[CML 033747] 「とらわれた二人」囚人と目撃者 驚くべき実話物語

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2014年 9月 10日 (水) 10:32:06 JST


前田 朗です。
9月10日

大山さま

情報ありがとうございました。

読まなくては。

指宿さん、研究会仲間ですが、最近は会うことが少なくなりました。

取調べの可視化で頑張っています。

私は日弁連の”日和見可視化路線”を批判する側なものだから(苦笑)。


> 「とらわれた二人 無実の囚人と誤った目撃証人の物語 <http://news.livedoor.com/article/detail/8611678/>」
> ジェニファー・トンプソン-カニーノ,ロナルド・コットン,エリン・トーニオ 指宿信
> <http://www.seijo-law.jp/faculty/law/teacher/teacher.php?user_num=0148>,岩川直子
> 訳 岩波書店 <https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/8/0259450.html>
>
> 原書名: PICKING COTTON: Our Memoir of Injustice and Redemption
>
> 〈Thompson-Cannino,Jennifer; Cotton,Ronald; Torneo,Erin〉
>
> 見知らぬ男に*強姦されたジェニファー。*
>
> ずたぼろになりながらも勇気を揺り絞って犯人を指し示す。
>
> やってもいないのに*目撃証言によって終身刑囚になったロナルド。*
>
> 未来のない監獄暮らし。
>
> あざ笑う*真犯人が同じ獄にいる。*殺そうと凶器を用意するが、かろうじて踏みとどまる。
>
> ずっと雪冤だと訴え続ける。弁護士の協力の甲斐もあって、十年後にDNA鑑定で無実が証明される。
>
> 彼女にとっても、彼にとっても悲劇。
>
> しかし稀有の赦しと友情。二人が人生を再構築してゆくさま。
>
> 信じられないほどの衝撃の、実話。
>
> 翻訳してくれた*指宿信
> <http://www.seijo-law.jp/faculty/law/teacher/teacher.php?user_num=0148>*
> 法学部教授たちに拍手。
>
>



CML メーリングリストの案内