[CML 033848] 沖縄知事選:翁長氏が立候補表明「辺野古基地建設に反対」+自民党沖縄県連、「辺野古移設反対」県議の離党届受理+産経の苦しい記事2本+公明党、自主投票の公算 沖縄知事選、仲井真氏と会談も物別れ+元大統領特別補佐官:辺野古移設「沖縄の人々の支持が必要」

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 9月 14日 (日) 11:20:20 JST


沖縄知事選:翁長氏が立候補表明「辺野古基地建設に反対」

毎日新聞 2014年09月13日 20時30分(最終更新 09月13日 20時34分)
http://mainichi.jp/select/news/20140914k0000m010053000c.html

「辺野古新基地建設には断固反対する」として沖縄県知事選への出馬を正式表明した翁長雄志・那覇市長=那覇市民会館で2014年9月13日、佐藤敬一撮影

 那覇市の翁長雄志(おなが・たけし)市長(63)は13日記者会見し、11月16日投開票の沖縄県知事選への立候補を正式に表明した。翁長氏は「今や米軍基地は沖縄経済発展の阻害要因だ。政府が強行する辺野古新基地建設に断固反対する」と述べ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する姿勢を改めて示した。

 那覇市で会見した翁長氏は移設工事を止める方法について「県民は埋め立て承認の撤回や取り消しを望んでいると思う。知事選に勝ってから、相談しながら撤回や取り消しのあり方を考えていきたい」と述べた。

 元自民党県連幹事長の翁長氏を、辺野古移設に反対する共産や社民などの革新政党、自民党を除名された那覇市議、経済界の一部が支援する。翁長氏は「辺野古に新基地は造らせないという固い決意で結ばれている。保守革新を乗り越えて県民が一つにならないと日米両政府を相手に沖縄が闘うのは難しい」と訴えた。

 知事選には辺野古移設推進を訴えて3選を目指す仲井真弘多(ひろかず)知事(75)と、移設問題を県民投票に問うとする下地幹郎元郵政担当相(53)も出馬を表明しており、辺野古移設を最大の争点とする保守分裂選挙の構図になる。県政与党だが辺野古移設に反対している公明党県本部は知事選の対応を保留している。

 一方、自民党の浦崎唯昭(いしょう)県議は自民党が推薦する仲井真氏を支持できないとして離党届を出し、県連は13日付で受理した。浦崎県議は翁長氏の会見に同席し、支援する姿勢を鮮明にした。【佐藤敬一】

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

自民党沖縄県連、「辺野古移設反対」県議の離党届受理
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140913/elc14091320120002-n1.htm

2014.9.13 20:12

 自民党沖縄県連は13日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する浦崎唯昭県議の離党届を受理した。

 自民党は11月の知事選で、辺野古移設を推進する仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事を推薦する。だが、浦崎氏は仲井真氏を支持できないと県連に説明し、離党届を提出していた。

 浦崎氏は、知事選に出馬表明した翁長雄志(おなが・たけし)那覇市長の支援に回るとみられる。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

産経はあくまでも県知事選をイデオロギー的な問題にしたいみたいだが、どちらの主張が沖縄県民の民意を体現しているのか?

翁長候補:「これ以上の(基地の)押しつけは沖縄にとって限界で、地元の理解を得られない移設案を実現することは事実上不可能だ」
「今後100年置かれ続ける基地を絶対に造らせてはいけない」
「翁長氏は本会議でこう強調し、辺野古移設に反対する際の常套(じょうとう)句「オール沖縄」「イデオロギーよりアイデンティティー(存在証明)」を繰り返した。」

仲井真知事:「記者会見では辺野古移設に関し「最大の関心は沖縄県が(辺野古沿岸部の)埋め立てを承認するかどうかだった。もう過去の問題だ。争点にはならない」と強調した。」


沖縄知事選、翁長那覇市長が正式出馬表明 革新政党と同じ主張、現実路線の仲井真氏と対決
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140910/elc14091021270001-n1.htm

2014.9.10 21:27 

 翁長雄志那覇市長

 翁長雄志(おなが・たけし)那覇市長(63)は10日の市議会本会議で、任期満了に伴う沖縄県知事選(10月30日告示、11月16日投開票)への出馬を正式に表明した。争点となる米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設について「これ以上の(基地の)押しつけは沖縄にとって限界で、地元の理解を得られない移設案を実現することは事実上不可能だ」と述べた。移設反対を前面に掲げることで、移設を推進する立場で3選を目指す仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事(75)との対立軸を鮮明にした。

 翁長氏は、かつて自民党県連幹事長を務めたが、県連と決別。知事選では自民党を除名された那覇市議や社民、共産両党など県政野党5団体の支援を受ける。仲井真氏は自民党の推薦を得た。移設の是非を県民投票に委ねる考えの下地幹郎(みきお)元郵政民営化担当相(53)も立候補を表明しており、対決構図が固まった。

 翁長氏の出馬表明は、普天間飛行場の辺野古移設に関する主張が革新陣営とうり二つだった。

 「今後100年置かれ続ける基地を絶対に造らせてはいけない」

 翁長氏は本会議でこう強調し、辺野古移設に反対する際の常套(じょうとう)句「オール沖縄」「イデオロギーよりアイデンティティー(存在証明)」を繰り返した。

 もっとも、辺野古移設の代替案を提示することはなく、移設目的の「一丁目一番地」である普天間飛行場の危険性除去にも触れないままだった。

 翁長氏の発言内容を聞いた自民党県連幹部は「革新政党の県議が原稿を書いたのか」と皮肉り、政府高官は「これでは『ひたすら反対』で、翁長氏が嫌ってきた革新政党の姿勢と同じだ」と首をかしげた。

 仲井真氏は、政府との協調に基づく「現実路線」を翁長氏の対抗軸として打ち出し、政府側も仲井真氏への支援を本格化させる。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は10日、上京した仲井真氏に会い、辺野古地元住民への補償措置について「最大限配慮したい」と応じた。記者会見では辺野古移設に関し「最大の関心は沖縄県が(辺野古沿岸部の)埋め立てを承認するかどうかだった。もう過去の問題だ。争点にはならない」と強調した。

 「世界一危険な普天間飛行場の危険性を取り除くためには、辺野古移設を淡々と進めるべきだ」

 仲井真氏は最近、周囲にこう語る。移設問題でも翁長氏との論戦をいとわない構えで、翁長氏が代替案の提示を迫られる局面も想定される。

 一方、経済振興策について、翁長氏は仲井真氏が発案から策定まで手がけた振興計画「沖縄21世紀ビジョン」を継承する考えを表明。県政界では、翁長氏が同ビジョンに「ただ乗り」するとささやかれてきたが、その意図を隠そうともしなかった。

 ただ、同ビジョンの推進には財源として沖縄振興予算が欠かせず、「辺野古移設で政府と対決する翁長氏にかじ取りできるのか」(県幹部)との声が漏れる。(半沢尚久)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

産経の苦しい記事です。

 毎日新聞の記事で「那覇市で会見した翁長氏は移設工事を止める方法について「県民は埋め立て承認の撤回や取り消しを望んでいると思う。知事選に勝ってから、相談しながら撤回や取り消しのあり方を考えていきたい」と述べた。」とはっきりと書かれているのに、産経は「報道陣からは移設を阻止するための具体的な方策を尋ねる質問が相次いだが、一切明らかにしなかった。」と苦しい記述。それほど追い詰められているということか・・・


翁長氏「辺野古移設阻止」の具体策語らず 沖縄県知事選出馬会見
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140913/elc14091319030001-n1.htm

2014.9.13 19:03

沖縄県知事選の出馬記者会見で、政策を訴える翁長雄志那覇市長=13日午後、那覇市

 翁長雄志(おなが・たけし)那覇市長(63)が13日、那覇市内で沖縄県知事選への出馬表明の記者会見を行い、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「(代替施設を)絶対に造らせない」と強調した。報道陣からは移設を阻止するための具体的な方策を尋ねる質問が相次いだが、一切明らかにしなかった。

 翁長氏支持に回った社民、共産両党などには仲井真弘多知事による辺野古埋め立て承認の撤回、取り消しを求める声が強いが、撤回や取り消しは事実上困難だとされる。翁長氏も実効性について言及を避けた。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

公明党、自主投票の公算 沖縄知事選、仲井真氏と会談も物別れ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140828/elc14082804500001-n1.htm

2014.8.28 04:50

 11月16日投開票の沖縄県知事選で、3選を目指す仲井真弘多(なかいまひろかず)知事(75)が今月初旬、公明党県本部の糸洲朝則(いとすとものり)代表と会談し、物別れに終わっていたことが27日、分かった。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設で仲井真氏は埋め立てを承認したが、公明党県本部は移設に反対しており、溝が埋まらなかった。公明党は自主投票とする公算が大きい。

 仲井真氏が昨年12月に辺野古の埋め立てを承認して以降、糸洲氏と会談したのは初めて。仲井真氏は沖縄の経済振興をさらに前進させたい意向を強調。また、普天間飛行場の危険性除去のため、県外移設を求めるより、辺野古移設の方が早いとの認識を示した。

 公明党県本部幹部は「辺野古移設をめぐる考え方に隔たりがあり、仲井真氏に乗ることはできない」と述べ、仲井真氏を推薦しない見通しを示した。公明党本部には仲井真氏の推薦に前向きな幹部もいるが、地元支持者に辺野古移設に反対する声が強く、党本部主導で推薦しても理解を得られないとの見方が出ている。

 辺野古移設に反対する立場で知事選に出馬する翁長雄志(おながたけし)那覇市長(63)も公明党から選挙協力を得ることを期待する。ただ、翁長氏は社民、共産両党など革新勢力の支持を受けており、公明側は革新勢力と共闘はできないとの方針だ。

 自民党本部は27日、仲井真氏の推薦を正式に決め、河村建夫選対委員長が那覇市内のホテルで仲井真氏に推薦状を渡したが、公明党との調整が急務の課題だ。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「日米両政府が作業を進めている米軍普天間飛行場の辺野古移設について「沖縄が計画を拒否すれば、他の解決策を探す必要が出てくる」と指摘し、沖縄の民意が問題の行方に影響するとの認識を示した。

 ハルペリン氏は移設計画に関し「もし沖縄の人々が明確に拒否した場合、前に進めるのは間違いだ」と強調。その上で民意を図る重要な要素として11月の県知事選に言及し、移設の行方に「影響を与えるだろう」と語った。」


元大統領特別補佐官:辺野古移設「沖縄の人々の支持が必要」
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20140911rky00m010001000c.html

2014年09月11日

 【ワシントン=島袋良太本紙特派員】米ジョンソン政権時代に沖縄返還に関する米政府の交渉担当者を務め、クリントン元大統領の特別補佐官なども歴任したモートン・ハルペリン氏がこのほど琉球新報のインタビューに応じた。日米両政府が作業を進めている米軍普天間飛行場の辺野古移設について「沖縄が計画を拒否すれば、他の解決策を探す必要が出てくる」と指摘し、沖縄の民意が問題の行方に影響するとの認識を示した。

 ハルペリン氏は移設計画に関し「もし沖縄の人々が明確に拒否した場合、前に進めるのは間違いだ」と強調。その上で民意を図る重要な要素として11月の県知事選に言及し、移設の行方に「影響を与えるだろう」と語った。「計画は人々に支持されている必要がある」とも強調し、両政府が民意を無視して移設を強行した場合、日米安全保障体制が不安定化すると指摘した。

 ハルペリン氏は今月中旬来日し、18日午後7時から那覇市泉崎の琉球新報ホールで開かれるシンポジウムに出席する。(琉球新報) 		 	   		  


CML メーリングリストの案内