[CML 036257] 【案内】3・2福岡九電本店総行動への結集呼びかけ

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2015年 2月 13日 (金) 13:47:50 JST


木村(雅)です。
重複送信をご容赦願います。
転送・転載を歓迎します。

(阻止ネット事務局からの呼びかけ)

 九電に川内原発再稼働のスイッチを押させない!
 3・2福岡九電本店総行動に全国から結集しよう!
 
  ★九電は30km圏全地域で住民説明会を開催せよ!
      九電は30km圏全自治体議会の同意を得よ!
  ★九電は法律違反の工事、違法工事の釈明をせよ! 
  ★九電は工事計画認可補正申請書の白抜きでの公表について釈明せよ!
                        再稼働阻止全国ネットワーク
 
 全国の皆さん!3・2福岡九電本店総行動が間近に迫ってきました。そこで改めて再稼働阻止全国ネットワークとしてこの行動への全国からの結集を呼びかけます。
  昨年12月、鹿児島での討論集会でいよいよ九電に的をすえて、九電に再稼働のスイッチを押させない行動に取り組んでいくことが確認されました。その当面の最大の焦点が3・2福岡九電本店総行動として鹿児島から呼びかけられています。再稼働阻止全国ネットワークもこれに全力で応じていこうではありませんか。
 <鹿児島からの呼びかけ> 
  川内原発の再稼働は、5月以降ないしは夏以降に伸びたと報道されています。 しかし、今の段階で、九電にくさびを打ち込むことができないなら、行動が遅くなればなるほど止めることは難しくなります。 いまや、主要な敵は九電です。 3.2は極めて重要な、行動だと考えます。3.2に向けて、鹿児島から、各県の平和フォーラム、各県の県労連への呼びかけも進んでいます。これまでも、緊急全国署名のお願いなどを通じてメールでご連絡していましたが、各県の市民運動の皆様も、3.2に最大限の結集をお願いします。何千人という人の波で九電を包囲しようではありませんか。昨日、山口集会で、お話をさせていただき、3.2にバスを出そう、とうれしいお話をいただきました。
 1、川内原発の再稼働の前に、最低限30km圏内9自治体で住民説明会を開催すること。 
 2、川内原発の再稼働について最低限30km圏内9自治体全ての正式な議会の議決を得る  こと。 
 3,説明を求める住民に対しては、30km圏内外にかかわらず説明会を開催すること。 
  この、当然の要求を、九電に飲ますことから、具体的に止める動きを作ろうと、鹿児島では考えています。
 
  再稼働阻止全国ネットワークではこの鹿児島からの要求に連帯して緊急署名に取り組んでいます。
  それに加えて、この間問題化しつつある九電の再稼働に向けた工事が「原子炉等設置規制法」違反であり違法工事であること、および工事計画認可補正申請書の 白抜き公表の隠蔽主義等について、是非ともきっぱりした説明を求めるべく追及したいと思います。九電東京支社への申し入れに対して、本店でしか分からないというのが彼らの回答であったが、ならば福岡の九電本店で問いただそうではありませんか。九電に再稼働のスイッチを押させないために九電本店総行動に結集しよう!

 3月2日(月)13時 九電本店前集合・全体集会〜九電包囲デモ〜本店前総括集会
 「要請団」は九電本店内に入って社長(またはそれに準じる役員)に要請ー確約を求める
 
 なお、宿泊される方は、自分で宿の確保をお願いします。
 
                              (以上です。) 


CML メーリングリストの案内