[CML 038957] ドキュメント「ひとりひとりの戦場」だ 最後の零戦パイロットなど

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 8月 4日 (火) 06:11:34 JST


映画「ひとりひとりの戦場 最後の零戦パイロット」 <http://eiga.com/movie/82328/> 楠山忠之
<http://www.cinematoday.jp/name/%E6%A5%A0%E5%B1%B1%E5%BF%A0%E4%B9%8B>・監督

>
日本の軍用機は、採用年次の皇紀下2桁を名称に冠する規定になっていた。零戦の「零式」との名称は、制式採用された1940年(昭和15年)は皇紀2600年にあたり、その下2桁が「00」であるためである。
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B6%E5%BC%8F%E8%89%A6%E4%B8%8A%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F>

英語は敵性語なんだから「れいせん」と言うべきなのに、ゼロファイター有名になっちゃったわね。

何度か出てくる演奏。アイヌの音楽みたいだなあと思ったら、ハワイの*イプヘケ
<http://www.pauskirtshop.jp/?mode=f20>*演奏だった。

8月15日から、ユーロスペース <http://www.eurospace.co.jp/>、横浜ジャック&ベテイ
<http://www.jackandbetty.net/>などで公開。

*救援連絡センター
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/0bade5042197bb8451a6af2f1e5eb1b1>*
仲間というので、監督から試写会に招待された。みんな、みてね。


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内