[CML 036235] 沖縄と3.11をきっかけに『永続敗戦論―戦後日本の核心』を書いた白井聡さんが今日2/11大津で話されます

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2015年 2月 11日 (水) 07:24:07 JST


沖縄と3.11をきっかけに『永続敗戦論―戦後日本の核心』を書いた白井聡さんが今日2/11大津で話されます


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

2/11水曜日に滋賀県大津市で、
白井聡さんがお話されることを教えていただきました。

白井さんは、
その著書
『永続敗戦論――戦後日本の核心』(太田出版)のきっかけを
沖縄と3.11だと述べておられます。
(・・・
 ひとつには、二〇一〇年の鳩山由紀夫政権の崩壊劇である。
普天間基地を国外ないし沖縄県外に移そうとして政権は倒れた。
この事件は、本質的に言えば、「アメリカの意思」と「日本国民の意思」のどちらをとるか取捨選択を迫られて、前者をとらざるを得なかった、ということだ。
・・・
 第二のきっかけは三・一一、とりわけ福島原発の事故だった。
原発の重大事故に際して電力会社がひどい振舞いをするということは、私にとって想定内だった。
「想定外」だったのは、「安全神話」を守るための努力すらもきわめて不十分であったこと、
そして国家と市民社会の事故への反応であった。
国家の次元に関して言えば、SPEEDIのデータを国民には秘密にしながら米軍には流していたということをはじめとして、
要するにこの国の体制は
「国民の生命と安全を守る」ということに基本的に関心がない、ということがわかった。
・・・)

(※永続敗戦論からの展望 
 白井 聡(さとし)
http://www.alter-magazine.jp/index.php?%E6%B0%B8%E7%B6%9A%E6%95%97%E6%88%A6%E8%AB%96%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%B1%95%E6%9C%9B%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E7%99%BD%E4%BA%95%E3%80%80%E8%81%A1
を、ぜひお読みください。)

2.11滋賀集会

白井聡さんの講演
テーマは「永続敗戦論〜今何が進行しているか!?」
日時、2月11日(水・休日)
14時〜 受付13時30分〜

会場 解放県民センター光荘 大津市におの浜4丁目1−14
 077-522-8253

協力券 1,000円

問い合わせ先  077-524-9970


集会について詳しくは、下記をお読みください。


今年も、2.11滋賀集会へ


木村です。近づいてきました。あなたも友人ともにご参加を。
////////////
安倍政権によって、『積極的平和主義』という戦争への道が進められる中で、
毎年2月11日(旧紀元節)に開催されるこの集会は、
さらに的を射たものとなっています。
そのことは決していいことではないのですが、
安倍が戦争政策等を進める以上、一歩も引くことはできないということです。
ぜひ、多くの皆さんがご参加ください。

今年は、『永続敗戦論』の著者、白井聡さんの講演です。
テーマは「永続敗戦論〜今何が進行しているか!?」
日時、2月11日(水・休日)14時〜 受付13時30分〜
会場 解放県民センター光荘 大津市におの浜4丁目1−14 077-522-8253協力券 1,000円
問い合わせ先  077-524-9970

白井聡さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%BA%95%E8%81%A1

永続敗戦論からの展望 
 白井 聡(さとし)
http://www.alter-magazine.jp/index.php?%E6%B0%B8%E7%B6%9A%E6%95%97%E6%88%A6%E8%AB%96%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%B1%95%E6%9C%9B%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E7%99%BD%E4%BA%95%E3%80%80%E8%81%A1

紀元節
  [「建国記念日」は決して祝日ではなく、天皇制と戦争につながる日です]
1872年に日本政府が「神武天皇即位の日」と捏造して制定した祝祭日。
当初は紀元節と呼ばれた。
天皇を神聖化した宗教国家の儀式として天皇崇拝を普及する役割を果した。
日本敗戦後の1948年に紀元節は廃止されたが、平和条約締結前後頃から保守・右翼勢力が紀元節復活を企み、1957年に保守・右翼の代弁政党である自由民主党によって法案が提出されたが、社会党の反対により廃案。
しかし、保守・右翼勢力は執拗に法案提出を繰り返し、佐藤内閣時の1966年に成立した。

木 村  幸 雄


※白井聡さんと赤坂真理さんの対談がウェブで公開されています。よろしければお読みください。

週プレNEWS TOP > ニュース > 政治・経済 > 沖縄県知事選直前対談 白井聡×赤坂真理「沖縄こそがあるべき日本の姿。怒りを忘れた本土は国として死んでいる!」(PART1)

http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/12/38751/

http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/12/38751/2

(PART2)
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/15/39031/

http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/15/39031/2


(PART3)
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/16/39094/

http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/16/39094/2


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)












CML メーリングリストの案内