[CML 037122] 【はね返そう…今も昔も沖縄差別! 改めて「沖縄・屈辱の日」を問う! 辺野古新基地建設を阻止しよう!】 4.28「屈辱の日」京都集会

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2015年 4月 20日 (月) 08:51:45 JST


はね返そう…今も昔も沖縄差別!
改めて「沖縄・屈辱の日」を問う!
辺野古新基地建設を阻止しよう!

4.28「屈辱の日」京都集会
https://www.facebook.com/events/725164594258983/

2015年4月28日(火)
18:00開場 / 18:30開演
資料代:500円

*・*・プログラム*・*
●映画「カメジロー」上映(80分)
●辺野古参加者のシンポジウム(ユンタク)
 …「辺野古の海、埋め立てを止めるために何ができるのか」?
●参加団体からのアヒ゜ール

主催 :4.28「屈辱の日」京都集会実行員会
連絡先: F A X & 電話075-467-4437
    No Base!沖縄とつながる京都の会(代表 大湾)

*・*・*・*・*・*・*・*
今から7 0 年前、沖縄戦があった。
1945 年3 月末から6 月23 日まで。その後、8 月には広島、長崎に原子爆弾が投下され、
日本全土にB29 戦略爆撃機による大空襲が行われた。
なぜ、敗戦色濃い戦局で戦争継続がなされたのか。
ここにこそ「国民の命と財産を守る」と言ってきた日本軍、軍隊の正体が浮き彫りになる。
 1946 年に日本国憲法が公布、翌年施行されたが、アメリカは、アジアにおける権益拡大のため、極東に反共の砦として日本、その要として沖縄の基地建設を拡張し、日本国憲法の主権在民・平和・人権は踏みにじられた。
 1950 年6 月、朝鮮革命抑圧に介入したアメリカが、1951 年9 月の対日講和条約と旧日米安保条約を結んだ際、日本政府は日本の独立と引き替えに沖縄諸島(奄美諸島も)をアメリカの軍政下に差し出した。こうして日本の
再軍備(1950 年警察予備隊発足)が始まった。旧日本の財界と官僚、支配層が「生き返った」。
 講和条約と旧日米安保条約が発行された1952年4月28日は、沖縄にとって「屈辱の日」です。改めて「沖縄戦と屈辱の日」を振り返り、私たちの未来について考える機会にしましょう。 		 	   		  


CML メーリングリストの案内