[CML 036233] 国賠で勝利えらいぞ福岡の サウンドデモの本人訴訟

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 2月 11日 (水) 06:51:34 JST


福岡からの絵葉書、じゃなかった写真葉書。ん、メッセージ・カード。

やったー! 国賠勝利、それも本人訴訟でだ。

おめでとう。

----------------------------------------------------- 以下、転載

*<福岡サウンドデモ裁判勝訴> <http://demosaiban.blog.fc2.com/blog-entry-53.html>*
僕ら原告側の勝訴です。
正直にいえば、国家権力とケンカするという国賠訴訟では、負けるのが殆どと言っていいくらい。
そのなかで勝訴というのは、いやー、嬉しいです。

判決要旨(長い判決文をまとめたもの)から部分的に抜き書きします。

*「野上警部補(交通課窓口の警察官)の誤教示及び同人による文書の破棄が、サウンドデモを行うための期待権を侵害したと
の限度で理由がある。いかなる態様でのデモ行進を行うかは、それが社会通念上相当性を欠く態様のものでない限り、表現の自由の範疇に属するものとして法的
な保護に値するというべきであるから、たとえデモ行進の実施自体が妨げられたわけではないとしても、上記のような期待権の侵害により、無形の損害が生じて
いるというべきである」*

「期待権を侵害した」って、すごい内容じゃないですか?
また後日に、判決文の中から他にもピックアップして、紹介したいと思います。

それは、今後僕らと次世代の人たちがデモや街頭行動をやっていくために、きっと「使えるアイテム」になるはずです。

国家賠償請求訴訟とは、お金という形で被害を訴えて、裁判所がその金額を決めますね。
今回の判決では、僕ら原告27人が請求した全員の満額でないのが残念ではありますが…道路使用申請に記載した
申請者としての福岡地区合同労組に(請求満額の)1万円の損害賠償が認められました。
お金の金額としては、とても小さな額ですが、賠償が認められた意味というのは、社会運動的にはとても大きな成果だと感じています。


ご支援していただいたみなさん、ありがとうございます!
しかし、被告(警察)はおそらく控訴すると思います。この判決が覆されないするために、またまた、みなさんのご協力が必要になると思いますので、その時はよろしく
お願いします!

原告いのうえしんぢ


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内