[CML 033916] 翁長沖縄県知事選候補者(現那覇市長)の「辺野古移設反対」の姿勢に私も強い違和感を持つ ――「辺野古移設反対」は言っても「埋め立て承認撤回」を公約に掲げない翁長氏の不可解さ(地元紙で識るオキナワ 2014年9月17日)

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 9月 17日 (水) 14:54:47 JST


次期沖縄県知事選は10月30日告示、11月16日投票。差し迫った沖縄県知事選を前にして下記の「地元紙で識るオキナワ」ブログ
と「私の沖縄日記―広島編」ブログの主張はきわめて重要な問題提起だと私は思います。以下、「地元紙で識るオキナワ」ブログの問
題提起と「私の沖縄日記―広島編」ブログの問題提起をそれぞれ転載します。

最後に翁長那覇市長の出馬表明・記者会見の模様(ノーカット版)と「県知事の『埋め立て承認』取り消しは法的に可能だ!」とする三
宅俊司弁護士の見解及び「次期沖縄知事は『辺野古埋め立て承認を撤回』する人でなければいけない:市民団体、野党の知事選候
補者選考委員会に要望」というピース・フィロソフィーの記事(URL)も附記しておきます。

次期沖縄県知事選の告示は10月30日です。それまでにまだ1か月余りあります。翁長現那覇市長を同知事選候補者に推薦した諸
団体(特に革新諸団体)は「埋め立て承認撤回」を同県知事選の公約に掲げるよういま全力をあげて翁長氏を説得すべきではないで
しょうか。さもないといくら大同団結とはいえとりかえしのつかない事態になりかねません。私はそれを強く懸念します。「『辺野古移設
反対』は言っても『埋め立て承認撤回』を公約に掲げない翁長氏の」姿勢は『不可解』」という「地元紙で識るオキナワ」ブログ主宰者の
懸念は私の強い懸念でもあります。

以下、省略。全文は下記をご参照ください。

■沖縄県知事選候補者(現那覇市長)の「辺野古移設反対」の姿勢に私も強い違和感を持つ ――「辺野古移設反対」は言っても「埋め
立て承認撤回」を公約に掲げない翁長氏の不可解さ(弊ブログ 2014年9月17日)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1000.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内