[CML 036261] 2/17(火)「福島から考える日本の家族農業の未来」@日仏会館(恵比寿)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 2月 14日 (土) 01:17:35 JST


紅林進です。


2月17日(火)に東京・恵比寿の日仏会館で開催されます
下記シンポジウムのご案内を転載させていただきます。

要申込で、申込は下記サイトからとのことです。
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2015/02/17/20150217_agriculture_familiale/index_ja.php

(以下転載)

福島から考える日本の家族農業の未来

2015年02月17日(火) 9:30 - 18:00
日仏会館 フランス国立日本研究センター
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿
3-9-25
日仏会館フランス事務所
TEL 03-5421-7641 / FAX 03-5421-7651 
恵比寿駅東口から「動く歩道」経由で徒歩10分ぐらいのところにあります。

【趣旨】
2014年は、国連が制定した国際家族農業年。環境に負荷をかけない、家族農業が見直されている。震災から4度目の春が来る今、日本の小規模農業のありかたを、福島を起点に問い直す。キーワードは一楽の「提携」である。原発に壊された農と人の輪の修復に、分かち合いの思想が意味をもつのではないか。一楽は「提携」を、農産物を商品にしない唯一の方法と考えていた。70年代の日本で、食と農の安全を求めて立ち上げられた産消「提携」。それに習って、フランスで2001年に誕生したアマップ(農民農業を支える会)。両者の実践に耳を傾け、時代と文化の特性を考慮しつつ、家族農業の明日を展望 
する。

PDF版プログラム
http://www.mfj.gr.jp/agenda/_data/20150217_agriculture_familiale_jp.pdf

【登壇者】
雨宮裕子(レンヌ第2 大学)
マルク・アンベール(レンヌ第1 大学)
エルワン・アンベール(有機野菜生産者)
金子美登(有機農家)
亀田俊英(農民連福島県連会長)
境野米子(食生活評論家)
末原達郎(龍谷大学)
西川潤(早稲田大学)
古沢弘祐(國學院大學)
星寛治(農民詩人)
桝潟俊子(淑徳大学)

【司会】
池上甲一(近畿大学)
勝俣誠(明治学院大学)
吉川成美(早稲田環境塾)

【主催】
 日仏会館フランス事務所、レンヌ第2
大学日本文化研究センター
【助成】 フランス財団
【協力】 農民連、有形デザイン、NPO法人野馬土、アマップデプレヌッフ

http://www.mfj.gr.jp/agenda/2015/02/17/20150217_agriculture_familiale/index_ja.php


CML メーリングリストの案内