[CML 037238] 【本日、京都で沖縄連帯集会】はね返そう…今も昔も沖縄差別! 改めて「沖縄・屈辱の日」を問う! 辺野古新基地建設を阻止しよう! 4.28「屈辱の日」京都集会

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2015年 4月 28日 (火) 07:41:08 JST


本日です!

はね返そう…今も昔も沖縄差別!
改めて「沖縄・屈辱の日」を問う!
辺野古新基地建設を阻止しよう!

4.28「屈辱の日」京都集会
https://www.facebook.com/events/725164594258983/

2015年4月28日(火)

18:00開場 / 18:30開演

資料代:500円

*・*・プログラム*・*

●映画「カメジロー ー沖縄の青春ー」上映(80分)

●辺野古参加者のシンポジウム(ユンタク)
 …「辺野古の海、埋め立てを止めるために何ができるのか」?

●参加団体からのアピール

主催 :4.28「屈辱の日」京都集会実行員会
連絡先: F A X & 電話075-467-4437
    No Base!沖縄とつながる京都の会(代表 大湾)

*・*・*・*・*・*・*・*

今から7 0 年前、沖縄戦があった。
1945 年3 月末から6 月23 日まで。その後、8 月には広島、長崎に原子爆弾が投下され、
日本全土にB29 戦略爆撃機による大空襲が行われた。
なぜ、敗戦色濃い戦局で戦争継続がなされたのか。
ここにこそ「国民の命と財産を守る」と言ってきた日本軍、軍隊の正体が浮き彫りになる。

 1946 年に日本国憲法が公布、翌年施行されたが、アメリカは、アジアにおける権益拡大のため、極東に反共の砦として日本、その要として沖縄の基地建設を拡張し、日本国憲法の主権在民・平和・人権は踏みにじられた。

 1950 年6 月、朝鮮革命抑圧に介入したアメリカが、1951 年9 月の対日講和条約と旧日米安保条約を結んだ際、日本政府は日本の独立と引き替えに沖縄諸島(奄美諸島も)をアメリカの軍政下に差し出した。こうして日本の
再軍備(1950 年警察予備隊発足)が始まった。旧日本の財界と官僚、支配層が「生き返った」。

 講和条約と旧日米安保条約が発行された1952年4月28日は、沖縄にとって「屈辱の日」です。
この映画「カメジロー ー沖縄の青春ー」は、米軍政下の沖縄で、1950年代、米軍の基地拡張・土地取り上げに闘う農民と共に闘った人民党党首・瀬長亀次郎の自伝映画です。沖縄「第一次島ぐるみ闘争」の場面が登場します。
辺野古で闘う沖縄県民の不屈の戦いに通じるものをつかむことが出来るでしょう。

4月28日、改めて「沖縄戦と屈辱の日」を振り返り、私たちの未来について考える機会にしましょう。


(参考記事)

「屈辱の日」きょう県民集会
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242326-storytopic-1.html

2015年4月28日 

 1952年4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効してから、28日で63年となった。太平洋戦争に敗れ、連合国軍の占領下にあった日本は7年ぶりに独立を回復したが、沖縄や奄美などは切り離された。基地の重圧が固定化する源流となったこの日は「屈辱の日」と呼ばれる。

 28日は、米軍普天間飛行場移設に伴う新基地建設に反対する「4・28県民屈辱の日 県民大行動・大集会」(止めよう辺野古新基地建設!実行委員会主催)が開かれる。午前6時から名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で「早朝ゲート前行動」、同9時から議員団らによる海上行動が大浦湾である。午後6時から那覇市の県民広場で県民大集会が開かれる。問い合わせは実行委事務局(電話)098(833)3218。

◇  ◇

 琉球新報社は28日午後6時から那覇市の県民大集会をホームページでネット中継します。 		 	   		  


CML メーリングリストの案内