[CML 036295] 2/22(日)シンポジウム「原発と差別、戦後日本を再考する」@在日本韓国YMCAアジア青少年センター(水道橋)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 2月 16日 (月) 00:10:09 JST


紅林進です。

先ほど転載させていただきましたシンポジウム「原発と差別、戦後日本を再考する」
のご案内ですが、肝心の転載部分が送信されなかったようですので、再送させて
いただきます。

予約申し込みは、Eメールで下記へということで、先着定員100名ということですが、
残席はわずかのようです。
222sengoshi at gmail.com 


(以下再送、転送・転載歓迎)

シンポジウム「原発と差別、戦後日本を再考する」

●日時: 2015年2月22日(日)13時半開場、14時開始 〜18時
●場所:
在日本韓国YMCAアジア青少年センター9階
101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-5
JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
アクセス http://www.ymcajapan.org/ayc/hotel/jp/access-access.html


●プログラム
1.問題提起 
  崔勝久(原発メーカー訴訟原告 NPO法人NNAA事務局長)
2.講演
  小出裕章(京都大学原子力研究所)
   「原子力平和利用は差別の上に成り立った」
  白井 聡(文化学園大学)
   「戦後日本にとって原子力とは何であったか」
3.総合討論
  コメント 大野光明(大阪大学) 
  参加者:白井聡、小出裕章、崔勝久、朴鐘碩、大野光明
  会場参加者との質疑応答
司会・進行: 加藤千香子(横浜国立大学)・番匠健一(立命館大学)
●主催:2.22シンポジウム実行委員会
●共催:NPO法人NNAA
●協賛:原発メーカー訴訟の会、原発体制を問うキリスト者ネットワーク(CNFE)
●参加費1000円
●事前予約可 222sengoshi at gmail.com 
 (先着定員100名。定員になり次第、お申し込みをしめきらせていただきます)


CML メーリングリストの案内