[CML 037154] 【報告】第1463日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 4月 22日 (水) 07:36:41 JST


青柳行信です。4月22日。

【転送・転載大歓迎】

本日、川内原発再稼働差止'仮処分申請'決定
    4月22日(水) 10:00〜
     鹿児島市「鹿児島地方裁判所」
 勝訴決定時 九電本社へ要請行動 13:00

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  〜川内原発のスイッチは押させない!〜
チラシ・賛同・メッセージ・再稼働阻止の意思表示カンパ等
 ホームページ http://bye-nukes.com で。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1463日目報告☆
      呼びかけ人賛同者4月21日合計3837名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月21日3名
     関彬夫 須河内隆夫 白水悦子
★私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
お疲れさまです。
今日は 良い天気で、気持ちの良い1日でした。
午前中は 自転車で市内を走り、午後は車で所用をこなしました。
夜はテラ・カフェに参加しました。
あんくるトム工房
安倍政権 評価しない  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3445
経済的自由権    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3446

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆反核と「原発ゼロ」が国是となる朝ぼらけまで詠みつづけてむ
      (左門 2015・4・22−999)
※明日が、「無核無兵・毎日一首」の1000日になります。
青柳さんはじめ皆様の獅子奮迅の御働きに励まされ・刺激され
まして、風変わりな「千日修業」に取り組むことができ、達成する
ことができました。感謝です。普通ならば、よほどの風が吹かな
いと詠めなかった一首が、このように駄句々々しながらも中には
歴史に掉さすものも有り感動です。「てむてむ手毬」で参ります。

★ 舩津 康幸さん さんから:<facebook>
4月21日の原発とめよう!九電本店前ひろば。
1462日目(4年と2日)快晴だが昼からの日陰で気温が低い。
賛同署名をしていく人がぽつぽつと見えます。

4周年と聞いて、竹の子ご飯とカンパを届けてくれた方もあった、と。

訪問する予定はなかったが、今朝の新聞記事をもって、午後から訪ねる。
「九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の市民に、
・・「日本の原発をどう思うか」と聞いたところ、
薩摩川内市では「再稼働を認めず直ちにやめるべきだ」が21・1%。
「再稼働を認め段階的に縮小すべきだ」と合わせると77・2%に上り、
九州全体(75・0%)を上回った。
これとは別に、目前に迫る再稼働の賛否を尋ねた質問でも、
薩摩川内市では「絶対反対」「やや反対」が計52・7%。
・・・・」⇒原発ゼロを先ずはっきりと打ち出すべきです。
そして、今年の夏の電力も原発なしで足りています。

★ 西岡淳子 さんから: 	
青柳さんいつもお疲れ様です。
私の携帯は、脱原発と、9条の会と沢山入って来ますので、その中でも、
昨日の「コレは」と思えたので、本文転送します。もう実際に日本は、戦争してるんですよね。…
 
イベント案内
日本人は武器を持って、人を殺す事も、殺される事もされることもありませんでした。
しかし安倍内閣は憲法9条を無視して、アメリカと共に海外で戦争をする国へと舵を切ろうとしています。
国民が行動を起こせばまだ引き返すチャンスはあります。
安倍さんの暴走をみんなで力を合わせてストップさせましょう。(酒井嘉子)

1)4月23日(木)開場18:00 開演18:30
  宇都宮健児さん講演会「日弁連会長が見た原発事故の実相」 
   宇都宮けんじ氏(日本弁護士連合会前会長)
  http://no-genpatsu.main.jp/news/index.php/view/218
ところ 都久志会館401号室(福岡市中央区天神4丁目8−10)
参加費 500円
主催「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団・原告団
お問い合わせ/福岡南法律事務所 福岡市南区野間1丁目10−7
  野間リッチハイツ2階 TEL:092-554-7110

2)4月25日(土)開場13:00 開演13:30 
  4.25 憲法集会
○講演会「敗戦70周年で考える憲法平和主義の危機と再生」
   出水薫氏(九州大学教授)
○憲法劇団ひまわり一座寸劇「ボーダーライン」
 参加費1000円、学生・障がい者500円
 主催:憲法劇団ひまわり一座  
 連絡先:092−555−7323(ちくし法律事務所迫田) 

3)5月3日(日、祝)開場13:00 開演13:30〜
   「5・3憲法記念日のつどい」
  「戦後70年 とめよう戦争への道」
  福岡市民会館大ホール(福岡市中央区天神5丁目)
  参加費1000円、大学生以下無料

★ ティヴィーシャワリン さんから:
本日は川内原発再稼働差止仮処分決定ですが、昨日の
《川内原発の再稼働審査を糾弾する!
原子力規制委員会院内ヒアリング》

〜福井地裁が指摘「新規制基準は合理性を欠く」〜
火山対策や避難計画等だけでなく、

「免震重要棟の義務規定もない。
稼働30年迄は経年劣化の考慮も無く、設計値のまま算定?」

録画〓道はこちらです。
http://t.co/fMZsQBWz6d
http://t.co/xmVSaUtXR4

日時:2015年4月21日(火)13時〜17時
場所:参議院議員会館講堂(1階):東京メトロ 国会議事堂駅、永田町駅、溜池山王駅から徒歩
追及:山崎久隆さん(たんぽぽ舎)、広瀬隆さん、後藤政志さん
内容:偽綸店事計画資料から川内原発審査を問う
「耐震偽装」の原発は情報も隠ぺい
基準地震動でさえECCSが破壊される恐れ
蒸気発生器から冷却材喪失の危険性
       競謄蹐塙匐機事故への対策について
       沓粥ィ隠簡^翆郎朷萃蠅鮗けて川内原発の審査を問う

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2466】2015年4月21日(火)
┏┓
┗■.再稼働阻止全国ネットワーク『第2回総会』のご案内
 |  5月3日(日)「憲法集会」終了後、かながわ労働プラザで開催
 |  どなたでも参加できます。再稼働阻止に向け、ご意見、ご提案を!
 └──── 再稼働阻止全国ネットワーク事務局

  4月14日、福井地裁樋口裁判長は、高浜原発3,4号機の運転差止仮処分命令を関西電力に言い渡しました。処分決定の要旨では、「基準地震動は信頼を失っている。」、「700
ガル未満の地震によっても炉心損傷に到る危険がある。」さらに、「使用済み核燃料は我が国の存続に関わるほどの被害を及ぼす」とし、新規制基準は合理性を欠き、住民の「人格
権を侵害する。」と述べています。
 東電福島第一原発事故後、発足した原子力規制委員会が原発事故から国民の生命、安全を守るためのものではなく、原発再稼働の推進機関に過ぎないこと。その上で、川内原発を
始め全国の原発が規制基準によって再稼働が推し進められている事態に対し、「再稼働阻止全国ネットワーク」は、結成以来の総会を首都圏の皆さんとともに開催します。
 「阻止ネット」は、全国各地の原発現地の運動を結びつけ、再稼働阻止の具体的な行動を行うために発足したネットワークです。今回の総会での皆様方のご提案を、6月6日から
7日に福岡で開催される「全国相談会」に持ち寄り、全国の皆さんと討論し、行動方針を確立したいと思います。
 会員以外の方のご参加も歓迎いたします。また、辺野古新基地建設反対運動、改憲阻止の闘い等々、原発以外の課題での運動にも学び、ご提案を受けたいと思っています。
 ぜひ、多くの皆様のご参加をお願いします。

     再稼働阻止全国ネットワーク『第2回総会』

期日:5月3日(日)16時30分から19時30分
場所:「かながわ労働プラザ4F会議室」 会場費:500円
    会場アクセス:JR根岸線「石川町駅」北口3分(家庭裁判所近く)
 ※阻止ネット「サポーター会員」(個人3000円、団体5000円年会費)募集中!

┏┓
┗■.新聞より
 └──── 

 ◆規制委員長こそ事実誤認 高浜差し止め反論に批判
  論点すり替え 突然、非常電源に言及
  国民期待は分かりやすい基準

  関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働差し止めを命じた福井地裁の仮処分決定について、原子力規制委員会の田中俊一委員長が「事実誤認がいくつかある」と発
言した。これに対し、申し立てた住民側からは「事実誤認は田中委員長の方。決定の内容を真摯(しんし)に受け止めるべきだ」という反発の声が上がっている。
 決定が出たのは14日。地裁は規制委が定めた新規制基準について「緩やかにすぎ、合理性がない」と指摘し、基準に適合したとしても原発の安全性は確保されず、再稼働は認めら
れないと結論づけた。
 翌15日に開かれた会見で田中委員長は、3、4号機の使用済み核燃料を貯蔵するプールの給水設備について、裁判所の決定が耐震性が低いBクラスとしたことについて「Bだと書
いてあるが、これは(最高の)Sクラス」と指摘。
 外部電源が断たれると、原発の冷却機能が不安定になるとの記述については「SBO(全電源喪失)を防ぐということで、非常用発電機や電源車、バッテリーと、いろいろな要求を
している」と述べた。
 これに対し、仮処分を申し立てた弁護団の河合弘之共同代表は「全体を読めば、給水設備のくだりが冷却設備を意味していることは明らかだ。事実誤認ではない」と反論する。
 ちなみに新基準には、Bクラスの施設として「使用済み燃料を冷却するための施設」が挙げられ、関電の口頭弁論調書にも「使用済み燃料ピット冷却設備は、耐震クラスとしては
B」と記載されている。
 「いろいろな要求」(田中委員長)についても、「原子力規制を監視する市民の会」(東京)の阪上武代表は「原告の主張も裁判所の決定も、通常時の電源について論じている。とこ
ろが田中委員長は突然、非常時の電源のことを話しだした」と、論点のすり替えではないかといぶかる。
 15日の会見では、決定が「地震の平均像を基礎として、原発の基準地震動を策定することに合理性は見いだしがたい」とした点にも質問が及んだ。
 規制庁の担当者は「基準地震動は地震の平均像ではない。最大級の地震を考えている」と答えたが、阪上代表は「原告も地裁もその点は理解している。問題は(規制庁が参考にす
る)入倉レシピと呼ばれる手法が標準的な方法論について記したものであること。最大級の地震時に、どれぐらい揺れるかは導き出せない」と不満を隠さない。
 規制委の前身・旧原子力安全委員会事務局で技術診与を務めた滝谷紘一氏は「会見では、一般に発言者は担当者らの調べた内容を話す。そうだとすれば、田中委員長の発言から
は、規制委全体として地裁決定のミスを探そうとしている印象を受ける」と推測する。
  今回の決定では、2005年以降、4原発が5回にわたって基準地震動を超える地震に見舞われたことに触れ、「想定を超える地震が来ないという根拠は乏しい」と強調。使用済み
核燃料についても「堅固な施設で閉じ込めていない」と関電の姿勢を批判した。
 田中委員長は従来、新規制基準に適合しても、絶対に安全とはいえないと繰り返し述べている。その発言について、河合氏は「過酷事故が起きた時に、責任を免れるための言い
訳」と評して、こう付け加えた。
 「国民が期待しているのは『これで通るなら、さすがに安全だろう』という分かりやすい基準だ。今回の地裁の決定が、そういった根源的なテーマを突き付けていることを規制委
は認識するべきだろう」 (4月21日東京新聞「こちら特報部」より)

★ 黒木 さんから:
福島第1 デブリ調査ロボ、年度末再び
産経新聞 4月21日(火)7時55分配信 
 東京電力は20日、福島第1原発1号機で、ロボットによる原子炉格納容器内の初の調査を終了した。
  計7日間にわたった調査では、ロボットに搭載したカメラにより格納容器内の様子を鮮明に把握することができた。
  <中略>
  格納容器に大きな損傷がないことが分かるなど有用なデータを得て、今年度末にも溶け落ちた燃料(デブリ)の調査に挑む。東電が同日公開した写真では、正面奥に最初に投入し

福島第1の廃炉研究拠点が開所式
産経新聞 4月21日(火)7時55分配信 
 東京電力福島第1原発の廃炉加速化に向けて、国内外の専門家が集まる「廃炉国際共同研究センター」(小川徹センター長)が茨城県東海村の日本原子力研究開発機構原子力科学
研究所内に設置され、20日に開所式が行われた。 <中略>

福島第1、排水路の全ポンプ停止 汚染雨水流出
東京新聞 2015年4月21日 13時27分
 東京電力は21日、福島第1原発の「K排水路」と呼ばれる排水路内に設置したポンプ全8台が停止し、放射性物質で汚染されている雨水などが外洋に流出しているのが見つかっ
たと発表した。ポンプが停止した原因や流出量などは調査中という。 <中略>

九電、玄海原発拡張計画案を町議会に説明
佐賀新聞 2015年04月21日 08時42分
◆「中間貯蔵」は再度否定
 九州電力は20日、東松浦郡玄海町議会の全員協議会(11人)で、立地する玄海原発の敷地を拡張し、事故時に搬入する資機材の受け入れ場所などを整備する計画案を説明し
た。2016年度に着工、20年度の完成を予定している。使用済み核燃料を保管する中間貯蔵施設の建設用地としての活用はあらためて否定した。
 非公開の全員協議会には、横山健一立地本部電源立地部長、今村博信玄海原発所長ら4人が出席した。
    <中略>
 議員から中間貯蔵施設の建設用地にするかどうか尋ねられると、今村所長は「あくまで重大事故時に資機材を置いて、倉庫を建てる場所として使う」と否定した。出席した岸本英
雄町長は「周辺整備は万が一事故が起こった時の安全対策の強化にもつながる。用地交渉を済ませ計画に沿って工事を進めてほしい」と語った。

関電側が安全確保主張 大津地裁で高浜原発差し止め審尋
京都新聞 2015年04月21日 08時25分
 滋賀県の住民29人が関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働差し止めを申し立てた仮処分の第1回審尋が20日、大津地裁(山本善彦裁判長)であった。関電側
は「原発の安全性は確保されている」として、申し立ての却下を求めた。住民側は福井地裁が同原発の再稼働差し止めを命じた14日の仮処分決定文を証拠提出した。
 住民側弁護士によると、関電側は答弁書で、高浜原発の原子炉の設計に問題はなく、「住民側が言う具体的な危険性は存在しない」と主張した。住民側が問題視している基準地震
動(耐震設計の目安となる揺れ)の策定方法や未整備の避難計画についての具体的な反論はなかったという。
 住民側代理人の井戸謙一弁護士は審尋後の会見で「司法判断は社会的に大きな意味がある。原発を止めるべきという司法判断を積み重ねたい」と述べた。 
     <中略>
 第2回審尋は7月9日の予定。

女川原発 周辺5市町と東北電が安全協定締結
河北新報 2015年04月21日火曜日
 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の半径30キロ圏に位置する登米、東松島、涌谷、美里、南三陸の宮城県内5市町と東北電は20日、原子力安全協定を締結した。5
市町は併せて県と覚書を交わし、原発再稼働などにつながる設備変更時には、県を通じて東北電に意見を述べられるようにした。
◎設備変更時の「事前了解」盛らず
 ただ、協定に設備変更時の「事前了解」は盛り込まれなかった。5市町が再稼働に必要な「地元同意」の範囲に含まれるかは担保されず、一部自治体が主張していた「立地自治体
並み」の協定からは後退した。
     <中略>
 原発から30キロ圏は東京電力福島第1原発事故後、重大事故に備える防災の重点区域「緊急防護措置区域(UPZ)」に含まれた。5市町は2013年7月、UPZ関係自治体
首長会議を設け、協定締結を目指してきた。

次世代原子炉の安全性に懸念=建設計画見直しも−仏アレバ
時事通信 2015/04/21-07:06
【パリ時事】
フランス原子力安全局(ASN)は仏原子力大手アレバが建設中の次世代原子炉について、核燃料の格納容器の安全性に懸念を表明した。
同型炉の導入を予定している中国当局は早期の対応を求めており、計画の見直しを迫られかねない事態<中略> 仏メディアが20日、報じた。

除染費不払い 責任感欠く東電の姿勢
岩手日報 論説 2015.4.21
 福島第1原発事故の費用負担に関し、東京電力の姿勢が問われる実態がまたも露呈した。市町村が実施した除染費用について、国の請求にほとんど応じず、支払いを事実上拒否し
ているという。
 除染費用は国がいったん立て替え払いしている。支払い遅れによる利息分は税金で賄われ、国民負担となる。汚染物質の発生源企業としての責任感が乏しいとしか言いようがな
い。 <中略>

福島第1原発の汚染水が外洋流出 移送用ポンプ停止
産経新聞 4月21日(火)13時30分配信 
 東京電力は21日、福島第1原発構内の雨水を移送するためのポンプが停止し、放射性物質に汚染された水が外洋へ流出したと発表した。東電は流出した量やポンプが停止した原
因などを調べている。
  東電によると、巡回中の作業員が同日午前8時45分ごろ、外洋へつながる排水路(K排水路)から港湾内につながる排水路(C排水路)に雨水を移送するために設置された8台
の仮設ポンプ全てが停止し、海側にある堰(せき)を越えて外洋に流れているのを見つけたという。 <中略>

<福島原発>排水路ポンプ全基停止し汚染雨水が外洋に流出
毎日新聞 4月21日(火)19時31分配信
 東京電力は21日、福島第1原発の排水路から放射性物質を含む雨水が外洋に流出することを防ぐため設置した8基のポンプすべてが停止し、汚染雨水が外洋に流出しているのが
見つかったと発表した。発電機の故障とみられ、東電は発電機を交換してポンプを再起動させる予定。汚染雨水の流出量や含まれる放射性物質の濃度は不明という。
    <中略>
  汚染雨水は2号機原子炉建屋屋上にたまっていたものなどで、事故直後から排水路を通って外洋に流出していたとみられることが今年2月に判明。この排水路では9日、放射性セ
シウムが水1リットル当たり約20ベクレル、ストロンチウム90などの全ベータが同22ベクレル検出されている。【斎藤有香】

<電力広域機関>金本理事長「再生エネルギー導入を促進へ」
毎日新聞 4月21日(火)22時21分配信
 全国規模で電力をやりとりするための司令塔として今月1日に発足した「電力広域的運営推進機関」(広域機関)の金本良嗣(かねもと・よしつぐ)理事長(元政策研究大学院大
副学長)が21日、毎日新聞のインタビューに応じた。金本氏は「電力自由化が進み、競争が激しくなった時でも大停電などを引き起こさないため、安定供給を支える“番人”とし
て全力を尽くしたい」と意気込みを語った。再生可能エネルギーの導入を促すための送電ルール見直しにも意欲を示した。【安藤大介】
     <中略>
  広域機関は、全国各地の電力が足りているかどうかを監視し、災害などで電力が足りなくなった地域があれば、余裕のある地域に発電や送電を指示する。電力自由化で競争が激化
した結果、発電事業者が投資を抑制するなどして構造的な電力不足が生じないよう、10年先を見据えた電力需給計画も作る。金本氏は「まずは需給の調整をしっかりやり、(電力
自由化と安定供給を両立させるための)課題があれば提言する」と説明した。

<関西電力>再値上げ、6月に実施へ 審査が終了
毎日新聞 4月21日(火)21時48分配信 
 関西電力が申請していた電気料金の再値上げ(家庭向けで平均10.23%)が6月から実施されることが21日、確定的となった。値上げの妥当性を審査する経済産業省の専門
小委員会(委員長・安念潤司中央大教授)の第6回会合が同日、東京都内で開かれ、結論に当たる「査定方針案」が示されて審査は終了した。経産省は今後、消費者庁と協議して値
上げ幅を確定し、最終的に経産相が値上げを認可する。
  再値上げには、経産相の認可後、消費者への周知期間が10日間必要なため、5月1日からの実施は間に合わない。5月途中は料金徴収のシステム変更が必要なために難しく、
「6月1日からの実施が確定的」(関電幹部)となった。値上げ幅は少なくとも9%前後まで圧縮されるとみられる。 <中略>

★ 東京の市原みちえ さんから:
青柳行信さま
通信をありがとうございます。
貴重な情報。拡散などに活用させていただいています。

高浜原発に続いて、川内原発ですね。
良い決定が出ること!を願っています。

今日は、お願いが有り、メールをいたします。
ご多忙の時にお手数をかけますが、お力をお貸し下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沢田研二さんがご自身主催の全国公演で
”さようなら原発”の署名に協力くださっていることはご存知でしたか?

「さようなら原発1000万署名」に関して。
沢田研二さんコンサート会場での署名担当者からのお願いです。
(私も、首都圏の署名ボラスタしています)
お知り合い、北九州の仲間の皆様にお声がけくださいませんか?

4月28日。29日。30日。
小倉・北九州芸術劇場”で、開催される
沢田研二・音楽劇会場での署名活動スタッフ募集にご協力を!

以下は、日時など詳細です。

公演 音楽劇 お嬢さん お手上げだ・明治編
公演時間 3時間+休憩15分。
会場 小倉・北九州芸術劇場 中劇場※リバーウォーク北九州6階
アクセス JR鹿児島・日豊本線「西小倉駅」下車3分
日時 4月28日(火)18:00公演開始 17:30開場 17:00スタッフ集合
    4月29日(水)13:30公演開始 13:00開場 12:30スタッフ集合
    4月30日(木)13:30公演開始 13:00開場 12:30スタッフ集合
主催 毎日新聞/ココロ・コーポレーション

当日は、観劇は各自有料です(すみません^^;)
署名活動は開始前の30分。休憩時間の15分。終演後の15分くらい。
その間は、事務所スタッフに声をかければ外出自由です。

当日の段取りなど具体的なことは、担当者からご連絡させて下さい。

”さようなら原発”沢田研二さん会場署名担当者は、以下です。
木村かよ子 アドレスkkayoko7 at gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうぞ、よろしくお願いいたします。
2015年4月20日
市原みちえ
090−9333−8807
自治体選挙!
政権与党を一人でも多く減らしましょう!
バタバタ〜^^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《沢田さん・今回の公演について》

今回初めて沢田さんは小倉・北九州芸術劇場に登場。
音楽劇の公演をします。
(九州の公演が増えているのは、「九州の川内原発」を意識?
音楽劇では、原発などに触れた話、歌などはありませんが。
NEWCDの販売などあります)

沢田さんは当初からの賛同人の一人。
以来、ご自身の公演(ライブ。音楽劇)では、会場の了解を得られれば、
会場ロビーで署名用のスペースを用意してくださっています。
今までに全国の会場で12000人以上が署名。
熱心なファンが多いので、東京などではこの4年間ですでに署名した人も多いです。
が、持ち帰り用の封筒セットを受け取り、次に来場の折に持参の方も続いて、
連日事務局には署名した封筒が戻ってきています。
(”さようなら原発”賛同人の中では、最大の協力者です。)

参考までに関係情報をお送りします。
・沢田研二公式HP
http://www.co-colo.com/top.html
・NEWCD「こっちの水苦いぞ」発売(2015・3・11)
第1週オリコン・ヒットチャート第20位入り(19位)。
CDでは10数年?ぶりの快挙^^。
・音楽劇のあと、夏から秋の慣例ライブコンサートの予定も決まり、
会場によってはチケット販売スタートしています。(HP)

・新春対談。大阪弁護士会会長と対談。弁護士会報に載りました。
「・・僕は、コンサートをする場所で原発の署名をするんですが、
会場によっては、そういう活動をやってもらったら困りますというところがいっぱいあるんです。
……そのうちに僕なんか、署名のできるところでしかコンサートをやらなくなる。・・」
http://www.osakaben.or.jp/newsletter/db/pdf/2015/oba_newsletter-19.pdf

・新春コンサートの関連報道をカバーしてくれた番組も。
〜武田鉄矢、沢田研二の"嫌なら帰れ!"発言を擁護 - YOUも「こんなの朝飯前」〜、http://news.mynavi.jp/news/2015/02/01/043/(2015・2・1マイナビニュース)
 
−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

● 川内原発再稼働差止'仮処分申請'決定日 ●
   と き 2015(平成27)年4月22日(水) 10:00〜
   ところ 鹿児島市「鹿児島地方裁判所」

 <勝利決定時 九電本社へ要請行動> 

【福岡・九電本社要請行動】
 ・13:00  勝利決定時 九電本社へ要請行動
    ※福岡・九電本社(福岡市中央区渡辺通2丁目2番82号)前にお集まり下さい。 

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●<私のフェイスブック>●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9150(4/9現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  〜川内原発のスイッチは押させない!〜
    福岡市舞鶴公園: 福岡市中央区城内1番
     地図 http://tinyurl.com/n6wl32h

<事務局会議>
  1)日時 5月19日(火)18時30分〜21時
  2)場所 福岡市人権啓発センター
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

 <<九州電力による川内原発再稼働を目前にして、
6月7日、史上最大規模の集会を開催>> 大成功のため

  賛同・メッセージ・再稼働阻止の意思表示カンパ等
 HPホームページ http://bye-nukes.com で登録よろしくお願い致します。
  HPへの投稿・意見は info at bye-nukes.com

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内