[CML 036897] 岩波書店が社員の言論活動を理由に懲戒解雇を画策

yorikazu shimada ningen at hotmail.com
2015年 4月 2日 (木) 12:50:50 JST


嶋田頼一です。
 
ご存知の方も多いとおもいますが、岩波書店が、就業規則を改正し、
従業員の個人の言論活動を懲戒解雇の対象にするということをやろうと
しているそうです。
 
2007年に金光翔氏が個人の資格で論文「<佐藤優現象>批判」を
発表して以来の岩波書店(と岩波書店労働組合)による度重なる弾圧・
嫌がらせの経緯を考えれば、今回の就業規則の改正の動きがまさに
金光翔氏の言論活動そのものを標的にしたものであることは明らかです。
 
「進歩派の退廃」といえばそれまでですが、現実的に一従業員の生活と
人権がかかっているのであり、「くだらない岩波がまたくだらないこと
をやっている」と安易に見過ごすことはできません。また一連の事態の
きっかけとなった金光翔氏の「<佐藤優現象>批判」という論文の趣旨
が、なぜ右派メディアで「対朝鮮民主主義人民共和国武力行使、在日
朝鮮人団体への弾圧の必要性を精力的に主張」する佐藤優を岩波書店や
ほかのリベラル・左派メディアは積極的に起用するのかという点に対する
検証・批判であり、それが日本人に植民地支配を受けた歴史を持つ朝鮮
民族・在日朝鮮人の民族自決権に直接かかわるものであるとすれば、一連
の岩波書店のやみくもな弾圧が、「表現の自由」の問題にとどまるもので
はなく朝鮮人差別に根ざしたものであるといってもさしつかえありません。
 
安倍政権による日本の歯止めのきかない「戦争化」のなかで、岩波書店の
反動性を指摘する自社在日朝鮮人社員に対するこのような動き(岩波版
「特定秘密保護法」)は、出版物でどれだけ安倍政権に批判的な身振りを
しようとそれに抗するものであるどころか併走しようとするものでしか
ありません。今回の岩波書店の処置をやめさせ、金光翔氏への解雇策動を
やめさせ、日本社会全体の反・反植民地主義化の動きに抗議の声をあげる
ことを多くのみなさんに呼びかけます。
 
詳細は以下で



岩波書店の就業規則改定案について 
http://shutoken2007.blog88.fc2.com/blog-entry-49.html

 



愼蒼宇「「著者」の一人として岩波書店の就業規則改悪のとりやめを求める」http://gskim.blog102.fc2.com/blog-entry-28.html
 



浅野健一「これでは岩波版の<特定秘密保護法>だ――岩波書店就業規則改悪問題」
 


http://gskim.blog102.fc2.com/blog-entry-29.html
 



続・岩波書店の就業規則改定案について
 http://shutoken2007.blog88.fc2.com/blog-entry-52.html

 



鄭栄桓「岩波書店の就業規則改悪問題と在日朝鮮人への言論弾圧」



http://kscykscy.exblog.jp/24259534/
 



Super Games Work Shop Entertainment



「法の濫用――岩波書店の就業規則改定」



http://roodevil.blog.shinobi.jp/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/%E6%B3%95%E3%81%AE%E6%BF%AB%E7%94%A8%E2%80%95%E2%80%95%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%9B%B8%E5%BA%97%E3%81%AE%E5%B0%B1%E6%A5%AD%E8%A6%8F%E5%89%87%E6%94%B9%E5%AE%9A




 		 	   		  


CML メーリングリストの案内