[CML 037170] 【辺野古基金】本土の人間も「辺野古反対」を行動で表すことができる+東京新聞【社説】辺野古基金 傍観者でいていいのか

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2015年 4月 23日 (木) 09:32:55 JST


 辺野古基金の振込口座番号は次の通り。

 ▽ゆうちょ銀行(店番708、口座番号1365941)▽コザ信用金庫那覇支店(2032531)▽JAバンク沖縄県農業協同組合本店(0024403)▽沖縄県労働金庫県庁出張所(3406481)▽琉球銀行県庁出張所(185920)▽沖縄銀行県庁出張所(1292772)▽沖縄海邦銀行県庁内出張所(0082175)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

永田町の裏を読む/高野孟 

本土の人間も「辺野古反対」を行動で表すことができる
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159252 

2015年4月23日

 朝日新聞(21日付)が載せた世論調査結果では、普天間基地の辺野古移転について、沖縄で反対63%、賛成22%だったのは当然として、本土でも反対が41%(賛成30%)に上った。また、「辺野古移設は唯一の解決策」という安倍政権の姿勢に「納得しない」が53%(納得する29%)だった。

 今年1月の同紙調査では辺野古賛成が36%、反対が34%と拮抗していたことを考えると、先の翁長雄志沖縄県知事の安倍政権に対する決然たる態度と説得力ある発言が大きく影響して、政府の強硬姿勢に批判的な「全国に広がる新たな民意」(朝日)が生まれつつあることが分かる。

 さてそうなると、本土の人間としても、ただ辺野古反対を口で言うだけでなく、何らかの行動でその気持ちを表すことが必要だろう。現役時に労組や平和団体の活動をしていてリタイアした人が、居ても立ってもいられず、沖縄に“一時移住”して反対運動に参加している例は、実は少なくないのだが、それは誰にでもできることではない。しかし、家族や仲良し同士で個人旅行の形で辺野古を訪れて現地を視察し、テント村やゲート前のピケ隊を激励する“辺野古ツアー”は結構はやっているようで、これなら誰にもできる。私も辺野古に行くたびに、そういう方々に何組も出会った。

 もっと手軽にできるのは、「辺野古基金」に寄付をすることだ。沖縄の著名な経済人はじめ作家の佐藤優や菅原文太夫人らが呼び掛けて、全国紙や米国紙に意見広告を出したり、翁長知事の独自の対米外交をバックアップしようと4月9日に設立され、たった1週間ですでに4600万円が集まった。辺野古の地元の名護市に「ふるさと納税」をしている人もいる。

 さらに、辺野古埋め立てのための砂利採取場となる鹿児島県奄美大島や瀬戸内海各地では、市民・環境団体が連携してこれを阻止する署名運動を始めた。埋め立てにはダンプ360万台分の砂利が必要で、その8割は西日本各地から調達されようとしている。

 三重県では「JFEエンジニアリング蠅縫院璽愁鵑鬚弔らせない県民の会」が発足。同社に対して製造をやめろと抗議文を突きつけた。長さ300メートルの護岸工事には、まず6万トンの岩石を海底に投下した上に、JFEが製造する1基の長さ52メートル、重量7400トンもの巨大な鋼材と鉄筋コンクリートのケーソンと呼ばれる箱を6基、沈めて固定し、土台にする。「そんなものを三重県内でつくらせるのは恥だ」と彼らは言っている。沖縄の思いへの共鳴を、まずは身近なところから行動で表そうではないか。

▽〈たかの・はじめ〉1944年生まれ。「インサイダー」「THE JOURNAL」などを主宰。「沖縄に海兵隊はいらない!」ほか著書多数。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

東京新聞【社説】

辺野古基金 傍観者でいていいのか
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015042102000134.html
    
2015年4月21日

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐり「辺野古基金」が設立された。沖縄の窮状を国内外に発信する。沖縄の声に耳を傾け、日本の安全保障を身近な問題として考えたい。

 「基地か、経済か」という二つの選択の間で長年分断されてきた沖縄が一つになって闘う。新しい基金にはすでに四千六百万円が寄せられている。

 基金は基地問題を訴える翁長雄志県知事や有識者の活動を支える。共同代表には、地元経済界の重鎮のほか、母親が沖縄出身の元外務省主任分析官佐藤優さんや、俳優の故菅原文太氏の妻・文子さんも名を連ねる。

 主な活動は、米政府や米議会にロビー活動を通して県民の思いを直接訴えることだ。国内では新聞に意見広告を掲載したり、地方議会で政府に対応を求める決議を働きかける。沖縄や日米安保の実情を知れば、沖縄に関心を持たなかった人にも新たな基地はいらないという沖縄の願いを分かってもらえるという思いがある。

 翁長知事は保守派政治家として「日米安保の重要性は理解する」と、菅義偉官房長官との会談でも語った。その翁長氏がなぜ、普天間飛行場の早期閉鎖と、辺野古への新基地建設中止に立ち向かうのか。それは、日本の安全保障を国民全体で負担しようとする思いや気概が感じられず、一方的に沖縄にのみ過重な負担を押しつけられていると映るからだ。

 沖縄では、昨年の名護市長選、知事選、衆院選の四つの小選挙区すべてで新基地反対派が勝った。だが、基地反対の意思は一顧だにされず、辺野古での建設が強行される。

 翁長知事は今月やっと、就任以来拒まれていた安倍晋三首相との会談を果たし、沖縄の思いを強調した。だが、首相は「建設計画は変えない」と述べ、話し合いは平行線に終わった。

 日本政府は米側に県民の思いを伝えてきたのかといういら立ち。民主主義を重んじる米国には自分たちの思いは通じるのではないかと、翁長知事は五月に訪米を予定する。

 沖縄を支える動きが広がっている。「ふるさと納税」制度を活用し、沖縄県や名護市に寄付する人が増えている。新たな基金では少額でも協力の意思を示せる。

 日本の安全保障は、基地の問題は、国民全体で考えなければならない。沖縄からの切実な問い掛けに、共に考えていきたい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

辺野古基金に4千万余の寄付 今後も活動を展開
http://www.y-mainichi.co.jp/news/27269/

2015年04月18日 

「辺野古基金」の寄付金額について発表する新里米吉氏(中央)ら県議会与党メンバー=17日午後、県庁

 【那覇】県議会与党の新里米吉氏(社民・護憲)らが17日午後、県庁で記者会見し、名護市辺野古への新基地の建設阻止を目的とした「辺野古基金」に、設立1週間で県内外から4629万1683円の寄付金があったと発表した。

 匿名で直接届けた県民をはじめ「がんばれ!」という名称での振り込みなど県内外の個人と団体などから寄せられた。最高200万円の寄付もあった。問い合わせは1週間で760件に達し、関心の高さを示している。

 新里氏は「辺野古に新しい基地を造らせないという県民や国民の思いの強さが明らかになった。県内外の関心の高さを感じている」として、今後も広く活動を展開していく考え。

 「辺野古基金」では、翁長雄志知事が訪米する前の5月連休明けに総会を開き、国内や米国のマスコミへの意見広告など寄付金の使い道を決定する。

 新たに写真家の石川文洋さんが共同代表に就任することも報告した。新事務局を那覇市旭町の金秀ビル内に設置することも決まった。電話は098-943-6748。

 辺野古基金の振込口座番号は次の通り。

 ▽ゆうちょ銀行(店番708、口座番号1365941)▽コザ信用金庫那覇支店(2032531)▽JAバンク沖縄県農業協同組合本店(0024403)▽沖縄県労働金庫県庁出張所(3406481)▽琉球銀行県庁出張所(185920)▽沖縄銀行県庁出張所(1292772)▽沖縄海邦銀行県庁内出張所(0082175)

 		 	   		  


CML メーリングリストの案内