[CML 037146] 警察も検事弁護士判事まで よってたかって東金事件

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 4月 21日 (火) 20:31:19 JST


『司法が凶器に変わるとき-「東金女児殺害事件」の謎を追う
<http://straydog.way-nifty.com/bangaihen/2015/03/post-be84.html>』 三宅勝久
<http://ameblo.jp/loansharks/entry-11998604493.html> 同時代社
<http://www.doujidaisya.co.jp/book/b194919.html>)

短歌の文字数のために警察、検事、弁護士、判事までしかいれてないけど、「集団リンチ」の狂言回し
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%82%E8%A8%80%E5%9B%9E%E3%81%97>
マスコミも罪が重い。

この事件が起きた2008年は民主党政権になる直前、足利事件が冤罪だとして注目されたころ、もしかすると千葉初の裁判員裁判
<http://saibanin-iranainko.com/>になるかもしれないころでもある。著者、怒りの一冊だ。

岩波の「世界」連載ルポを纏めた、この本も興味深い。なやましき裁判なりのドキュメント 千葉の東金...佐藤幹夫・本
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/7ba277e7669be8c5f2181d074b093869>

--------------- 目次 ------------------------
第1章 指紋の迷路

第2章 証言の迷路

第3章 記憶の迷路

第4章 密室の迷路

第5章 調書の迷路

第6章 法廷の迷路

  推薦・桜井昌司氏(布川事件の冤罪被害者)

-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内