[CML 036132] <テント日誌2月1日(日) 経産省前テントひろば1240日目、商業用原発停止503日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2015年 2月 2日 (月) 14:58:21 JST


(転送します)

テント日誌2月1日(日)
経産省前テントひろば1240日商業用原発停止503

官邸前行動(後藤さんの死をいたむ)に参加した

今日も寒かった。
でも昨日よりは少しまし、昨日は強風に帽子は飛ばされるやら、裏に置いてあった脚立が倒れるやらと良くぞテントはとばされなかったと思うほどだった。
人質にとられていた後藤さんが殺害されたというニュースを聞いてMさんは喪章を用意して来た。官邸前で何か抗議行動でもあるのではないかと早々に来た人たちもいる。数人で喪章をつけて出掛けて行った。
昼頃国会議事堂の方から何やら右翼が叫んでいる声が聞こえてきた。
やがて外務省の方に街宣車が4台ほど行ったと思ったら戻ってきてテント前で叫び始めた。
「共産党出て行け!」「そこは国有地じゃない!歩道だ!出て行け」と訳のわからないことをわめく。丁度私は昼食をとっていて、外にはMさんだけが座っていた。

降りてきたらどうしようと思ったが、そのうち警官が来て彼らは去っていった。
タイミング悪く日の丸を持って現れた人が居ててっきり彼らの仲間だと思ったら、二本松出身の方で先日の渡辺一枝さんのお話会に来た方だった。そのときのもてなしに感謝してお礼に来てくれたそうだ。
律儀な人ですね。右翼が現れたのは久しぶり。人質事件などがあり規制されていたのだろうか?

2時ごろヨーカンさん、テントを心配してとたんぽぽ舎の女性も来てくれにぎやかになった。

午後からの川柳句会
乱さんが出した今日のお題は「寒い」と「強い」
強いの部
秀句
*雪の中つぼみほころぶ強い梅  のら
*脱原発テントがしめす強い意志 乾草
*強面は国内だけの内弁慶    芒野
*強さとは武力ではなく民力(たみぢから) 草地
*陰口にもうしろ指にも負けず生き  笑茸
特選
*弱くても弱さを見つめ強くなる  ひろこ

寒いの部
*保護切られ寒いだろうよストーブも 白真弓
*命絶え街の寒さに声ひびく      こうへい
*寒い夜明けてテントは陽のひかり  一酔
*寒い日は野宿者の人心寄せ    草地
*寒風に黒いリボンが揺れる日曜  ひろこ
特選
*腹ふくれ唇寒し記者クラブ     芒野

今日はレイバーネットの方などの参加もあり盛会だった。

川柳会の後、ヨーカンさんと私は官邸前でのサイレントアクションに参加した。
後藤さんを偲んで色々なメッセージを書いたプラカードなどを掲げてただじっと立っているだけ。プラカードには安倍を批判するものが多かった。

寒い中1時間立っているのは一寸辛かったが、参加してよかった。緊急の呼びかけなのに200人も集まった。
外国のメディアもたくさん来て参加者にインタビューしていたので参加者の思いは世界に広がるに違いない。
(I・K)


後藤さんの死をいたむ会話が続いた

夜も、後藤さんの死をいたむ会話が続いた。
早くから人質のことを知りながら、はるばる中東に出かけて「イスラム国」を刺激し、おまけに、イスラエルと日本の国旗を背景に記者会見した安倍首相、
後藤さんの家族の怒りは測り知れない。

続いて、≪日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか≫(矢部宏治、集英社インターナショナル)論議。
実質的にだけでなく制度上も日本が70年間アメリカに占領されている。天皇と9条と米軍駐留を盛り込んだ憲法の制定、砂川裁判後憲法判断をしない最高裁、米政府>日本政府、米との条約群>憲法+国内法、日米合同委員会の優越、などなど刺激的な事実。
米国務省が沖縄を非軍事化したうえでの返還を構想していたにもかかわらず、天皇の「沖縄メッセージ」と「ダレス(米国務省)へのメッセージ」により、米軍の沖縄駐留が70年間も継続されているとは!
米軍基地のための「日米地位協定」と同様、日本の原発政策を支配している「日米原子力協定」。「日米両政府は、是正措置をとるために協議しなければならない」と米が日を束縛。それ故に、野田政権は原発ゼロ政策閣議決定をつぶされた。鳩山政権の辺野古ゆえの崩壊の原因もそうか。
戦後70年間騙されてきた総ての「国民」が真実を知るべきだ。

月曜朝はマンデイブルーの出勤者にテントチラシを3人で撒いた。
今週は、4日(水)―5日(木)に沢山のアクションを盛り込んだ「川内原発再稼働阻止・原発いらない! 『鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション』」(東京・霞ヶ関)があり、週末にはテントの2.7集会だ。
(K・M)



今週はいろいろな行動や集会があります。是非、参加を!

「鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション」

川内原発再稼働阻止・原発いらない! 
『鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション』(東京・霞ヶ関)の案内
川内原発の再稼働に対して、原発現地・周辺住民のみならず全国の人々から再稼働NOの声が上がっています。東京電力福島第一原発事故の被害、放射能汚染水の状況、廃炉への道が見えない状況を考えるならば、川内原発はじめあらゆる原発の再稼働が認められるべきではありません。
 2月4日〜5日、鹿児島と福島の女性たちが霞ヶ関にかけつけ、川内原発再稼働反対を訴えます。詳細の予定がほぼ確定したので以下に案内します。
川内原発再稼働に反対する皆さん、各アクションに是非ご参加願います。

<呼びかけ>「原発いらない鹿児島の女たち」/「原発いらない福島の女たち」
<賛同団体>
賛同団体として、薩摩川内市の市民団体をはじめ、3.11鹿児島集会実行委、1千万人アクション、再稼働阻止全国ネットワーク、経産省テントひろばなどが加わり、全労協も賛同支援しています。
★第1日目-2月4日(水)
◆13:30〜15:00経産省申し入れ・抗議行動
◆14:00〜15:00原子力規制委員会抗議・申し入れ行動−六本木一丁目規制委員会
◆14:00〜16:15院内交渉集会−参議院議員会館B109
    14:00〜経産省  14:45〜規制委員会  15:30〜16:15内閣府
(提出済みの質問・要請書について、参議院議員会館で回答を得ることになりました)
◆15:30〜17:00首相官邸前抗議・申し入れ行動
◆17:30〜18:45九電東京支社抗議行動(主催:阻止ネット)−有楽町駅前電気ビル前

◆19:00〜20:15東電本店合同抗議−東電本店前
(呼びかけ団体:テントひろば/たんぽぽ舎、賛同106団体)
◆18:30〜19:45労働者集会−日比谷図書館コンベンションホール
(主催:全労協、開場:18時、終了後東電抗議行動に合流)

★第2日目-2月5日(木)
◆10:00〜テント前フリー集会−経産省前テントひろば
◆11:30〜12:10 霞が関ランチデモ 
11:15日比谷公園霞門集合、11:30出発、12:10日比谷公園中幸門解散
◆12:30〜15:00院内集会−参議院議員会館講堂
各地からのアピール/要請団の報告/議員への要請/参加者交流
★連絡・問合せ先    
【鹿児島県内】鳥原良子(鹿児島の女たち)090−9498−9308 
【福島】   黒田節子(福島の女たち) 070−5018−7478
【その他】再稼働阻止全国ネットワーク TEL070‐6650‐5549  fax03‐3238‐0797 メール:info at saikadososhinet.sakura.ne.jp 


 2、7集会 テント撤去原発再稼働を許すな!
18時30分〜20時30分 日本教育会館3F第一会議室
主催:経産省前テントひろば、テントひろば応援団


テントでの「お話と座談」(トーク)
2月11日(祝)午後2時から 最首悟さんのお話と座談(日程変更)2月13日(金)午後7時30分〜小熊英二さんのお話と座談連絡 テント(070−6473−1947)か三上(090-3908−7330)へ




CML メーリングリストの案内