原発事故後の避難指示区域などでイノシシが増え、家や田畑を荒らし、有害鳥獣として殺処分された死骸が行き場を失っている。放射能汚染度が高く食用にはできない
上、焼却や埋設も進まない。相馬市では冷凍保存しているが、保管も限界に近づいており、農林水産省が16日、現地調査を開始した。「原発事故前はイノシシを撃てば、東京の業
者がすぐに料亭用に買い取って行った。今は引き取り手も、埋める場所や燃やす施設もなかなか見つからない」。相馬市沿岸部の工場跡地。県猟友会の阿部多一会長(82)は大型
冷凍庫の扉を開け、ため息をつく。
漁を自粛中の地元漁協から借りた容量約20トンの冷凍庫。零下20度の内部は、3分の2の高さまで約270頭のイノシシが山積みだ。大型成獣で100キロ以上、5キロ未満の
子イノシシもいる。300頭ほどで天井まで埋まるとみられ、満杯までわずかだ。・・・」(以下、有料設定)

16.(相馬市)「「千客万来館」オープン 相馬の観光情報提供」河北新報2015年02月16日月曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201502/20150216_65002.html
「相馬市の観光交流施設「相馬市千客万来館」が15日、オープンした。中央公民館を併設し、観光情報などを提供する新たな拠点となる。・・・市の観光情報の提供窓口「相馬観
光復興御案内処」を設置した。10人以上の団体を対象に、防災、復興・鎮魂など東日本大震災後に設定した四つのモデルコースをスタッフが案内するサービスを実施す
る。・・・」

17.「浪江の伝統 田植踊継ぐ」読売新聞2015年02月16日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20150215-OYTNT50139.html
「東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く浪江町で300年以上の歴史がある伝統芸能「請戸の田植踊」が15日、町民が暮らす福島市の仮設住宅2か所で行われた。同町請戸
地区では毎年2月の第3日曜日に、大漁や豊作を願う例大祭「安波(あんば)祭」を●野神社で開催してきた。東日本大震災の津波で同地区は大きな被害を受け、神社も流された
が、その後も毎年、仮設住宅で田植踊を続けてきた。昨年からは安波大明神をまつる神事も復活した。今年の田植踊には、東京都や仙台市など県内外の避難先から3〜28歳の男女
14人が参加。町民たちは花笠をかぶった早乙女姿の愛らしい踊りに目を細めていた。・・・」

18.「浪江と二本松の児童 30年後の街 模型作り」読売新聞2015年02月16日
全文「福島第一原発事故で全町避難している浪江町と町仮役場がある二本松市の小学生が15日、仮設住宅がある同市郭内地区や周辺の30年後を自由に表現した模型を作った。両
市町の児童に、大人になった時の街の姿を考えながら交流してもらおうと、「まちづくりNPO新町なみえ」と早稲田大学などが企画した。模型は500分の1サイズで、縦4メー
トル50、横1メートル20。児童11人は大学生らと一緒に、タオルの切れ端を貼り付けた緑地や、段ボールや画用紙で作った家や商店を並べた。二本松城の本丸から延びる長い
滑り台やロープウェー、雲のような形の家もあった。
誕生日の人がゲームや映画を楽しめる「お誕生日ハウス」を作ったという浪江小4年渡部雅晴君(10)は「浪江町は海がきれいで自然が多かったから帰りたい。でも、こんな街な
ら住んでみたい」と笑顔で話した。」
・・・果たして、30年後に町に戻ってよいものか??

19.「(プロメテウスの罠)弁当ガイギー:16 郵便バイクの荷台」朝日デジタル2015年2月16日05時00分 ※写真有 (有料記事)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11604103.html?iref=comtop_list_ren_n12
「◇No.1186 田んぼの中の一本道を、郵便バイクが走り抜ける。福島県郡山市、2013年の夏。その真っ赤な荷台には、弁当箱のようなプラスチックケースがベルトでく
くりつけてあった。「セーフキャスト」の線量計「b(弁当)ガイギー」だ。7月24日から約1カ月半、郡山、郡山西、郡山南の3郵便局、計5台のバイクに取り付けられ、延べ
122の配達コースを回った。「お、あるある」「セーフキャスト」の測定ボランティア第1号となっていた渡邉利一(63)は8月初め、運転中の車列の間にその郵便バイクを見
つけ、思わず携帯電話で写真に収めた。
計測開始から2年以上たつ。「bガイギー」による計測地点は6月には1千万カ所を超えていた。ただ、自動車を使った測定には、限界もあった。自動車では入れない、細い道路の
線量測定だ。それは、より生活に身近なデータでもある。「バイクならできる」・・・・
集配作業の間中、「bガイギー」は5秒おきに放射線量と位置情報、時間を自動で記録していく。1台で1日5千地点前後、期間中に合わせて市内50万を超す地点のデータが集
まった。郵便バイクによる測量は、12年に南相馬市の原町郵便局と田村市を担当する三春郵便局、13年3月から4月にかけて再び原町郵便局で、延べ76の配達コースでも実施
していた。「細かい所まで測れる。郵便局のデータはものすごく価値がある」渡邉はそう思う。面としての拡大。「セーフキャスト」の取り組みは、それだけにとどまらなかっ
た。」

20.「(福島県)16日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量測定値」福島民報2月17日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・放射性物質の検査結果(穀類)」 、きょうの紙面には「震災関連死」の一覧表がありません。

21.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野新聞2月16日17:25
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150216/1872916
「▼空間放射線量率(16日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

22.(宮城県で)「菅野・飯舘村長:講演 平和を考える集い「安全な日本に」美里」毎日新聞 2015年02月16日地方版
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20150216ddlk04010085000c.html
「東京電力福島第1原発事故で6000人余のほぼ全村民が避難を続ける福島県飯舘村の菅野典雄村長が15日、美里町で開かれた「第2回平和を考えるつどい」で講演し「安全な
日本にしないのでは、原発事故避難者12万人の苦労は水の泡になる」などと訴えた。「成長社会から成熟社会へ」との演題で、町民ら約200人が聴講した。
菅野村長は「安全な日本を次代に引き渡すには経済成長だけでなく、ゆるやかに生きる成熟社会づくりを考えるべきだ」と訴えた。その上で「今後のエネルギー政策は(脱原発と)
おのずと分かってくる。そこに気がつかないから、天が一つのの試練を与えなくてはとやったのが地震(東日本大震災)と、特に原発事故ではないか」と語りかけた。
東日本大震災の発生4日後、当時東京都知事だった石原慎太郎氏が「この津波をうまく利用してだね、我欲を一回洗い落とす必要がある。これはやっぱり天罰だと思う」などと発言
し、陳謝したことがあるが、自らも被災している菅野村長は講演後「真意は(石原氏と)全く違う」と述べた。・・・この日のつどいは、東北電力女川原発の再稼働に反対する美里
町と同町議会が共催した。」

関連記事、飯館村の一面を伝える、
23.「支局長だより:「若妻の翼」もう一度=小田原支局長・澤晴夫 /神奈川」毎日新聞 2015年02月16日 地方版
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20150216ddlk14070160000c.html
「忘れられない1冊の本がある。25年前に出版された「天翔(か)けた19妻の田舎もん」。東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故で「全村避難」を余儀なくされた福島
県飯舘村の、当時のお嫁さんたち19人が欧州旅行をした「若妻の翼」の記録集でもある。・・・・
本の中には飯舘村のことを「東北の片田舎、阿武隈山系の人口8000人の過疎の村。三世代、四世代が一つ屋根の下で暮らしている」と書いてある。飯舘村には何度も取材で訪れ
たことがあるが、牧畜が盛んな、のどかな中山間地というイメージだった。「若妻の翼」は大きなニュースになったし、全国初の「父子手帳」の交付や「いいたてエンジェルプラ
ン」といった、飯舘村の独創的な試みが話題になったこともある。
そんな中での全村避難の話だ。震災発生から間もなく4年。多くの村民が除染作業が終わるのを待ちながら、避難先での不自由な生活を強いられている。「若妻の翼」の本を読み返
しながら、一日も早く、あの元気な飯舘村に戻ってほしいと願わずにはいられない。」

24.(山形県)「上手にそり滑り、雪げたにも挑戦 山形・震災避難者と交流」山形新聞2015年02月16日13:01
http://yamagata-np.jp/news/201502/16/kj_2015021600322.php
「東日本大震災で福島県から本県に避難している親子と地元の親子の交流イベント「わくほこ雪まつり」が15日、山形市の蔵王みはらしの丘ミュージアムパークで開かれ、参加者は
雪まみれになりながらそり滑りなどを満喫した。同市のNPO法人やまがた育児サークルランド(野口比呂美代表)と同パーク管理運営企業体(遠藤正幸代表)が企画し、3回目。親
子45組約150人が参加し、そり滑りや雪上かるた取りなどを楽しんだ。
そり滑りに加え、今回初めて「雪げた滑り」を実施。雪げたは底に小さな竹が付いたもので、現在では作り手も少なくなっているという。米沢スキー場(米沢市)の好意で借り受け
た。山形市大郷小2年近藤佑樹君(8)は「うまく滑れるまであきらめない」と、珍しい遊びに夢中になっていた。遊んだ後には餅つきもあり、参加者は約20種のトッピングで餅を味
わいながら交流を深めた。・・・・」

25.「山形県に8400万円賠償 検査費用など 原発事故で東電」産経新聞2015.2.16 23:00
全文「山形県は16日、東京電力福島第1原発事故の損害賠償請求に関し、東電が放射性物質の検査費用など約8400万円を支払うことで合意したと発表した。合意は2回目。請
求総額約5億5000万円のうち東電が支払いに応じたのは、計約3億2000万円となる。県によると、平成23年3月11日から24年3月までの間、農畜産物の検査や、避難
児童・生徒を受け入れた学校に対する非常勤講師の配置などにかかった費用が対象。支払い合意に至っていない残額については、これ以上の交渉成果が見込めないとして、原子力損
害賠償紛争解決センターに和解仲介を申し立てる予定。」

電力、
26.「神鋼、関電の新発電所を落札 22年度の完全稼働目指す」神戸新聞2015/2/16 21:02
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201502/0007745365.shtml
「神戸製鋼所(神戸市中央区)は16日、神戸製鉄所(同市灘区)内に新設する火力発電所について、関西電力から落札通知があったと発表した。関電が2014年秋に実施した入
札に、1社だけ応札していた。約3年間かけて環境影響評価(アセスメント)を進め、18年度の着工、22年度中の完全稼働を目指す。神鋼が落札したのは、電力需要がピークと
なる夏に最大122・1万キロワット分を関電に送電できる能力。3月中旬をめどに期間や単価などを定めた契約を結ぶ。神鋼の計画は、鉄鉱石から鉄を取り出す高炉を17年11
月に止め、解体した跡地に出力65万キロワットの石炭火力発電設備を2基新設する。・・・・同社は同製鉄所内で出力140万キロワットの石炭火力発電所を運用しており、
新設備が完成すると計270万キロワットの巨大発電所となる。・・・・」

27.「関電の火力、神戸製鋼が落札…苦しい台所、ベース電源も他社頼み」産経新聞2015.2.16 20:22更新 
http://www.sankei.com/west/news/150216/wst1502160067-n2.html
長い記事「・・・・今回の入札は、電力会社が火力発電所を新設する際に原則として入札で事業者を選定することを義務付けた国の指針に基づき初めて実施した。神鋼だけでは30
万キロワット程度足りないが、不足分の再入札は実施しない方針。関電は原発の停止に伴い火力発電をフル稼働させているが、約2割が運転開始から40年超となっているなど、老
朽化が課題になっている。火力電源を外部から購入できれば、燃料費の削減が期待できる。
入札は電力会社みずからも応札することも可能で、同時期に入札を実施した中部電力などは自社で落札した一方で、関電は応札を見送った。厳しい財務状況のなか、大規模な資金調
達を避けるためとみられる。今回の入札からは電力会社の基盤でもある電源を他社に頼らざるを得ない関電の苦しい事情が垣間みえる。」
・・・・原発に依存しすぎて、ついに体力も限界に。

28.「(九電)火力発電入札、九電が「自社落札」 対馬分も」西日本電子版2015年02月16日 16時50分
http://qbiz.jp/article/56017/1/
「九州電力は16日午後、100万キロワットの電力を調達する火力発電所の建設事業者を募集した入札で、国が設置した中立機関が評価した結果、自社で応札した九電1社が落札
したと発表した。入札には、九電と、新日鉄住金系とみられる製造業の2社が応札。製造業の出力30万キロワットの石炭火力設備建設案(2017年度から)に対し、九電は、
いったん着工したが工事を中断していた同94万1000キロワットの松浦火力発電所2号機(20年度から、長崎県松浦市)の建設案を応札していた。九電によると、製造業1社
は入札実施要項の条件を満たさない箇所があり、落札しなかったとしている。募集した電力をほぼ調達できるとして、再入札は行わないという。・・・
対馬分の入札では、九電だけが応札し、落札した。重油燃料の出力7650キロワットの発電設備を18年度に運転開始する予定。」

28’.九電プレスリリース「平成26 年度 火力電源入札の落札者決定について」九州電力株式会社2015年2月16日
http://qbiz.jp/apdf/6d5e817befcb77536e132e8ae72b04ea.pdf

海外、
29.◎◎「地球ING・進行形の現場から:第13回 インドネシアの地熱発電」毎日新聞 2015年02月17日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150217ddm004070039000c.html
長い記事「インドネシアが地熱発電所の建設に力を入れている。急速な経済発展に伴って電力消費量は最近10年間で倍増し、発電所建設が急務だからだ。火山が多いインドネシア
は各地に地熱発電の適地があり、米国に次ぐ世界第2の地熱資源量を持つ。地熱発電は燃料が不要で二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーの柱と期待されているが、導入には
一体どんな課題があるのか。スマトラ島の最大都市メダンの空港から車で8時間のサルーラ。・・・・
「完成すれば世界最大級の地熱発電所になります」と話すのは、伊藤忠商事や九州電力、インドネシアの大手エネルギー企業が出資する開発会社の油屋真一社長。昨年から本格工事
が始まったサルーラ地熱発電所は、3基が来年11月以降順次操業を始める計画で、発電出力は計33万キロワット。小型原発1基分に相当する出力で、日本の地熱発電所の総計
(約54万キロワット)の6割にもなる。タービンや発電機は世界各地で導入実績がある東芝製を採用。事業費16億ドル(約1900億円)の巨大プロジェクトだ。・・・・
■取材後記 サルーラは高層ビルが並ぶジャカルタからは想像もできない田舎だが、地元は発電所建設に伴う特需に沸いていた。建設現場だけでなく、ホテルやレストラン、レンタ
カー会社も盛況で波及効果は大きい。ホテルは強気の値上げ。建設所員がよく使う“街一番”のレストランは最近、2倍に拡張されたばかりだった。思い出したのは、2008年ま
での3年間、記者として駐在した福井県敦賀市のことだ。周辺に7基の原発を抱える原発城下町。建設工事が始まったのは50年ほど前で、伝え聞くだけだった当時の好景気をサ
ルーラで目の当たりにした気がした。
今、敦賀の街は東日本大震災後の「脱原発」の流れの中で苦戦しているように見える。「地熱一辺倒」になろうとしているサルーラの暮らしは数十年後、一体どうなっているだろう
か。熱狂する人々の間で一人、考え込んでしまった。」
・・・・なんと、九電も関与したプロジェクトだ!! 編集後記にある疑問の“数十年後”、原発と違って活気は続くに違いない!!

参考記事、
30.◎◎「風知草:脱原発 ドイツは不退転=山田孝男」毎日新聞2015年02月16日東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150216ddm002070054000c.html
「ドイツの「脱原発」はポイント・オブ・ノー・リターン(帰還不能点)を越えた。後戻りはない。
◇今月上旬、日本記者クラブ欧州取材団に加わり、ベルリンでエネルギー政策転換の専門家を集中的に取材する機会を得た。左派系紙「ターゲスツァイトゥング」の経済環境部長に
「日本でドイツのエネルギー転換はどう受け止められているか」と聞かれる場面があった。私は、カバンに忍ばせていた日本の雑誌記事のコピーを見せた。「ドイツ『脱原発』は大
失敗」という見出しの月刊誌と週刊誌。たちまち反問された。「なぜ大失敗だと?」・・・
彼はこう続けた。「エネルギー転換に携わる者には『誰もやったことがないけど、必要なことはやらねば』という理解がある。ドイツは豊かな国で技術力もあります。だからこそ他
国に先んじて変わらなければならぬという義務感がある。電気代を論じる前に、そういうコンセンサスがあることを理解する必要があると思います」・・・・
連邦経済エネルギー省次官、産業連盟や電力大手の専門家も取材したが、「実は原発に戻りたい」の気配はどこにもなかった。保守系紙が「原発回帰」を鼓吹することもない。原点
はチェルノブイリ原発事故(1986年)。以後、反原発運動が高揚。2000年、中道左派連立政権が「脱原発」を決めたものの、10年暮れ、メルケル首相の保守中道連立政権
が原発延命へ転換。その直後、福島の事故が起き、メルケル主導で「脱原発」へ戻った。それを、物理学者でもあるメルケルの英断と考えるか、政権維持を優先した権力者の本能と
見るかは評者の価値観による。・・・・
フランスの原発半減も政権が代わればアテにならない。曲折はどの国にもあるが、ドイツの「脱原発」は不動と見える。ドイツは風力、バイオマス発電が伸びているが、送電線拡
充、バックアップの火力発電に課題を残し、議論が続く。その挑戦を美化する必要はないが、日本国内の、原発推進派の思惑が生む冷笑に惑わされるべきでもない。」

31.「質問なるほドリ:使用済み核燃料、保管は?=回答・酒造唯」毎日新聞 2015年02月17日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150217ddm003070087000c.html
「◇福島原発事故が契機 空冷の「乾式貯蔵」に注目・・・・」・・・・以下、時間があれば検索してどうぞ。

32.(広島)「広大フェニックスリーダー育成プログラム:放射線災害復興、被災地の研究成果報告 中区でシンポ、きょう専門家ら講演」毎日新聞2015年02月15日地方版
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20150215ddlk34040267000c.html
「原子力災害の復興に貢献できる人材育成に取り組む広島大学の「フェニックスリーダー育成プログラム」の第4回国際シンポジウムが14日、中区の広島国際会議場で始まった。
初日は国内外から約70人が出席し、プログラムに参加する大学院生がそれぞれの研究分野を発表した。15日は国際原子力機関(IAEA)や放射線防護の専門家らが講演する。
同プログラムは2011年3月の福島第1原発事故を受け、放射線災害や放射能から生命・環境・社会を守る人材を育成するため、広島大が12年秋に始めた4?5年一貫カリキュラ
ムの博士課程。・・・・・」
・・・・こんなことを原爆被爆地の大学のイニシアチブでやっているのですね!

33.(長崎で)被爆2世援護の法制化要請」長崎新聞2015年2月16日
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2015/02/16092635016580.shtml
「被爆者援護法に基づく被爆2世の援護施策創設に向け、全国被爆二世団体連絡協議会(山崎幸治会長、19団体)は15日、日本政府へ勧告を出してもらうよう国連に要請するこ
とを決めた。同協議会は2007年、▽被爆2世健康診断にがん検診を追加▽健診結果に応じた医療措置の実施▽「被爆二世健康手帳」発行−を同法に盛り込むよう求める約37万
人分の署名を厚生労働省に提出。しかし、遺伝的影響の科学的知見が得られていないとして厚労省は応じていない。同協議会はこの日、長崎市筑後町の県教育文化会館で交流会(最
終日)を開き、約50人が参加。・・・・」

◎今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
5面下方に、
34.「福井県 第3子から保育無料」・・・記事中に原発という文言はないが原資は原発関連交付金でしょうか??
・・・・かつて、週刊誌で全国一住みやすい県として何度も紹介されたが、原発が14基もあることが改めて認識される今果たしてどうでしょう??

7面下方に、衆院代表質問の詳報として、原発関連のやり取りも見えます。安倍首相の相変わらずの答弁を伝えています。

27面九州経済面下方に小さく、28.の記事、

20面生活面に、
「家族百景機(刃其軌蕕鮃佑┐襦繕妓集会から 原爆「聞く」から「発表」へ 群読劇で心情理解」
29面社会面に、
「核被害フォーラム 11月に広島で開催」西日本2015年02月17日 00時51分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/146014

◎昨日のしんぶん赤旗の1面では、次の行動が告知されてしました、
「0308 NO NUKES DAY 反原発★統一行動 〜福島を忘れるな!再稼働を許すな!〜」
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=5791
・・・詳細は検索を、この時期、3月11日をはさんで8〜15日を中心に全国各地で取り組みあると先日紹介されています。

今朝は以上です。(2.17.4:47)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyu

★ 前田 朗 さんから:
神奈川新聞です。
ヘ イトスピーチと朝鮮学校補助 「差別認識の二重基準」
http://www.kanaloco.jp/article/84112/cms_id/126154

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
  1/21川内原発異議申立て口頭意見陳述会
   総まとめ
http://tinyurl.com/n3f7l2f

●「さよなら原発!福岡」例会 2月23日(月)18時30分から●
福岡市人権啓発センター
場所:福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
「さよなら原発!福岡」ホームページ
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

● さよなら原発!3・11福岡集会●
 <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会
 福岡市立中央市民センター 午後6時開場 上映6時30分
参加費:500円
上映会チラシ  http://tinyurl.com/lk26ckl

<託児室があります。>
事前予約申し込み連絡先 電話090-5721-6218(そがべ)
メール hendrix1965317 at gmail.com (あさの)
<24時間以内に確認メールを送りますので、
このアドレスからのメールを受信できるように設定お願いします。>

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
    判決公判 2015年3月20日(金)15時、佐賀地裁。
     ホームページ http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数  総数8962(1/29現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
        午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

☆九電本店前ひろばカンパよろしくお願い致します☆
    【カンパ振込先 】
<郵便振替>
   口座記号番号 01770−5−71599
   加入者名  さよなら原発!福岡
<通信欄に「ひろば」とよろしくお願い致します。>
<他金融機関からの振込用口座番号>
  一七九(イチナナキュウ) 店(179) 当座 0071599 
○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内