[CML 038984] 岐路に立つ原爆の語り部

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 8月 5日 (水) 21:05:46 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 今年は広島と長崎に原子爆弾が投下されてから70年です。被爆者の平均年齢
は80歳を越えました。

 被爆者の高齢化は、日本や世界にむけて原爆の惨状を伝える「語り部」の活動
を難しくさせています。

 反戦平和、反核兵器の動きを形成するのに大きな役割を果たしてきた原爆の
「語り部」の活動が、危機を迎えています。

 その状況を取り上げます。

 NHK総合
 クローズアップ現代
 「ヒバクシャの声が届かない 〜被爆70年 “語りの現場”で何が〜」
 http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/
 放送日:8月5日
 放送時間:19時30分〜19時56分
 再放送:午前1時〜1時26分

 この番組には、中学生から「死に損ない」と罵声を浴びせられた長崎の被爆者
や、被爆者の発言を政治的に偏向していると途中で遮った長崎県島原市の中学校
校長が出演します。 
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内