[CML 033968] 秦郁彦氏は、1992根には次のように言っていた

小林久公 q-ko at sea.plala.or.jp
2014年 9月 19日 (金) 17:20:59 JST


小林です

朝日バッシングの先頭に立っている秦郁彦氏が、
1992年には、次のように言っていましたのでご紹介します。

「済州島の事件が無根だとしても、吉田式の慰安婦狩りが無かった証明にはならない」 

「彼女たちが連行された事情は各人各様で(中略)、ともあれ、日本統治時代に数万にのぼる
朝鮮人慰安婦たちが、故郷を離れて辛酸をなめたのも厳然たる事実であってみれば、
何らかの形での「補償」を考慮する必要があろう」

これは、彼が済州島での吉田証言の調査を行ったあとに最初に書いた
雑誌『正論』1992年6月号での報告で述べている結論です。

朝日新聞が、今年8月に、「済州島での強制連行」を証言していた吉田清治氏について、 

「裏付けが得られず虚偽と判断」して、かつての記事を取り消しました。
このことについて、安倍政権のもとで朝日バッシング、河野談話バッシングが展開されています。
バッシングの先頭に立っている秦郁彦氏は、かつてはこのように言っていたのです。

「慰安婦」問題は厳然たる事実として、解決しなければならない問題なのです。

-----------------------------------------
061-2273 札幌市南区豊滝442-90
携帯電話 090-2070-4423
FAX 011-596-5848
email: q-ko at sea.plala.or.jp
小林久公
-----------------------------------------  



CML メーリングリストの案内