[CML 038970] 「憲法より礼儀が大事」 さいたま市立指扇中学校学校長 学校だよりの巻頭言

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2015年 8月 4日 (火) 23:25:34 JST


巻頭言「憲法より礼儀が大事」

★「さいたま市立指扇中学校だより」

  7月1日発行に校長が書いた「憲法より礼儀が大事」が掲載されました



上田清司知事傘下、さいたま市三橋公民館の9条俳句不掲載に続き、またもや安倍政権への忖度(そんたく)か

                            (さいたま市 いしがき)

以下転載です 


1日埼玉新聞と夕刊の東京新聞に掲載された<さいたま市立指扇中学校新井敬二郎校長の7月学校

便り、巻頭言「憲法より礼儀が大事」主張文章問題>。

これは30日には地域の市民が教育委員会に憲法軽視の公務員遵守義務違反が子供たちに堂々と呼びかけられている事実の大変

さを知らせているし、メデイア取材に五十嵐佳一教育部長や稲葉泰久教育長が当事者を今日にも事情聴取とか言ってるが、本質は今の

教育行政、教育委員会の体質にあります。

この新井校長は<憲法より礼儀は当然>と日ごろの自論を表しただけ。この中学校が何回にもわたり市の教育委員会の研究会開催

や研究指定の委嘱モデル校の沿革を見れば一目瞭然です。そこに配属の新井敬二郎校長です。

私たちは市民目線で教育委員会を問います。責任逃れ、責任不在を許しません。公務員とはなんたるか憲法とは何か、子どもや市民

主体とは何なのかを明らかにしていきたいと思います。

「九条俳句」市民応援団 さいたま市 武内 暁

★「指扇中だより」について

  7月1日発行の「指扇中だより」に、

校長が書いた「憲法より礼儀が大事」が掲載されたことについて、

  8月3日、教育委員会に事情説明を求めて有志で訪問しました。

・担当の教職員課長から以下のとおり説明がありました。

 岾惺擦世茲蝓廚蓮各学校で校長の裁量で発行している。

教育委員会として市民から情報提供があるまで知らなかった。

∨榮(8月3日)、校長を呼んで事情聴取した。

校長「礼儀が大事であることを伝えたかった」

「憲法も大事、礼儀も大事とまとめれば良かった」

     「反省している」

9月早々に校長会があるので、今回の問題を例に憲法について話したい。

  

・有志からは、〇情聴取した、で済む話ではない。責任が問われる問題だ。

読者に誤ったメッセージを出したままでは問題が続く。

「憲法より礼儀が大事」は適切でなかったと、謝罪すべき。




CML メーリングリストの案内