[CML 036232] 【集合時間厳守】2/14(土)世界資本主義フォーラム2月例会:遠藤公嗣氏「日本の社会システム これまでとこれから」

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 2月 11日 (水) 04:59:36 JST


紅林進です。

2月14日(土)に立正大学品川(大崎)校舎で開催されます下記
「世界資本主義フォーラム」の2月例会のご案内を転載させていた
だきます。

なおこの「世界資本主義フォーラム」は、「世界資本主義論」を提唱した
マルクス経済学者の故・岩田弘さんを囲んで行われてきた勉強会との
ことですが、私は最近参加するようになりました。

【注意】参加者は 必ず 13時50分 立正大学品川(大崎)校舎正門前
に集合してください。当日大学院入試のため、バラバラでは学内に入れ
ません。大学正門前に集合して、いっしょに学内に入ります。時間厳守で 
1時50分までに 正門前(大崎警察署横の坂道を上る)においで下さい。
1時50分集合、2時には中に入ります。遅れるとは入れなくなりますから、
くれぐれも遅れないように注意してくださいとのことです。
 
 
(以下転載、転送・転載歓迎)

世界資本主義フォーラム2月例会:遠藤公嗣氏「日本の社会システム これまでとこれから」
 
◇日時 2015年2月14日(土) 14時-17時 (集合時間厳守! 13時50分 正門前に集合)
◇講師 遠藤公嗣(えんどう・こうし)
1950年岡山県生まれ。1974年東京大学経済学部卒業。1990年経済学博士(東京大学)。
現在、明治大学経営学部教授。専門分野は、人的資源管理と雇用関係。近著に『同一
価値労働同一賃金をめざす職務評価』(編著、旬報社、2013年)、『仕事と暮らしを取り
もどす――社会正義のアメリカ』(共著、岩波書店、2013年)、『個人加盟ユニオンと労働
NPO――排除された労働者の権利擁護』(編著、ミネルヴァ書房、2012年)ほか。
 
◇ テーマ 「日本の社会システム これまでとこれから」
講師からの要望:参加者は事前に、遠藤公嗣著『これからの賃金』旬報社(2014/10/25) 
とくに第3章・第4章を読んでおいてください。
 
【遠藤公嗣『これからの賃金』「はじめに」より】
…賃金制度を議論した…文献のほぼすべての特徴は、事実上、「正規の、男性の、日本人
の、労働者」の賃金制度だけしか議論の視野に入れないことであった。彼らの賃金制度だけ
について、その欠陥はどうこうとか、今後はこれこれでなければならないとか、このように改革
すべきだとか、さまざまに議論され主張されてきた。経営者側に立つ文献はもちろんのこと、
労働者側に立つと主観的には思っているらしい文献もまた、ほぼ例外なく、この特徴を共有し
てきた。しかし現在の日本では、このような限定つきの議論は、労働者側に立つ主張としては、
致命的とすらいってよい欠陥だと思う。…
 
◇会場 立正大学品川(大崎)校舎 96Aゼミ室(9号館6階)
〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16  
大学地図 http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/
キャンパス地図 http://www.ris.ac.jp/introduction/outline_of_university/introduction/shinagawa_campus.html
 
【注意】 参加者は 必ず 13時50分 正門前に集合してください。当日大学院入試のため、
バラバラでは学内に入れません。大学正門前に集合して、いっしょに学内に入ります。時間厳守で 
1時50分までに 正門前(大崎警察署横の坂道を上る)においで下さい。1時50分集合、2時には中
に入ります。遅れるとは入れなくなりますから、くれぐれも遅れないように。
 
◇どなたでも参加できます。資料代 500円。
 
◇ 問合せ・連絡先
  矢沢 yazawa at msg.biglobe.ne.jp 090-6035-4686


CML メーリングリストの案内