[CML 036289] 『目指す理想はアパルトヘイトの南ア連邦だった』本気で日本を潰す心算の産経新聞と安倍晋三のブレーン曽野綾子

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2015年 2月 15日 (日) 21:07:31 JST


M.nakataです。

メールをありがとうございます。

 (転送拡散歓迎)
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
   ◆『極限まで右傾化した日本の劣化が止まらない』 思えば遠くにきたものだ
   逝きし世の面影ブログ記事をご紹介。
   『日本国内では大成功でも、アメリカの教科書出版会社に圧力をかけた日本政府の愚行』他。

  
   溜息が出る恥ずかしい限りの、安倍政府と、日本の官僚たち・そして、事なかれ主義の牙を抜かれた、
   存在感なしの共産党を含めた、こしぬけ野党国会議員たち。世界にはこれは通用しませんね。
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

 < 貼り付け開始>
_______________________________
2015年02月15日 | 政治

逝きし世の面影 ブログ

◆ 『目指す理想はアパルトヘイトの南ア連邦だった』本気で日本を潰す心算の産経新聞と安倍晋三のブレーン曽野綾子
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/ce7366ce58da1331bd5ee572fd303f9e


◆曽野綾子氏コラムに「アパルトヘイトを賛美し、首相に恥をかかせる」海外メディア報じる
作家の曽野綾子氏が『日本でも移民を受け入れた上で、居住区を分けた方がいい』と2月11日付の産経新聞コラムで主張した件について、ロイターやウォール・ストリート・ジャーナルといった海外メディアが、批判的に報じている。


曽野氏はコラムで人種隔離政策(アパルトヘイト)を実施していた南アフリカを引き合いに出し、日本も移民を受け入れ、人種ごと居住区を分けたほうが良い、と主張していた。

『もう20?30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった。』(産経新聞 2015/02/11付 7面)

このコラムを受けて、刺激的な論説で知られるアメリカのウェブメディア『デイリービースト』は、『新聞コラムニストが日本にアパルトヘイトを望む』という見出しで、曽野さんが安倍晋三首相の教育再生実行会議に加わっていた、いわば首相のブレーンだったことを詳細に記述。

取材に対し、『曽野綾子さんのコラムはいつも掲載している連載もの。多様な意見があるべき、と考えるのは自然』と産経新聞はコメントしたという。

▼ロイターも『政府のブレーン、アパルトヘイトを賛美し、首相に恥をかかせる』との見出しで報じ、
政治評論家の感想として、『日本にダメージを与える発言。(オリンピックを控えた)東京は海外からのイメージダウンを避けようと必死になるだろう』と書いている。


また、▼アメリカの大手経済紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』はブログで、『もし記事に誤りがあるなら、私はそれを正します。私も人間ですから、過ちを犯します。しかしこの記事について、誤りがあるとは私は思いません』という曽野さんのコメントを掲載している。

メディアだけでなく、アフリカに関する活動を行っている▼NGOアフリカ日本協議会も、コラムに抗議する声明を発表。曽野氏に謝罪と記事の撤回を求めている。

このコラムが掲載された2015年2月11日は、故ネルソン・マンデラ氏が釈放されて、ちょうど25年目にあたる日でした。
その記念すべき日に、▼南アフリカの人びとが命をかけて勝ち取ったアパルトヘイトの終焉と人種差別のない社会の価値を否定するような文章が▼社会の公器たる新聞紙上に掲載されたことを、私たちはとても残念に思います。


◆『日本国内では大成功でも、アメリカの教科書出版会社に圧力をかけた日本政府の愚行』

米出版社、従軍慰安婦記述巡る教科書訂正を拒否

2015年1月、数研出版が、教科書から従軍慰安婦と強制連行の記述削除を文科省に申請した。この申請は認められ、新年度から使われる高校公民科の教科書で反映される。同社は訂正の理由を『客観的事情の変更等』としている。

米国の公立高校向けの世界史教科書に対しても、日本政府(外務省)は、従軍慰安婦の強制連行問題で『重大な事実誤認がある』として、アメリカの大手教育出版社マグロウヒル(本社・ニューヨーク)に訂正を申し入れていた問題で、同社は『執筆した学者は慰安婦の歴史的事実に基づいており、我々は疑う余地なく著者の記述、研究と説明を支持する』と訂正を拒否した。


いくら日本国内の教科書出版会社で大成功し、朝日新聞も屈服させたからといって、アメリカでも同じ手法が成功するなど有り得ない。日本国政府(外務省)ですが曽根綾子以上の井の中の蛙状態である。


http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/ce7366ce58da1331bd5ee572fd303f9e

<略>





CML メーリングリストの案内