[CML 036168] トレーダー2年服役そのあとで 調査活動「ブラック・フライデー」

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 2月 5日 (木) 07:09:23 JST


「ブラック・フライデー」 <http://www.nikkei.com/article/DGXDZO67410960W4A220C1NNK001/>
マイクル・シアーズ
<http://bookmeter.com/s?q=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BA>
ハヤカワ文庫 <http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/31297.html>

2年間、服役していた元・花形トレーダー。

出所時に「職員からの侵害に対して連邦政府は免除される」書類、「いかなる侵害もこうむっていない」書類に署名をさせられる。なんだい、それ書かないと釈放されないのか。13頁

出てはきたものの、仕事は無し。やむなく証券会社の調査を請け負う。

5歳のひとり息子は、広汎性発達障害
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E6%B1%8E%E6%80%A7%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3>
。元妻は、飲んだくれ。

事件は深みにはまっていく。さあ、どうするジェイソン。あっちもこっちも難問ばかり。

危機はチャンスと進みつつ、しだいに息子と繋がりを豊かにしていくジェイソン。

FBIは「保護観察中の身だろう」、逆らうな。さもないと刑務所に逆戻りだと、スパイ強要。314頁

第二作も読みたくなった。


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内