[CML 036239] 金城さんは語る

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 2月 11日 (水) 23:24:22 JST


 坂井貴司です。
 
 「建国」記念日の2月11日、これに抵抗する「2.11反ヤスクニ福岡集会」
が開催されました。
 

 沖縄靖国訴訟の原告であり、反戦をテーマにした作品を製作してきた彫刻家の
金城実さんが講演しました。金城さんは、映画『獅子たちの抵抗』(2014年
 西山正啓監督)に出演もしました。

 金城さんの両親は天皇を崇拝する模範的な「大日本帝国臣民」でした。太平洋
戦争が始まると父親は、「祖国日本のためにこの身を捧げるべきだ」と幼い実さ
んをおいて19歳で陸軍に志願しました。各地で戦い、沖縄からはるか遠く離れ
たブーゲンビル島の戦いで戦死しました。24歳でした。
 母親は沖縄戦で実さんの手を引いて逃げ回りました。生き残った母は、「実を
立派な日本人に育ててくれ」という父の遺言に従い、厳しく教育しました。「立
派な日本人になれ」と言う母に反発して実さんは、「父は犬死にだった」と言っ
て言い争いました。

 彫刻家となった金城さんは、凄惨な集団自決を記録するチビチビリガマの像を
共同制作しました。その像が日の丸焼却の報復として右翼に破壊されました。金
城さんは両親の生き方は幻想だったと思い知らされました。そして沖縄靖国訴訟
を起こしました。その原告団に金城さんの母がいました。  

 金城さんの講演です。

 「あの戦争で犬死にしたことを犬死にとは言わず、英霊と言うことは、子ども
や孫に対して嘘をつくことになります。それは彫刻家として許されることではあ
りません。日本人の99パーセントに喧嘩を売ることになりますけれど、私はそれ
でも喧嘩を売ります」

 「沖縄にとって安倍晋三首相一族は疫病神です。安倍首相の祖父の岸信介は、
本土のアメリカ軍基地を沖縄に移しました。それで沖縄に米軍基地が集中するよ
うになりました。叔父の佐藤栄作は「核抜き本土並み返還」と嘘を言って沖縄県
民を騙しました。そして安倍首相は『丁寧に説明する』と言って、警察を使って
辺野古に米軍基地を建設しています」

 「沖縄靖国訴訟野おかげで、大学落第六年の私は必死で勉強しました(^_^)。こ
の裁判を弁護士に任せてはいけないと思ったからです。沖縄戦を体験した者の怒
りと悲しみを持って裁判を闘う必要があったからです。
 弁護士はどうしても法廷での駆け引きに勝つことを目的にします。それではあ
の戦争を経験した者の思いをぶつけることはできません。だから私は法律を勉強
しました」

「沖縄靖国訴訟の原告の一人はクリスチャンでした。
 裁判長は『あなたはクリスチャンですね。では日本の伝統的な仏教や神道をど
う思いますか』と質問しました。
 その人は『伝統は素晴らしいと思います』と答えてしまいました」

「沖縄靖国訴訟を日本本土のマスコミは報道しませんでした。それに対して、琉
球新報や沖縄タイムズなどの沖縄のマスコミは大きく報道しました。これによっ
て、沖縄では靖国神社はタブーではなくなりました。これは良い変化になりまし
た」

 「私は今の天皇は、人間的には良い人だと思います。なぜなら父親の裕仁が何
をしたのかを学んでいるからです。沖縄についても本当に良く勉強しています。
 それに比べて、安倍首相をはじめ若い政治家たちは何も学んでいません。天皇
を担いで戦争を始めようとしています」

 金城実さんとの質疑応答です。

「以前は冗談だった琉球独立論が、今ではリアルな話題になっています。そのこ
とについてどう思いますか?」

「琉球独立論と本土復帰論は、沖縄戦終結後の捕虜収容所で同時に生まれました。
 独立論は徳田球一など弾圧されていた共産主義者や社会主義者が中心になって
唱えました。 
 それに対してアメリカ帰りの人達が中心になって本土復帰論を唱えました。依
拠したのは米兵が捨てた雑誌を読んで知った大西洋憲章でした。彼らは東京に行
き、在東京の沖縄出身者と合流して本土復帰運動を組織化しました。

 アメリカ統治下の琉球政府の立法院選挙で、独立派の候補者は全員落選しまし
た。これによって独立論は一時消えました。

 独立論が復活したのは1995年の少女暴行事件です。独立論を考える団体がたく
さんできました。その人達はあの県民集会でビラをまき、「琉球独立」の旗を掲
げました。これで注目を浴びるようになりました。

 現在、本土による沖縄いじめを見て「もはや独立しかない」と考える人々が増
えています。独立という選択肢を突きつけて、本土政府と闘うべきだと言う人も
います。

 私は先日、アルゼンチンに行きました。この国には沖縄出身の移民がたくさん
います。『沖縄が独立して日本から経済封鎖を受けたら、アルゼンチンの私たち
沖縄移民が食料を送るなどして助けます。心配しないで独立してください』と言
われました」

 「沖縄から米軍基地を撤去したら、中国軍が沖縄を占領する、チベットやウィ
グルのようにやられる、だから米軍基地は沖縄に置くべきだ、という声が必ず帰
ってきます。沖縄の人々は、中国の脅威を感じているのでしょうか」

「本土の人々は沖縄に米軍基地を置くことは日本の安全保障に必要不可欠だ、と
言いますね。いわゆる『地政学』というやつです。

 尖閣諸島を石原慎太郎が買い上げる、野田首相が国有化すると言った時、沖縄
県民は笑いました。

 『どうなろうが、沖縄を犠牲にすることしか本土の連中は考えていない。まと
も付き合うのはバカらしい』と思ったからです。

 本土では盛んに開催される尖閣諸島を守る集会は、沖縄では一回も開催された
ことはありません。中国が沖縄に攻めてくることなぞ、沖縄県民は誰も考えてい
ません。
 
 中国が攻めてくるぞと産経と読売が騒いでいますね。あれは新聞ではありませ
ん」

 「若者が絶望する国は、汚い国です。何が美しい国日本ですか」

 集会の後、参加者160人(例年よりも多いそうです)は、警固公園へデモ行進し
ました。

 金城実さんが集会の最後に発言しました。

「ファシズムは空気です。その空気を読み取る事が重要です。
 今の状況を放置すれば、この公園で遊んでいる子どもたちは、10年ぐらいで兵
隊になるでしょう。その時、『お父さんや、おじいちゃんは何をしていたの?ど
うして私は兵隊にならなきゃいけないの?』と孫や子どもたちに問い詰められる
でしょう。
 そうならないために、私たちは闘うのです」
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内