[CML 039186] 泉佐野市が育鵬社教科書採択を

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 8月 17日 (月) 00:04:46 JST


 坂井貴司です。
 
 フェイスブックで知りました。
 
  大阪市は、育鵬社の教科書を採択しませんでした。

 しかし、大阪府南部にある泉佐野市は採択する可能性が大きいと言われていま
す。
 
 採択阻止のための行動要請です。
 
 (ここから)
 
東大阪で教育を考える会

 教科書採択が大詰めを迎えています。

 市長が教育再生首長会議に参加している大阪府和泉市の教科書採択が8月13日に
行われ、育鵬社が採択されるのではないかと心配されていたのですが、歴史・公
民ともの不採択でした。

 今後、大阪府下で育鵬社が採択される可能性が高いのは、8月19日に教科書採択
会議を行う泉佐野市です。

 泉佐野市の千代松市長は、育鵬社の共同事業者である日本教育再生機構と近い
関係にあり、市議会議員時代の2009〜2010年に日本教育再生機構の泉佐野支部長
をつとめ、市長就任後も日本教育再生機構泉佐野支部講演会で講演を行っていま
す。
 千代松氏は「橋下政治」を泉佐野市で再現し、大阪府、大阪市に続き、「国旗
・国歌」条例=「君が代」斉唱強制条例を成立させ、市長の教育権限を強化する
市教育行政基本条例、公務員・組合を規制する「職員基本条例」を次々成立させ
るなど「橋下政治」そのものです。
「はだしのゲン」を学校図書館から排除したのも千代松市長と中藤教育長であ
り、 本年5月末に千代松市長は、中藤教育長を新教育長に任命しています。これ
らの状況から泉佐野市は育鵬社採択の危険性が高いと考えられます。
8月19日の採択当日は、傍聴と同時に会場前でのアピール行動を行います。是非ご
参加ください! 

(ここまで)

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内