[CML 038939] 「逃亡」は脱獄なんだ清張の 文政年間...江戸模様

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 8月 3日 (月) 06:44:55 JST


「逃亡」
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%83%E4%BA%A1_%28%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%B8%85%E5%BC%B5%29>
松本清張 <http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/d0d44db43dd43df8bb614c445c607417>
光文社文庫 <http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334732714>

1964年『江戸秘紋』の題名で『信濃毎日新聞』など11紙に連載されたもの。

火事で脱獄。なるほどなあ。

4回脱獄した実話を描いた吉村昭の「破獄
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/3a76727867d79fb80aa25e904135457f>」
で興味をもったが、脱獄後の展開も面白かった上下巻の文庫。

悪徳「岡っ引き」に嵌められた青年。どうやって復讐しようか。

最後の山の中は、悪人ぞろぞろ。どうやって決着つけるのかと思った。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内