[CML 033655] 「パワハラに負けない!」ための新書なり 労働安全衛生法指南

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 9月 6日 (土) 06:49:25 JST


「パワハラに負けない! ― 労働安全衛生法指南
<http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/toku/1311/500758.html>」 笹山尚人
<http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n272031> 岩波書店

*労働組合
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/1df0a19e82c3d3c1403f1ce44ebec992>*
って強い力があるんだと、うれしくなる「*ジュニア新書 <http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/>*」

高校生のときから労働法とか知っておいたほうがよいよね。

なんせ、とんでもない時代をサバイブしなくっちゃだもん。

133 裁判 ゼロより和解か

189 労基署参り
------------ 目次 -----------------------------

*序章 弁護士生活スタート*
弁護士の就職も楽じゃない/佐々木法律事務所の人びと

*1章 職場って,働く人をむしばむことだらけ?*
同期との再会/相談ケース1/相談ケース2/相談ケース3/パワハラはなぜ起こるのか/パワハラの原因と「ブラック企業社会」/努力が足りないのだから仕方ない?/ケース3の経過/ケース3の結末/労働者をむしばむ事件の難しさ

*2章 労働契約とは,全人格の支配ではない*
僕にできることは何?/佐々木弁護士の甥/労働契約とは何だろう/盲目的な服従/電電公社千代田丸事件/就労義務を負わない,と判決/労働法の役割/依頼者のもとへ

*3章 労働安全衛生法等による労働者の身体保護*
労働安全衛生法規について学ぶ/労働安全衛生法の成り立ち/安全衛生管理体制の仕組み/安全委員会,衛生委員会,安全衛生委員会/小規模事業場
では?/労働者の危険又は健康障害を防止するための措置/機械等並びに危険物及び有害物に関する規制措置/労働者の就業に関する措置/健康の保持増進のた
めの措置/労働者の義務/若年労働者の保護について/母体保護について/労働者を守る法令と,その現実

*4章 労働災害と長時間労働*
新たな相談/長時間労働と肉体の過酷酷使による腰痛?/労災とは?/現場をどれだけ知っているの?/看護の現場/腰痛防止とそのために職場がなすべきこと/患者のためではあっても/労働時間とは?/早出と時間外割増賃金/業務起因性があるか/労働時間の把握と管理

*5章 働く人間を壊してしまうパワハラ*
一本の電話/矢萩君の仕事と受けたパワハラ/言葉の暴力/退職に関する生活保障制度/パワハラに関する法規制/パワハラの責任を問う裁判を提訴/証拠がなければパワハラとはならない/「証拠」になるもの/音声記録の問題/矢萩君の場合は/労災が認められる

*6章 職場でパワハラ予防をはかる*
ショックな指摘/何がパワハラになるのか/パワハラ該当性の判断/パワハラを予防するには/パワハラを起こさない職場作り―厚生労働省の検討から/男女雇用機会均等法第11条を応用する/佐々木法律事務所でのパワハラ防止の取り組み

*7章 パワハラ事件を真に解決する*
阿久津君,新しいパワハラ事件に遭遇する/中田さんに対するパワハラ/「退職」の経緯/弁護団会議/精神疾患の場合の労災手続き/判断指針の問題点/認定のための条件の緩和/新認定基準の策定/労基署参り/証人が現れた!/証人尋問/再びの駅頭宣伝と和解へ/和解成立

*8章 阿久津君からのメッセージ―私たちにできること*
ケース1,2の結末/労働安全衛生をはかる措置の必要性/労働法のおさらい―労働安全衛生法も僕らの味方!/「おかしい」「へんだ」をそのままにしない/労働者にできること/労働組合のこと/労働組合活動の法的保護/「いつでも力になります」

*終章 佐々木弁護士からの補足*
佐々木弁護士と福岡さんの会話/主権者としての参加/過労死の問題/憲法の問題

おわりに




-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内