[CML 037020] 【報告】第1453日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 4月 12日 (日) 08:43:59 JST


青柳行信です。4月12日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1453日目報告☆
      呼びかけ人賛同者4月11日合計3831名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 お疲れさまでした。
天神での応援演説 素晴らしかったです。
12日は 選挙。 棄権しないで たくさんの方が自分の考えを
投票行動で示してくれることを望んでいます。
あんくるトム工房
選挙に行こう  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3437

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆復興の目処も立たぬに「復興費被災地負担」を押し付ける国家(くに)
      (左門 2015・4・12−989)
※《復興予算を国が全額負担する集中復興期間を今年度で終え、16
年度以降は復興予算の枠組みを見直す考えを示され・・・・竹下復興相
は「復興に使うお金は、国民からいただいた税金ということをおさえてお
いていただかなければ」と語った》(朝日、本日)。これまでの復興費もジ
ェネコンやその類に横取りされたり、まともに執行されていないのに。
国家と東電の責任を「税金」を口実に投げ出す算段である。許せない!

★ ギャー さんから:
50基ものヒロシマが
この国に作られている
ヒロシマをナガサキを
呼び寄せた者たちが作っている
戦争をすることで懐を肥やす
懐を肥やすためにいのちを奪う
この国にナガサキがヒロシマが
フクシマが
投げつけられた痛みと苦しみを
私たちに投げかけている
今も痛みを訴えている

★ 田中一郎 さんから:
井戸川克隆前双葉町長が著書をお出しになりました。
(新刊本)『なぜわたしは町民を埼玉に避難させたのか』(駒草出版)
 http://tinyurl.com/nb9h5xd

★ ティヴィーシャワリン さんから:
4月14日(火)
高浜原発 3.4号機
(同じく関西電力福井県の大飯原発 3.4号機に続き)運転差し止め仮処分判決

14時〜福井地裁前。大飯・高浜原発差止仮処分弁護団、申立団が旗だしを行います。
15時(予定)記者会見・報告集会
http://t.co/ybih795I38

また、
4月22日(水)は、
鹿児島地裁の、川内原発再稼働差し止めの仮処分決定です。
https://twitter.com/saikadousosi/status/586116720454082561

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<経済産業省や経団連、自民党がベースロード電源を60%以上に引き上げると主張している問題>を報告します。

4月10日の青柳通信で「経済産業省や経団連、自民党がベースロード電源を60%以上に引き上げると主張している問題」の重要性を強調するあまり、LNG電源を<LNG電力は
スーパー電源>と報告しましたが、LNG電源にもたくさんの弱点もありますので、それについて報告します。
 LNG(液化天然ガス)の最大の弱点は、アメリカでのシェールガスの大量生産によって、現在のLNGの大量の普及と価格の低下が実現されている思われる事です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%B9

アメリカで急速にシェールガス生産が増大したのは、アメリカの地中深くのシェール層にパイプを差し込んで、大量の化学物質を含む高圧水を吹き込んで、シェール層に亀裂をいれ
てシェールガスを取り出す新しい技術が開発されたからです。そして、その結果アメリカの地下水の化学物質汚染を引き起こしています。アメリカでの公害の発生により、石炭や石
油からの炭酸ガスの発生が減らせているという最大の弱点を持っています。
 また、LNGは低温度で液化しておかないと、貯蔵が難しい燃料ですから、国内在庫日数は14日分しかありません。
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/016/pdf/016_008.pdf

LNGは石油が中東に過度に依存している事に比べると、分散して購入されてはいますが、既に現在の日本の電力の50%近くはLNGに依存していますから、輸入先に何かあれば
電力の生産が窮屈になります。また、LNGの埋蔵量も限られていますので、大量に使用するとやがては枯れてしまいます。
 これからは、再生可能エネルギーを急速に増加していかなければ、日本はやがて行き詰ってしまいます。
 あくまで、LNGは緊急避難の燃料です。しかし、今再生可能エネルギーを急速に増加すれば、電気代が高騰するからといって、危険で高価な原子力の電力や大量に炭酸ガスを発
生する石炭電力を50%まで増やし、LNGの使用を直ちに削減するというような事はあまりにもばかげていると思います。

★  たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2458】2015年4月11日(土)
┏┓
┗■1.小出裕章さんインタビュー・原発事故から4年を経た総括 (下)
 |  4年経っても「緊急事態宣言」を解除できない現状を自覚すべき
 |  「科学技術立国」「原発先進国」という幻想
 |  戦後70年原発事故の戦後史的意味とは?
 └──── 小出 裕章(元京都大学原子炉実験所)

東電の「情報公開」あり得ない/犯罪者がかばい合ってやりたい放題

◯編:2号機から汚染水が港湾外に流出していた汚染水漏洩で、東電は、原則として情報を公開する方針を決めたと報道されています。「ようやく」という感はぬぐえませんが、信
用できる方針転換ですか?また、これを実質化するための提案は?
小出…東電が情報公開するなんてあり得ません。これまでも情報を隠してきましたし、これからも隠します。今回の不祥事で東電の姿勢が変わることはありません。これまで東電
は、ずっと情報を隠して、バレてしまったら「情報公開します」と言いながら公開しないでやってきました。今回の汚染水漏洩と情報隠しにしても、彼らは深刻に受け止めてなんて
いません。「大したことじゃないのにな…」くらいにしか思ってないでしょう。
 私は、「東電の幹部は犯罪者であり刑務所に入れるべきだ」と言い続けています。誰も責任を取らないし、被害者の損害賠償にしても、加害者である東電が損害の査定をするとい
うおかしな仕組みになっています。その結果、東電は2015年3月期決算の経常利益が2270億円の黒字になるというのです。被害者への責任を取らないで黒字を確保するという、とん
でもない会社です。こんな仕組みは根本的に間違っているし、犯罪者である東電がやろうとすることは全て禁止すべきです。
 本来なら国家が東電に責任を取らせて、国家管理の下で事故処理をしなければなりませんが、政府も原子力マフィアの一員です。政府・東電という犯罪者集団が、お互いにかばい
合って、ぬくぬくと生き延び、やりたい放題やっているのが現実です。このような状態で、正確な情報が開示されるわけがありません。
 本来なら東電を倒産させて、情報についても東電が管理するのではなく、情報公開のための組織を作らねばなりませんが、そんな気配すらありません。

どんな過酷事故でも、電力会社は安泰

◯編:高浜原発再稼働について。
小出…関西電力が原発を再稼働させたい理由は、動かない原発が不良債権化し、決算が赤字になることを恐れているのでしょうが、次の点が重要です。関西電力が福島原発事故から
学んだ最大の教訓は、「どんな過酷な事故を起こして住民を苦境に陥れても、絶対に自分たちが責任を問われることはない」ということです。東電があれだけの事故を起こしても、
誰も刑事責任を問われず会社は黒字になるのですから、関西電力が高浜原発を再稼働させて事故を起こしたところで、彼らは安泰なのです。
 政府の側にもさまざまな思惑があるのでしょうが、一つは原発輸出のために再稼働は必要だということです。自国で原発が動いていないのに他国には輸出しますという道理は、さ
すがに通りません。原発を輸出するためには、再稼働が絶対条件です。
 ただし、高浜原発の再稼働は無理でしょう。3月内にも再稼働禁止の仮処分が決定されるでしょう。仮処分決定は出た時点で確定しますから、再稼働は不可能でしょう。

◯編:3月で定年を迎えられます。今後、どのような活動をされる予定ですか?
小出…定年なんて所詮、社会的な制度でしかありませんから、私にとって重要な意味はありません。ただし、私も生き物なので、老いや死を避けることはできません。定年は、老い
や死への一里塚だと思っていますので、残りの人生をどう生きるかを考える時だと思っています。
 しかし、福島の事故から4年経って、事故そのものも収束できないし、たくさんの人々が苦難に落とされているのですから、そこに目をつぶることはできません。私は「仙人にな
る」と言っていますが、周囲の人たちは「そんなことはさせない」と怒っていますので、私しかやらない、私にしかできないことを引き受けながら、少しずつ退いていくしかないと
思っています。私は暑さが苦手なので、涼しいところで山にも登ってみたいと思っています。

注:日本軍の原爆開発
 第二次世界大戦中、軍部には2つの原子爆弾開発計画が存在していた。陸軍の「ニ号研究」と海軍のF研究である。
 1938年からウラン鉱山の開発が行われ、1941年4月に陸軍航空本部は理化学研究所に原子爆弾の開発を委託。研究には理化学研究所の他に東京帝国大学、大阪帝国大学、東北帝国
大学の研究者が参加した。
  (「人民新聞」第1543号2015年3月15日より編集部の許可を得て引用)
┏┓
┗■2.鹿砦社「紙の爆弾」10周年記念の集い盛況
 |  反原発季刊誌『NONUKES voice』の成功を願い協力しよう
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

1.4月7日(火)鹿砦社(ろくさいしゃ)(本社は兵庫県、東京支社は千代田区三崎町)の10周年を祝う会(=月刊「紙の爆弾」10周年記念の集い)が、「スペースたんぽぽ」で開かれま
した。約90名が当日のお祝い会に参加、当初の予想(50名)を大幅に上回りました。
 会の内容も雰囲気のいい集まりでした。月刊「紙の爆弾」が伸びると同時に、今後、反原発季刊誌『NONUKES voice』(現在1から3号まで発刊)も伸びて初の反原発雑誌の継続と成
功を願うものです。

2.祝う会は、第1部・中川編集長、松岡社長のあいさつ的内容、ミサオレッドウルフさん(反原連)の首都圏反原発連合などの話、第2部・鹿砦社へのお祝い、叱咤激励のもろもろ
のことばでした。
 主な発言者を紹介します。週刊金曜日の社長、救援連絡センターの山中代表、浅野健一同志社大学教授(元?)、内藤隆弁護士、一水会の鈴木邦男氏、フリーライターの人々(6から
7名)が発言。
 集いの最後に、鈴木千津子(たんぽぽ舎共同代表)さんと私もあいさつしました。鈴木千津子さんは、たんぽぽ舎発足以来の食品の放射能測定26年の歴史と、3・11東電福島第一
原発事故後の苦労したエピソードを語りました。柳田は、反原発季刊雑誌が初めて出版されたことの意義の大きさ、編集−発行者の勇敢さに賛同する。今後「原発再稼働の日本」で
「近い将来に原発大惨事は必至」。それを防ぐためにも季刊『NONUKES voice』の役割は大きい。私たちも協力したい旨を述べました。

3.なお、「ろくさいしゃの10年と不当な弾圧」については、『月刊「紙の爆弾」』2015年5月号の巻末に弾圧された当事者の松岡社長の簡潔なまとめ文が最後の頁に載っています
ので、関心のある方はごらん下さい。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは統一地方選(前半)の投票日です。今朝は、それに関連する記事からはじめます。

選挙は、
1.「前半戦12日投開票=地方創生の行方占う【統一選】」時事通信?4月11日(土)15時31分配信 
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015041100171&rel=&g=
「第18回統一地方選前半戦の10道県知事選と5政令市長選、41道府県議選、17政令市議選が12日、投開票される。・・・・
選挙戦では、人口減少に対応しどのように「地方創生」を進めるかをめぐり論戦が交わされた。地方経済の立て直しに加え、原発が立地する北海道、福井、島根では再稼働の是非も
争点になった。知事選は、北海道、神奈川、福井、三重、奈良、鳥取、島根、徳島、福岡、大分の10道県、政令市長選は札幌、相模原、静岡、浜松、広島の5市が対象。・・・
道府県議選は岩手、宮城、福島、茨城、東京、沖縄を除く41道府県、政令市議選は仙台、静岡、北九州以外の17市で投開票が行われる。
道府県議選は、総定数2284に対し過去最少の3272人が立候補。うち501人が無投票当選となり、残る1783議席を2771人で争う。自民党が1991年の統一選以来、24年ぶりに改選議席の過
半数を獲得できるかが焦点。・・・・」

1’.「統一地方選の前半戦、12日投開票 候補者ら最後の訴え」朝日新聞デジタル?4月11日(土)22時1分配信 
http://www.asahi.com/articles/ASH4C5J2MH4CUTIL00Z.html
「・・・「4選阻止」を合言葉に野党の支援を受ける佐藤氏も、この日は札幌市内でマイクを握った。訴えの大部分を「脱原発」に費やし、市営地下鉄東札幌駅前での街頭演説では
「(北海道電力)泊原発の再稼働はしない。現職候補との大きな違いだ」と強調。高橋氏を「軍艦」に例え、「私の『手こぎ船』をみなさんでこいでほしい」と声を上げ
た。・・・・」

1”.「<統一地方選>原発、地方経済 政策見極め一票を 前半戦あす投票」東京新聞2015年4月11日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015041102000135.html
・・・各党の政策一覧表有。

川内原発の地元は、
2.「社説(鹿児島)[県議選あす投票] 未来託す一票投じよう」南日本新聞(?4/11 付?)
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201504&storyid=65128&page=1
「鹿児島県議会議員選挙はあす投票日だ。無投票の6選挙区を除く15選挙区44議席をめぐって、70人が争っている。
本紙の県議選候補者アンケートでは、地方創生で特に重要と考える施策として「雇用の確保」を6割が選んだ。「子育て支援」「移住者の増加」を挙げ、地域の活性化策を論じる候
補者もいた。農業改革、教育なども含め、鹿児島の課題をどう捉え、どこに活路を見いだすのか。地方創生以外にも原発再稼働や避難計画のあり方、議会改革など、注目したい点は
多い。・・・・・・・
県議選の投票率は前回の11年が53.23%と、3回連続で戦後最低を更新している。中でも若者の選挙離れは著しく、20代が30.83%、30代は42.55%だっ
た。・・・・・」

2’.(鹿児島県)「’15統一選かごしま:県議選あす投票 44議席巡り70候補が舌戦 景気、原発争点に激しさ増す」毎日新聞 2015年04月11日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20150411ddlk46010371000c.html

2”.(鹿児島)「’15統一選かごしま:有権者も努力を 県議会は県民の代表、能動的に取捨選択を 「県議会は遠い」の声に」毎日新聞 2015年04月11日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20150411ddlk46010372000c.html

2”’.(鹿児島)県議選期日前投票9.47% 前回上回る」南日本放送 [04/11 11:50]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015041100008701
「12日投票が行われる県議選の期日前投票で10日現在の投票率は9.47%と前回の県議選の同じ期間より2.23ポイント上回っています。・・・県選挙管理委員会によりま
すと10日までの7日間に期日前投票を行った人は10万9125人で投票率は9.47%でした。これは4年前に行われた前回の県議選の同じ期間の投票率7.24%を2.23
ポイント上回っています。・・・」

2””.(鹿児島)「県議選で9%余りが期日前投票」NHK鹿児島04月11日12時25分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5053492841.html?t=1428781146405
「・・・今回の選挙で、10日までに期日前投票をした人は有権者の9.47%にあたる10万9000人余りとなっています。・・・期日前投票を済ませた人の数を市町村ごとに
見ますと、最も多いのが鹿児島市で有権者の6.80%にあたる3万3343人、次いで薩摩川内市が11.75%にあたる9311人、霧島市が8.34%にあたる8438人な
どとなっています。・・・」

玄海原発の地元は、
3.「(佐賀)県議選、12日に投開票」佐賀新聞2015年04月11日 11時00分 
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/senkyosaga/30101/175875
「・・・・改選後は、九州電力玄海原発の再稼働問題や佐賀空港へのオスプレイ配備計画など県の将来を左右する重要課題への対応が求められる。共産や社民はこれらの国策に対し
て反対姿勢を示しているが、主要な論戦テーマにはなっていない。現有議席28で最大勢力の自民は無投票当選の12人を含め30を上回る議席獲得を目指す。民主は現有3議席
(1議席は無投票当選)の維持が命題。佐賀市に1議席を持つ公明、共産は唐津市に新人を擁立し2議席目を狙う。社民は佐賀市の1議席死守に全力を挙げる。・・・・」

3’.「(佐賀)県議選 各党手応え」佐賀新聞2015年04月11日 10時55分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/senkyosaga/30101/175873

3”.(佐賀県)「どうなる県議選の投票率 選挙離れ若者ホンネは?」佐賀新聞2015年04月11日 10時45分 
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/senkyosaga/30101/175868
長い記事「若者の選挙離れが止まらない。昨年末の衆院選は20歳代の3人に2人、30歳代の5人に3人が投票に行かなかった。政治に対する関心の低さや「1票」への期待の薄
さが指摘されるが、本人たちはどう思っているのだろうか。佐賀県議選が投開票される12日を前に、この世代のホンネを聞いてみた。
■衆院選 30代激しく低下 投票率の低迷は若い世代で深刻だ。総務省によると、昨年末の衆院選は戦後最低の52・66%で、年代別では20歳代が32・58%で最も低く、
30歳代の42・09%と続いた。最も高いのは60歳代の68・28%だった。20歳代が1993年の衆院選から40〜30%台が続いているのに対し、30歳代は昨年初めて
50%を割った。30歳代は93年までは全体の投票率を上回っており、近年の「選挙離れ」は20歳代より激しいといえる。・・・・・
○薬局事務員・・・(31) 「一票の重み」という言葉に実感がわかないのが本音。私の投票で世の中が劇的に変わるなんて思えない。県議選は時間があったら行くつもりだけ
ど、候補者の公約を読み比べても、どこに差があるのか分からない。第一、県議の「仕事」がどんなものか、普通の人には見えにくい。ただ、この間の知事選では原発問題に関する
訴えには注目した。大きなトピックがあれば、若い年齢層も投票には行くと思う。結婚して子どもができて、生活に直結する問題が出てくれば、一票への思いは深くなるかもしれま
せんね。(小城市小城町)・・・・」

4.(福岡県)’15統一選ふくおか:知事選あす投開票 両陣営、手応えは」毎日新聞 2015年04月11日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20150411ddlk40010401000c.html
「12日投開票の知事選は最終盤を迎え、現職の小川洋氏(65)と新人の後藤富和氏(46)の両陣営幹部に、選挙戦の手応えなどを聞いた。・・・・
◇世代を超え共感呼ぶ 後藤陣営 堀良一・選対本部長 公式な出馬表明は1月31日と遅れたが、巻き返してきている。政府は集団的自衛権の行使を容認し、原発再稼働に踏み切
ろうとしている。そんな今だからこそ、県民を代表して「NO」の声を上げようとする候補者の訴えは、世代を超えて共感を呼んでいる。最後に追い抜きたい。若いボランティアが
支えるように、年の近い若者世代への政治参加を促す絶好の候補者でもある。過去3回、50%に届かなかった投票率を引き上げたい。・・・・」

官邸前行動、
5.「官邸前行動 暴走政府に憤り 雨つき「再稼働反対」」しんぶん赤旗2015年4月11日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-04-11/2015041117_02_1.html
「「原発ゼロ」を求める国民の声を無視して原発推進の政策をすすめる安倍晋三政権。首都圏反原発連合は10日、毎週金曜日の首相官邸前抗議行動をおこない、冷たい雨のなか、
600人(主催者発表)の参加者が「原発いらない」と声をあげました。
「いつか来たいと思っていました」。京都市伏見区に住む女性(60)は、今年3月に高校教員を定年退職。「やっと時間ができたので思い切って来ちゃいました」といいます。「原
発再稼働を絶対に許すわけにはいきません」・・・・・」

5’.【金曜日の声 官邸前】再生エネに転換すべき」東京新聞2015年4月11日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015041102000186.html
「東京都豊島区の無職安東民衛さん(72) 原子力規制委員会は2月に関西電力高浜原発3、4号機が原発の新基準に適合していると判断したが、断層や大地震への考慮がまった
く足りず、ずさんな審査だ。とにかく地道に抗議の声を上げ続けたい。
東京都江東区の無職長田美津子さん(65) 日本は地震、津波、火山といった自然災害が多く、危険な原発は止めてほしい。人間には必ず失敗がある。処理できない放射性廃棄物
が出るという問題もある。再生エネルギーへ転換するべきだ。」

原発立地・周辺地域、
6.(静岡県)「集客施設避難や原発攻撃対処 静岡県が国民保護計画変更」@S[アットエス] by 静岡新聞?4月11日(土)7時53分配信
全文「静岡県は10日、国の方針に連動した県国民保護計画の変更について、各部局幹部を集めた危機管理連絡調整会議で報告した。主な変更点は、商業施設や映画館などの大規模集
客施設の避難対策で県の責務を明確化したこと。有事の際、県は施設管理者と連携し、滞在者の円滑な避難を図る。中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)が武力攻撃を受けた場合の措
置も追加した。県は、原発から5キロ圏の予防防護措置区域(PAZ)には直ちに他地域への避難、状況に応じて屋内退避を、31キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にはまず屋内待避、そ
の後に他地域への避難を指示する。
同計画は、国の基本指針に基づき、戦争やテロなどの際の、住民の避難や救援に関する県の対応をとりまとめた。2006年に当初計画が策定され、今回の変更が5回目。県危機管理部の
担当者は「新しい計画を今後、自治体が事務や対応の主体になる防災計画と連動させていきたい」と話した。」

原発事故避難、
7.「「被曝してからでは遅い!」自治体反発…SPEEDI排除の規制委判断は正しいか」産経新聞?4月11日(土)11時14分配信 
http://www.sankei.com/life/news/150411/lif1504110001-n1.html
長い記事「原発で万が一、事故が起こったとき、放射性物質がどのように拡散するか。それを予測する「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI=スピー
ディ)をめぐって、原子力規制委員会と地方自治体が対立している。東京電力福島第1原発事故では、SPEEDIのデータが住民に公表されず、初期避難に混乱を招いた。規制委
は原発事故発生時の対策を盛り込んだ指針から、SPEEDIに関する記述を削除し、事実上の“排除宣言”をしたが、自治体は避難時に活用できる可能性はあると反発。本当にS
PEEDIは要らないのだろうか。・・・・
「規制委がSPEEDIを使わないとしたことは間違っている。実際に被曝(ひばく)してからでは遅い」こう反発するのは新潟県原子力安全対策課の担当者。県は3月26日、規
制委に対し、SPEEDIを堅持するよう意見書を提出した。・・・・
当時、経済産業相を務めていた海江田万里氏は「(SPEEDIの)存在すら知らなかった」と話し、官房長官だった枝野幸男氏も「(SPEEDIの存在を)マスコミからの指摘
で知った」と明かすありさまだった。・・・・
ただ、「(原発事故時の)情報は国に頼らざるを得ない。正しい情報を正しいタイミングで出してもらえるならそれでいいが、さらに(予測の)精度を上げるにはSPEEDIを使
うべきでは…」との本音も漏れる。
規制委の田中俊一委員長は「SPEEDIという特性を踏まえた上で実測値をベースにすると判断した。(自治体に)中身をきちんと納得してもらえるようにしていくことが大事
だ」と理解を求めた。
実際に事故が起きれば、避難するのは原発が立地する地域の住民だ。規制委は自治体の理解を得られるのか。地方とのコミュニケーション不足が指摘されている規制委の弱点でもあ
る。」
・・・・みんな他人事のような検討をしています。

原発施設、
8.「大間原発審査 段丘など議論 規制委」河北新報2015年04月11日土曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150411_23060.html
「原子力規制委員会は10日、電源開発(Jパワー)が青森県大間町に建設中の大間原発の新規制基準適合性審査(安全審査)会合を開き、同原発周辺の地形をテーマに議論した。
段丘などの地形変状について、Jパワーが「活断層による隆起ではない」と説明したのに対し、規制委からは「より詳しい説明が必要」などの厳しい声が相次いだ。・・・・
大間原発の周辺には、ほかの原発立地地域にみられない段丘があり、沖合にも段丘状の地形が見られる小島「弁天島」がある。Jパワーは、下北半島西部で実施したボーリング調査
や海上音波探査などの結果を提示し、断層活動による地形変化を否定した。・・・・」

福島第1原発、
9.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年04月11日
「10日正午現在 1.020マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力の計測結果から 前日は1.017マイクロシーベルト毎時」

10.「構内に貯蔵施設建設へ 第1原発のがれきや伐採木」福島民友新聞?4月11日(土)12時20分配信 
全文「政府と東京電力は10日、福島第1原発で出た放射性物質を含むがれきや伐採木などの廃棄物を保管するため、原発構内に専用の貯蔵施設を造る方針を示した。がれきなどの容量
を減らす減容化を進め、適正に保管するのが目的。都内で同日開いた自民党の会合で、貯蔵施設の建設方針を盛り込んだ廃炉工程表の骨子案を説明した。
東電によると、第1原発で出るがれきなどの総量は2027(平成39)年度までに、約56万立方メートルになると試算。政府と東電は発生量を抑えながら、容量を減らした上で保管する計
画。」

11.「福島第1の原子炉調査ロボ停止 回収の見込み立たず」日経新聞2015/4/10 20:04
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10HEZ_Q5A410C1CR8000/
「・・・・ロボットは2011年3月の事故で炉心溶融を起こした1号機の原子炉の状態を調べるため、国際廃炉研究開発機構などが開発。格納容器の内部に初めて投入された。 
東電によると、10日午前9時すぎにロボットによる調査の作業を開始。格納容器内への投入に成功し、内部の金網製の踊り場で調査していたところ、午後2時すぎに走行不能になっ
た。操作用のケーブルが障害物に引っかかったことなどが原因とみられるが、詳細は不明という。
ロボットは2011年3月の事故で炉心溶融を起こした1号機の原子炉の状態を調べるため、国際廃炉研究開発機構などが開発。格納容器の内部に初めて投入された。 
東電によると、10日午前9時すぎにロボットによる調査の作業を開始。格納容器内への投入に成功し、内部の金網製の踊り場で調査していたところ、午後2時すぎに走行不能になっ
た。操作用のケーブルが障害物に引っかかったことなどが原因とみられるが、詳細は不明という。」

11’.「福島第1原発:調査ロボ、走行不能 格納容器、探査初日に」毎日新聞 2015年04月11日 東京朝刊 ※絵図有
http://mainichi.jp/shimen/news/20150411ddm041040037000c.html
「・・・・格納容器内は2012年10月の測定時で、空間放射線量が最大毎時11・1シーベルト。一度に浴びると死亡の恐れがある高線量だが、東電は「強い放射線にも耐えう
る設計で、停止は放射線の影響ではない」と説明している。ロボットからは停止後もケーブルを通じて画像や放射線量、温度のデータは送られている。」

12.「廃炉へロボット開発支援 会津大、技術提供」河北新報?4月11日(土)14時55分配信 
全文[会津大は10日、ICT(情報通信技術)を生かし、企業のロボット開発を支援する「ロボットバレー創出推進事業」に取り組むと発表した。東京電力福島第1原発の周辺地域に災害
対応ロボットの研究機関を集積する国の「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」に貢献することを目指す。
原発事故の廃炉作業で使われているロボットは、搭載したカメラの画像は見えるが、ロボット周囲の状況が分かりにくいといった課題があった。小惑星探査機「はやぶさ」で使われ
た同大のコンピューター技術などを応用して課題を克服し、新たなロボットの開発を進める。
想定するのは、上からの映像を3Dで見ることができるロボットや、触感を伝えるなど人間が直接作業するような感覚で操作できるロボット、人工知能で自律的に動くロボットなど。
また、ロボットのソフトウエアが研究者や企業ごとに異なり互換性がない問題に対応し、共有可能なソフトを作ることで開発の高度化やコスト削減につなげる。
同大は4月、先端情報科学研究センターにロボット開発の研究グループを設立。福島県から補助を受け、3年後をめどに事業の実現を目指す。
10日、ロボット開発会社のアイザック(会津若松市)とテムザック(福岡県宗像市)の2社と連携協定を結んだ。岡嶐一学長は「新たな雇用と技術開発を生む起爆剤にしたい」と語っ
た。」・・・福岡県の企業の名前も出てます!!

原発被害地域フクシマ、
13.●「被災3県で小中学校194校減少」NHK福島04月11日19時58分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053934341.html?t=1428783719461
「震災から4年がすぎ福島、岩手、宮城の被災地では過疎化や少子化に加えて震災による人口流出で子どもの数が減少しています。・・・・震災前の平成22年度で小学校と中学校
の数は3県あわせて1986校でした。・・・
文部科学省によりますと小中学生の数は震災前の平成22年度と震災から3年がたった平成26年度を比較すると全国平均では4.2%減少していますが、▼福島県では
14.1%、▼岩手県で8.5%、▼宮城県で4.5%といずれも平均を上回る減少率となっていました。・・・
県別では▽福島県は55校減って686校、▽岩手県が73校減って508校、▽宮城県は66校減って598校、となっています。・・・・」

14.「本県から米に12人派遣 27日からNPT再検討会議」福島民友新聞?4月11日(土)12時21分配信 
全文「原水爆禁止県協議会は、米ニューヨークで27日から始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に県内から代表12人を派遣する。団長の馬場績(いさお)さん(71)=浪江町=ら
が10日、県庁で会見した。
訪問団は、県内で約5万筆集まった核兵器禁止と原発ゼロに賛同する署名を国連側に提出したり、各国の非政府組織(NGO)らと交流する計画。馬場さんらは「核兵器も原発も人間と
は共存できない。被災者として訴えてきたい」と話した。」

15.「川俣町議会 議員定数4減可決」河北新報?4月11日(土)14時55分配信
全文「福島県川俣町議会は10日の臨時会で、議員定数を現行の16から12に削減する条例案を賛成8、反対7の賛成多数で可決した。条例案は住民の直接請求により町が提出した。今秋
の町議選から適用する。
町民有志が2日、古川道郎町長に有権者の半数以上に当たる6384人の署名を添え、定数削減の請求書を提出。有権者約1万2000人に見合った定数に減らすよう求めた。
町は東京電力福島第1原発事故で山木屋地区が居住制限区域と避難指示準備区域に指定されている。臨時会で一部議員は「全町民が被害者で、原発事故は収束していない。非常時に備
えるためにも16人必要だ」と削減に反対した。古川町長は「直接請求は重い。議員と町民の思いが乖離(かいり)していると感じている」と述べた。
直接請求した住民の代表で、山木屋地区から避難している農業佐藤新一さん(82)は「有権者1000人に1人の議員がいれば、議会は停滞しない。(浮いた議員報酬を)復興や人口減少
対策に使ってほしい」と話した。」

16.「再エネに理解を小水力発電完成」NHK福島04月11日19時58分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053878351.html?t=1428783571629
「福島市の公園に子どもたちが再生可能エネルギーを学ぶことができる小水力発電の水車が完成し、11日、お披露目されました。
福島市にある農村公園「四季の里」では、子どもたちに再生可能エネルギーを身近に感じてもらい、その仕組みを学んでもらおうと園内の水路を利用した小水力発電設備を完成させ
ました。11日は関係者などおよそ30人が参加して式典が行われテープカットで完成を祝いました。
この設備は農業用水路の水の流れで水車を回して発電するもので、最大で一般家庭4世帯分にあたる2点5キロワットの電力を発電でき、園内の照明などに使われるということで
す。
また、子どもたちが天候に左右されずに外で遊べる屋根付きの運動広場も完成し、近くの幼稚園児たちが真新しい人工芝の上で歌やダンスを披露していました。福島市環境課の宍戸
亮課長は、「再生可能エネルギーを間近で見て、学べる施設になっているので、ぜひ遊びに来て欲しい」と話していました。 」

17.「震災復興祈念館 若者の手で」朝日デジタル2015年4月12日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/CMTW1504110700001.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_CMTW1504110700001
「「震災復興祈念館」の設立を目指す若者たちのプロジェクトが始動した。メンバーは飯舘村から福島市に避難しているNPO法人理事長の佐藤健太さん(33)ら。11日に同市
内でキックオフイベントがあり、「東京五輪が開かれる2020年に間に合わせよう」と誓い合った。
イベントでは、二本松市で農作物を作りながら福島の現状を伝える会社「きぼうのたねカンパニー」の菅野瑞穂代表(27)が講演。安全なものを作り続けてきた自信が原発事故で
一瞬にして奪われた憤りや不安、それを乗り越えて会社を興し、農業体験ツアーを開いていることなどを話した。・・・祈念館設立を目指すきっかけは、佐藤さんの疑問だった。福
島は「野菜も観光も安全です」と前向きなことばかり発信してはいないか。「教訓を出し続けることが重要。見えない放射性物質だからこそ、恐怖を可視化しなければいけない」
 構想では、原発事故で福島がどう変わったのかを写真や年表で展示するだけでなく、防護服を着るコーナーを設けるなど「体験」にこだわる。「福島を訪れた人が身をもって学ぶ
スタート地点にしたい」・・・・・・」

18.「富岡復興願い“桜の舞” 夜の森地区で「ひょっとこ踊り」」福島民友新聞?4月11日(土)12時1分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/0411/news1.html
「福島第1原発事故に伴い、全域が避難区域となっている富岡町の桜の名所、夜の森地区の桜並木で10日、避難生活を続ける町民有志らが「ひょっとこ踊り」を披露し、町の早期復興
を願った。踊りを演じたのは、同町から三春町の仮設住宅に避難する斉藤泰助さん(85)ら7人。「避難生活の気晴らしになれば」と、2月から高柴デコ屋敷(郡山市)の橋本広司さ
ん(69)の指導を受け、踊りの練習を重ねてきた。・・・・・」

19.(本宮町)「英国のウィリアム王子効果か 本宮・キッズパーク利用増」福島民友新聞?4月11日(土)11時58分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0411/news11.html
「英国のウィリアム王子が2月下旬に訪れた本宮市の子ども向け運動施設「スマイルキッズパーク」で、王子の訪問を境に利用者数が倍増していることが10日、分かった。利用者は市
内に限らず市外からも多く、市は「今の状況が一過性にならないように魅力を発信していきたい」と意気込む。同施設は東京電力福島第1原発事故後、子どもたちが安心して遊べる場
所を提供しようと、2012(平成24)年7月、屋内遊び場を開設。同市によると、利用者からは「王子はどこを通ったのか」などの声が寄せられ、駐車場には県外ナンバーも見られる。
14年12月には隣接地に屋外遊び場も整備した。・・・・」
・・・えっ、屋外も・・・・。

20.(桑折町)「震災と原発事故の記憶引き継ぐ 桑折町が記録誌発刊」福島民報?4月11日(土)9時36分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015041122096
「福島県桑折町は、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の災害記録誌「『こおり新時代』へ あとから来る者のために 東日本大震災・原発事故から4度目の春」を発刊し
た。震災と原発事故の記憶、対応を後世に残そうと出版を企画した。A4判、144ページ、オールカラー。写真をふんだんに使い、説明文を添えた。・・・・
5千部作成した。町内全戸に配布したほか、公共施設などに保管している。福島市の民報印刷の制作・印刷。記事中に引用した新聞紙面の提供など福島民報社が協力した。閲覧に関
する問い合わせは総務課危機管理係・・・」

21.(須賀川町)「ミツバチで須賀川を元気に 街中で養蜂、商品開発へ」福島民友新聞?4月11日(土)12時9分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/0411/news8.html
「蜂蜜で地域を活性化―。養蜂事業でまちを元気にし、原発事故の風評被害の払拭(ふっしょく)も目指す「須賀川ミツバチプロジェクト」が10日、須賀川市でスタートした。市民
有志が街中でセイヨウミツバチを飼育し、採れた蜂蜜を使って飲食店などが商品を開発して売り出す。須賀川牡丹園をはじめ花の名所が多い同市。「良質な蜂蜜ができる」と、蜜集
めに飛び立ったミツバチを見送りながら、関係者は期待を込めた。・・・・都会では難しいとされてきた養蜂事業を東京・銀座で成功させた「NPO法人銀座ミツバチプロジェクト」の
活動を参考に事業を進める。・・・セイヨウミツバチ約6万匹を結婚式場「グランシア須賀川」の屋上で飼育、初年度は約200キロの蜂蜜の採取を目指す。・・・・」

22.「野菜・果実2年連続下回る 放射性セシウム基準値」福島民報?4月11日(土)9時40分配信 
http://www.minpo.jp/news/detail/2015041122083
「福島県が平成26年度に実施した農林水産物の放射性セシウム検査で、本県産の野菜・果実の全てが食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)以下となった。25年度
に続き2年連続。県のセシウム吸収抑制対策などが奏功する形となった。ただ、東京電力福島第一原発事故による風評は根強いため、県はふくしまデスティネーションキャンペーン
(DC)などの機会を捉え、国内外へ安全性をアピールする。
 野菜・果実は全食品群で最も多い258品目。25年度から23品目増えたが、5850点全てで基準値超ゼロを維持した。このほか、玄米、原乳、肉類、鶏卵、その他(樹実類
など)も基準値を超えた検体はなかった。・・・・・
検査した全ての農林水産物のうち、基準値超の検体が占める割合は23年度が3・4%、24年度が1・8%、25年度が1・4%、26年度が0・4%で減少傾向が続いている。
基準値超えの検体数が最も多い水産物では、基準値超過の検体数が前年と比べて3分の1以下の75点と大幅に減った。山菜・キノコも基準値を超えた検体数が3分の1以下まで減
少した。品目によって出荷制限がかかる範囲は異なるが、検査で基準値を超えた品目は出荷制限がかかるため、市場には流通していない。・・・
長期的な検査体制の維持も課題になっている。県によると、年間1億8千万円の検査費用が必要だが、県の県民健康管理基金を取り崩して充てており、あと数年で底を突く。県は国
に財政支援を求めているが、厚生労働省は「検出されない品目が増えた」などとし、ガイドラインで検査対象の品目数を毎年減らしている。県の要望に応じるかは不透明だ。県は風
評払拭のため27年度以降も検査の対象品目数を維持する考えで、県環境保全農業課は「安全安心の確保のために同じ規模で継続して検査を実施していく」としている。」

23.◎●「eye:見つめ続ける・大震災 数値のある日常 福島・点在する線量表示」毎日新聞 2015年04月11日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150411dde012040002000c.html
公園、高速道路、駅、コンビニといった何気ない場所にふと数値が表示されているのが目に入る。単位は主に毎時のマイクロシーベルト。当地の放射線量の案内だ。震災と原発事故
から4年が過ぎた福島で垣間見える日常風景の断片を集めてみた。
福島県内では今も放射線の測定値が重要な生活情報に位置づけられている。昨年4月の当欄でも特集した県内各地のモニタリングポストによる測定結果は、地元の新聞やラジオで連
日伝えられ、県の関連サイトではリアルタイムで確認できる。さらに行政、企業、個人などが独自に「数値を伝えることで、見えない放射線に対する人々の不安を少しでも拭えれ
ば」と、液晶ディスプレーや電光掲示、あるいは手書きなど、それぞれのスタイルで情報提供する姿が目に付く。
とはいえ今、その掲示に足を止めて注視する通行人の姿は少ない。表面上かもしれないが人々は数字をあまり意識していないようにも見える。モニタリングポストと同様、線量表示
の存在もまた日常に定着してしまったからだろうか。
お寺の掲示板の数字を見た女性がつぶやいた。「今の数値の良しあしは分からないけど、私が残念なのは、以前は下がり続けていたのに最近ほとんど変わらないこと。なかなかもう
良くならないのかな、って」。収束を見通せない閉塞(へいそく)感まで定着してほしくない。」
・・・写真8枚有。

24.「(福島県)11日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量測定値」福島民報4月12日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

25.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野新聞4月11日17:25
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150411/1926120
「▼空間放射線量率(11日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

26.「【栃木】県議選 各党の県版公約読み比べ 防災、原発、指定廃棄物どう対処」東京新聞2015年4月11日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150411/CK2015041102000161.html
各党の主張が並んでいます。

27.(岩手県)「露地栽培原木シイタケ 2生産者 出荷制限解除」岩手日日(4/11)
http://www.iwanichi.co.jp/ichinoseki/1025.html
「県は10日、国から一関市に出されていた露地栽培原木シイタケの出荷制限指示が一部解除されたと発表した。今回解除されたのは2人の生産者で、今後の検査で基準値(1キロ当
たり100ベクレル)を下回れば出荷できる。一部とはいえ同市で主力の露地栽培の解除は、シイタケ産地の再生に向けて大きな一歩になりそうだ。東京電力福島第1原発事故によ
る影響で、同市の露地栽培原木シイタケは2012年4月、県の放射性物質検査で基準値を大きく上回る放射性セシウムが検出され、県の出荷自粛要請に続き国から出荷制限指示が
出された。
市の調査では、市内の原木シイタケ生産者の7割が生産再開断念の意向を示すなど、産地崩壊の危機に立たされた。それでも早期の出荷制限解除に向け生産者は、県の「放射性物質
低減のための栽培管理チェックシート」に沿い、県北部などから原木を調達し植菌。ほだ場の落葉層を除去し、放射性物質の影響を低減させた上で徹底した栽培管理に取り組んでき
た。・・・・県が国と数カ月に及ぶ協議の末、2人の解除が決まった。出荷可能なのは、11日以降収穫されるシイタケ。2人の生産者はほだ場ごとに出荷前検査し、基準値を下回れ
ば出荷できる。・・・・」

28.(宮城県)「大崎産露地シイタケ 生産者1人の出荷制限解除」河北新報4月11日
全文「宮城県は10日、2012年4月に国の出荷制限指示を受けた大崎市産の原木シイタケ(露地栽培)のうち、生産者1人の制限が解除されたと発表した。安全な原木入手など
新たな栽培管理に取り組み、14年11、12月の検査で放射性セシウムが国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回った。露地の原木シイタケは県内21市町村で
出荷が制限されている。」

29.(茨城県)「原木シイタケ:県が出荷自粛解除 石岡などの3業者」毎日新聞 2015年04月11日 地方版
全文「東京電力福島第1原発事故のため、出荷自粛をしていた原木シイタケを巡り、県は10日、石岡市とかすみがうら市の計3業者が栽培した原木シイタケの出荷自粛を解除し
た。県内では2011年10月以降、土浦や小美玉など11市町が国の出荷制限を受け、8市町が県の出荷自粛要請を受けている。制限、自粛を含め、解除されたのは県内で初め
て。? ? ? ? ? 
県によると、原木シイタケの出荷制限・自粛は市町村単位ではなく、業者単位で解除の是非を判断する。解除された3業者の原木シイタケは今年2月の検査で、1キロ当たりの放射
性物質が食品衛生法の基準値(100ベクレル)を下回る同25ベクレル以下だった。今後も出荷前には放射性物質の検査を行い、安全性を確認した上で、出荷していくという。」

30.「【千葉】台湾の立法院長ら 農産物輸入で視察」東京新聞2015年4月11日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150411/CK2015041102000143.html
「森田健作知事が昨年十月に台湾で実施したトップセールスで、県産の農林水産物の輸入規制解除を要請してきたことを受け、台湾の立法院(国会に相当)の王金平院長ら立法院委
員や台湾のマスコミなど計約五十人が来県し、農産物の放射性物質検査施設などを視察した。
 王氏らは、千葉市緑区の県農林総合研究センターで、精密検査機器による県産ネギの放射性物質を調べる様子を見学。県職員が、ことし三月下旬までに野菜やコメなど農作物約四
千五百検体の検査を実施し、二〇一二年十二月以降、基準値を超えた品目はないことなどを説明した。・・・王氏は「今回の視察で見た実情を踏まえ、台湾に帰ったら行政当局に報
告、相談したい。視察はこれから輸入規制を緩和するかどうか大きな判断基準となる」と話した。」

電力、
31.「廃棄・再利用に指針=太陽光の発電施設−経産省」時事通信2015/04/12-02:31
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2015041100194
「経済産業省は11日、太陽光と風力を用いた発電施設の廃棄やリサイクルに関する指針を策定する方針を固めた。老朽化や事業撤退に伴う不法廃棄物の大量発生を回避するのが狙
い。14日に開く総合資源エネルギー調査会の新エネルギー小委員会で説明する。
再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」は2012年7月にスタートし、再生エネでつくられた電気を最長20年間、大手電力会社に買い取ることを義務付けている。太陽
光は導入量の9割超を占めているが、買い取りを求める事業者には経営基盤が強固ではない中小企業も多い。買い取り期間の終了と同時に撤退すれば、廃棄物の投棄が相次ぐ恐れが
ある。風力発電では巨大な風車の処分も課題になる。買い取り価格には将来の設備の廃棄費用分も含まれているが、事業者が実際に廃棄に充てる保証はない。このため、経産省は費
用を独立した会計で積み立てるよう要請することも検討する。」

32.◎◎「「原発比率2割」異論続々 有識者「事故なかったような議論だ」」東京新聞2015年4月11日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2015041102000126.html
「経済産業省は十日、二〇三〇年に目指す再生可能エネルギーや原発など、電源種類別の発電比率を検討する有識者会合を開いた。自民党と経産省が原発で二割程度を賄うことを念
頭に水面下で比率案を調整していることに対し、出席者からは「福島(の原発)の事故がなかったかのような議論だ」などの異論が相次いだ。・・・・
十日の会合では、この提言に対し、東京理科大の橘川武郎(きっかわたけお)教授が、あらためて「将来に向けて大きく考え方を変え、再生エネを30%まで高めて原発は15%に
抑えるべきだ」と主張した。
また名古屋大大学院の高村ゆかり教授は、欧米では再生エネの増加とともに基幹電源の比率が減少している傾向を解説。「原発など特定の電源を基幹電源と位置付ける考え方自体が
なくなりつつある」と話し、基幹電源の名の下に原発を重視する自民党と経産省をけん制した。その上で「ドイツでは安い再生エネが増えて電力の価格が下がっている」とも指摘し
た。
環境省は三〇年に再生エネの比率を最大35%まで高められると試算したが、自民党と経産省は実現性に否定的だ。これについて全国消費者団体連絡会の河野康子事務局長は環境省
の出席者に「(試算の)根拠を示してほしい」と要望。経産省に対して電源種類別の発電比率を検討する際の検討材料から環境省の試算を安易に外さないよう、くぎを刺した。
次回の会合で経産省は基幹電源についての考え方を整理し、環境省は試算の詳しい根拠を示す.

32’.「社説:電源構成 原発回帰が透けている」毎日新聞 2015年04月12日02時40分
http://mainichi.jp/opinion/news/20150412k0000m070110000c.html

32”.「(社説)将来の電源構成 安定供給と料金抑制が優先だ」読売新聞2015年04月12日 01時04分
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150411-OYT1T50142.html
・・・関心のあおりの方は検索してどうぞ。

33.「関西の鉄道、震災前より電気代4割増 運賃転嫁は難しく」朝日デジタル2015年4月12日05時08分 ※グラフ有
http://www.asahi.com/articles/ASH440C4JH43PLFA00S.html

参考記事、
34.「核廃絶訴え、最後の証言へ=70年の節目の年に進展を−81歳被爆者が渡米・広島」時事通信2015/04/11-14:27
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015041100170
「原爆投下から70年の節目の年。被爆者が元気なうちに、核廃絶に向けた動きが進展してほしい」。被爆者の中村澄子さん(81)=広島県三原市=は27日から開催される核拡
散防止条約(NPT)再検討会議に合わせ、米ニューヨークを訪れる。同会議は5年に1度で、年齢や健康状態から「訪米は今回で最後」。中村さんは「今も後遺症に苦しむ被爆者
がいること、核兵器の恐ろしさを伝えたい」と決意を語った。同市の被爆者団体副会長を務める中村さん・・・・」

35.「(プロメテウスの罠)五輪のひと:2 歓喜の中、故郷思う」朝日新聞デジタル?4月11日(土)16時0分配信 (有料記事) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150411-00000015-asahik-soci
「◇No.1240 2013年9月7日。20年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)の総会で最終プレゼンテーションが始まった。東京開催を訴える首
相の安倍晋三(あべしんぞう)(60)が演壇に立った。「アンダーコントロール」 福島第一原発の汚染水漏れは「管理下にある」と強調した。当時、日本オリンピック委員会
(JOC)事務局長の平真(たいらしん)(59)は会場でこの発言を聞き、思った。「政府が解決してくれるはず。首相が世界に向けて言ったのだから」プレゼンは45分間。投
票権を持つIOC委員約100人に訴えかける最後の大事な場面だ。当初、ここで汚染水問題を持ち出す予定はなかった。8月に問題が明るみに出てから、東京開催を支持するI
OC委員たちはJOC会長の竹田恒和(67)らに助言していた。「政府がプレゼンで説明するべきだ」「首相が自ら語ってほしい」 招致活動に携わる現場の意見として官邸に伝
え、実現した。・・・・
首相の「アンダーコントロール」発言は、平の故郷・福島でも首をかしげる人が少なくない。しかし、平は願う。東京五輪で世界が注目することによって、一刻も早く福島の復興に
つながれば、と。平が生まれ育ったのは、いわき市・小名浜港の外れにある泉町。そこで少年時代を過ごした。「暖かくて、魚がおいしくて」歓喜の輪の中で、平は震災当時を思い
出していた。」

海外、
36.「<インド>戦闘機「ラファール」36機購入でフランスと合意」毎日新聞?4月11日(土)19時58分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150411-00000061-mai-int
【パリ宮川裕章、ニューデリー金子淳】フランスを訪問しているインドのモディ首相は10日、オランド仏大統領と会談した後の記者会見で、・・・・既に両国間で合意している仏
製最新鋭原発「EPR」のインドでの着工に向けた協議が進められたほか、原子力や再生可能エネルギー、宇宙開発など幅広い分野での協力強化が議題に上った。モディ首相は「フ
ランスは戦闘機から潜水艦まで、インドにとって信頼できる供給者だ」と述べた。・・・」
・・・この国、いろんな国と原発輸入について交渉しています!!

◆今朝届いた西日本新聞朝刊では、
1面左に、福岡県知事選の記事、地方版紙面も選挙一色です、
27面社会面に大きく、
37.「核廃絶うやむや 核兵器禁止文書賛同 明言せず NPT会議 27日開幕」
37’.「被爆者 思い届かず不信感」

今朝は以上です。(4.12.6:17)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見などは⇒ ysykf at yahoo.co.jp へ 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  〜川内原発のスイッチは押させない!〜
 第1回事務局会議と「さよなら原発!福岡」例会 合同 
4月16日(木)8時30分から
福岡市人権啓発センター
場所:福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9150(4/9現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  〜川内原発のスイッチは押させない!〜

 <<九州電力による川内原発再稼働を目前にして、
   6月7日、史上最大規模の集会を開催>>

日 時:2015年6月7日(日)
 11:00マルシェ出店 12:30アトラクション 13:00集会 14:30デモ
場 所: 福岡市舞鶴公園
主 催: 原発いらない!九州実行委員会
協 賛: さようなら原発1000万人アクション
    首都圏反原発連合  
    原発をなくす全国連絡会 
    再稼働阻止全国ネットワーク 
    さようなら原発1000万署名市民の会
      (呼び掛け人・内橋克人、大江健三郎、落合恵子、鎌田慧、
                  坂本龍一、澤地久枝、瀬戸内寂聴、鶴見俊輔)
全国呼びかけ人
  木内みどり(女優) 加藤登紀子(歌手) 武藤類子(福島原発告訴団) 吉岡 斉(九州大大学院教授) 
  天笠啓祐(ジャーナリスト) 島田恵(映像作家) 那須正幹(児童文学作家) 内田麟太郎(絵詞作家)
   河合弘之(映画監督・弁護士) 広瀬隆(作家) 佐高信(週刊金曜日編集委員) 中嶌哲演(明通寺・住職) 
   田中優(未来バンク代表) 鎌仲ひとみ(映像作家) (4/6現在)
連絡先・集会本部: 原発とめよう!九電本店前ひろば             
電話:080-6420-6211(青柳行信)y-aoyagi at r8.dion.ne.jp

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
 午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内