[CML 036994] 「ジュピター」は移民の娘...卵子うる いや、でも、しかしウオシャオスキー

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 4月 10日 (金) 08:20:14 JST


映画「ジュピター <http://wwws.warnerbros.co.jp/jupiterascending/index.html>」



監督デビューの96年「バウンド」いらい注目しているウオシャオスキー兄弟。

その後ラナが性別適合手術を経て、姉弟コンビ
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%A7%89%E5%BC%9F>
の映画監督、脚本家、プロデューサー。

貧しい移民の娘は卵子を売る、手術室からスペースオペラ展開。

16年目の、女版「マトリックス」かなあ。


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内