[CML 036896] 好奇の目で晒しあげよう Fw: 医師の抵抗で公表遅れ(4月2日)

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2015年 4月 2日 (木) 07:50:15 JST


みなさま

>製薬会社幹部によると、糖尿病の重鎮とされる医師たちの反対が強く「公開すれば講演も薬のアドバイスもしない」と圧力をかける医師もいたという。<
だそうです。

きょうはもう、エイプリフールではありません。 

富裕不届きものは益々好奇の目で晒しあげましょう 



朝日新聞デジタル・ヘッドライン 2015年4月2日(木)
http://news.asahi.com/c/ai1Lcy2S3J1cs2aQ


━━━ 今日のトピックス
製薬会社が医師個人に支払った金銭情報の公表は、予定より1年遅れました。さらに印刷や保存ができないなど、公表に制限も。背景には一部の「重鎮」医師の抵抗がありました。
http://news.asahi.com/c/ai1Lcy2S3J1cs2ag

(一部抜粋)
「医師が好奇の目にさらされる」「風評被害を受ける」
日本製薬工業協会(製薬協)が医師や研究機関に支払った講師謝金や寄付金を公表する方針を2013年1月に決めると、医師から反対の声があがった。翌2月に日本医師会と日本医学会は「個人情報が一方的に開示されることになり、一方的な措置への批判が集中している」と製薬協に対応を迫った。

製薬協は翌3月、12年度分の支払いは予定通り13年から公表するが、医師への個別の支払額の公表は1年遅らせ、14年からとした。

1年の猶予の後も、一部の医師の反対が続いた。製薬会社幹部によると、糖尿病の重鎮とされる医師たちの反対が強く「公開すれば講演も薬のアドバイスもしない」と圧力をかける医師もいたという。会社に赴かないと個別の支払額が閲覧できない「来社方式」を検討する社が相次いだ。
(一部抜粋おわり)

医師に謝礼、1千万円超184人 製薬会社、講演料など
http://www.asahi.com/articles/ASH3V74WKH3VUUPI00S.html

ni0615田島拝



CML メーリングリストの案内