[CML 037247] 5/2(土)シンポジウム「種たねSeed」@大田区民ホール・アプリコ

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 4月 29日 (水) 03:59:30 JST


紅林進です。


5月2日(土)に東京・蒲田の大田区民ホール・アプリコにて開催されます
下記シンポジウムのご案内を転載させていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)

シンポジウム「種たねSeed」

  種(たね)は生を抱きしめて、その歓びを伝えなければならないのです。

  いま、多国籍企業の支配が強まり、F1や遺伝子組み換え種子が広がり、
 伝統的な品種(在来種)が失われています。
 日本がTPP(環太平洋経済連携協定)に正式に参加したら、企業支配は
 さらに強まり、農家の作物を作る権利が失われる危険性が強まります。
 種は、世代を繋いでいく命のみなもとです。皆様と一緒に種を通して、
 今の食や農、さらには、社
会や国の在
り方までをも考えていきたいと思います。

日時:2015年
5月2日(土) 12:00 開場
場所:東京都大田区民ホール・アプリコ・展示室(JR蒲田駅東口3分)
        http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/aprico/
資料代:1000円

 第1部  12:30~14:20   問題提起
講演者 : アーサー・ビナードさん(詩人)
          野口 勲さん (在来種専門の種屋)
      天笠啓祐さん  (ジャーナリスト)

 第2部 
 14:30~16:30
    3人による徹底討論・・・「種たね」を考える
   ・TPPで ・・・ 「食」の安全がどう変わる?
   ・種の支配によって、・・・「食」が支配される!
   ・命を繋ぐ ・・・ 「食」がどう変わる?

 主催 : スローアグリカルチャー研究会
     九条を守る神奈川高校教職員の会
後援:日本消費者連盟
    遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
    ふるさと東京ユネスコ協会

 連絡先:03-3308-7044(早川芳夫)          
Email :yoshio_ha2007アットマークyahoo.co.jp 


CML メーリングリストの案内