[CML 037108] 限界集落に生きるとは

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 4月 19日 (日) 00:09:10 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。

 九州沖縄限定の放送です。

 安倍政権は、口を開けば地方創生と言います。しかし、現実には高齢化によっ
て消滅する地方は増え続けています。

 鹿児島県薩摩川内市東郷町にある本俣集落は、平均年齢72歳、23世帯39人が暮
らす限界集落です。子どもや若者は一人もいません。豊かな自然に囲まれていま
すけれど、集落の未来は開けていません。

 消滅の危機に立たされている限界集落の現実です。

 ドキュメント九州
 「限界集落に生きる」
 http://8ch.tnc.co.jp/dq/
 放送日:4月19日
 放送時間は各地で異なります。 
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内