Re: [CML 039238] 反省しないヒロヒト、反省しないA級戦犯~A級戦犯 ラジオ番組で語る 57年前の音源発見 「敗戦 我々の責任でない」~

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2015年 8月 20日 (木) 06:54:04 JST


檜原転石さん
お世話様

>しかしこの手法は日本では歴史修正主義者でもよく使われ、

歴史修正主義者と良く言われていますが
これは歴史改ざん主義者と言った方がより
正確ではないですか。


  (さいたま市 石垣敏夫)






反省しないヒロヒト、反省しないA級戦犯~A級戦犯 ラジオ番組で語る 57年前の音源発見 「敗戦 我々の責任でない」~ 

檜原転石です。

ヒロヒト──「国民の付和雷同性が戦争防止を困難ならしめた原因の一つでもあっ
た」、これってすごくない?侵略戦争で世界一の金持だった奴の言葉ですよ。こ
のお笑い無責任体制は原発災害でもそのままで、犯罪者の誰も責任を感ぜず、平
気で再稼働もしますし、被曝の危険を言うとデマだと言われてしまう。確かに放
射性物質で「今すぐ死んでも誰も調査しない」し、放射性物質は「人をゆっくり
殺す」から、無責任の居直りでも通用してしまう。

小出裕章がよく言う──【放射線管理区域 1.3mSv/3ヶ月  0.6µSv/h 40000㏃
/屐曚日本の至る所にあっても、「健康に直ちに影響はない」という言説で騙
されてしまう。このCMLで原発右翼の東本さんがすがっているのも、この言説
なので、10年後には通用しないのは明白だが、今のところは大丈夫のようだ。

森の1部の枯れ木を見つけて、この森は枯れ木ばかりだと言う人がいれば、その
人は間違っている。しかしこの手法は日本では歴史修正主義者でもよく使われ、
例えば著書の掲載写真が1つでも間違っていたら、著書の主張のすべてが出たら
めと右翼に喧伝された。

★(東本さんへの再投稿)

要するに、あなたの見解は、バンダジェフスキーの論文も論文集『調査報告
チェルノブイリ被害の全貌』も誰々がデタラメだと言っているようだから、これ
らを根拠に放射線についての影響を話す人もデタラメだということですか?

それとも、あなたはそういう主張をしている人を紹介しているだけで、上記論文
も読んだこともなく、これからも読むつもりもなく、見解など何もなく、反原発
運動が上記論文に多くを頼っているから、左翼の根腐れ問題を批判しただけだと?

で、聞きますが、上記の論文が半分は正しいと仮定した場合、あなたの見解はど
う変わりますか?

さらに上記論文の25%が正しい場合はどうですか?

又、あなたに聞きますが、国際放射線防護委員会(ICRP)が現在採用してい
るリスク推定(10,000人が公衆の年間被ばく線量限度である1mSv被ばくするとそ
の中の0.5人ががん死する)について、あなたはどう思いますか?

あなたが勉強してあなたの頭で考えて下さい。


★小出「はい。えー、日本の場合には、福島原子力発電所がえ……まあたまたまと
いうか必然的にというか、海岸線に立地していて、放射能のかなりの部分は海へ
落ちましたので、えー陸側を汚染したのは、う……まあ……何分の1かだったわけで
すね。え…それでも、多分、2万平方キロメートル、あるいはもう少し多いかも
しれないぐらいのところが放射線の管理区域にしなければいけないだけの汚染を
受けています。」

▼放射線管理区域(4万Bq/)に数百万人が、普通に暮らす
─という違法状態を直視すべき
http://www.jimmin.com/htmldoc/151501.htm

▼捏造された「平和主義者」としてA級戦犯を嫌悪することは当然必要です
(2006年)

忘却したい、向き合いたくない・・・ということは、ヒロヒトはその程度の、そ
う図太くない神経であったとも受け取れるわけですが・・・、私としては、そうで
はない利己的な図太い人間が、罪をなすりつけた工作をただ全うしただけだと受
け取っています。だから捏造された「平和主義者」としてA級戦犯を嫌悪するこ
とは当然必要です。もちろん図太い人間は忘れる能力も優れているでしょうか
ら、忘却したかったのも事実でしょう。


「国民の付和雷同性が戦争防止を困難ならしめた原因の一つでもあった」とう
そぶいたヒロヒト、オモチャ3個を持って大穴に本気で隠れようとしたヒロヒ
ト、利己的目的だけのために国土をうっぱらったヒロヒト、「原爆をやむ得な
い」と言ったヒロヒト、自衛隊を増強せよと言ったヒロヒト、1958年、来日
したニール・マケルロイ米国防長官に対して――「強大なソ連の軍事力から見る
と、北海道の脆弱さに懸念を持っている」と言ったヒロヒト、・・・それらすべて
は天皇教を未来永劫維持する使命で説明できます。というわけで神がかった利己
的人間は完全に工作を全うするものだと私は確信しています。


▼2013年8月13日朝刊

A級戦犯 ラジオ番組で語る 57年前の音源発見 「敗戦 我々の責任でない」

http://www.kochinews.co.jp/18janataisho/130813taisho.html


CML メーリングリストの案内