[CML 033847] 選択を迫られる自主避難者

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 9月 14日 (日) 11:13:19 JST


 坂井貴司です。
 
 福島第一原発事故で、福島県から多くの人々が放射能汚染を恐れて、県外へ自
主避難しました。

 事故から3年が経った今、自主避難した被災者たちは選択を迫られています。

 家族と一緒に暮らすか、放射能汚染を避けるためにあくまで避難を続けるか。

 対照的な選択をした二人の被災者を通して、自主避難の現状を報告します。

 テレメンタリー
 「“3.11”を忘れない48 続・母親たちの選択〜自主避難者は今〜」
 http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

 放送日:9月15日前後
 放送時間は各地で異なります。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内