[CML 033581] メラネシア Re: 「ブラック企業」考

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 9月 2日 (火) 09:54:03 JST


前田 朗です。
9月2日

萩谷さん

ごぶさた。なんだ、生きてたのか、って(笑)。

いや、失礼。出戻り3ラウンドあたりでしょうか。


さて、ブラック企業をめぐる間抜けなこじつけ言葉狩り論議に加わるつもりはあ
りませんが、

2点だけ。

1.萩谷さんは、黒人、白人等々の恣意的な区分による人種概念を前提とするの
ですね。疑問です。

2.「バントゥー、コイサン、ピグミーからなる人種」ですか。私の親しい「黒
人」はフィジー、サモアー、ヴァヌアツ、ソロモン諸島などメラネシアの人たち
です。


----- Original Message -----
> まっぺんさん 萩谷です。
> 
> ふたつ気がついたことを。
> 
> <1.イスラム教が生まれてからはむしろイタリアなどの白人が北アフリカの
ベルベル
> 人たちの奴隷となっていきました。こういう時代が数百年続きます。つまり
「白人が
> 黒人の奴隷だった」時代が長く続いたのです。>
> 
>  ベルベル人は肌は黒いのですが、黒人ではありません。人種的にはコーカソ
イド(白人)です。
>  黒人というのは、バントゥー、コイサン、ピグミーからなる人種で、サハラ
砂漠以南にいる人達です。蛇足ですが、北アフリカの黒人差別は根深いものがあ
ります。
> 
> < また人権問題として考えた場合、黒人差別を無くすために「ブラック」の
言葉を使
> わないというのは、はたしてどこまで可能なのでしょうか? 「ブラック企業」
とい
> う言葉にだけ限定するのでしょうか? あるいは、その「起源」と見られる
「闇」と
> いう言葉も考えるべきでしょうか? 例えば「ヤミ金融」などという言葉はど
うする
> べきでしょうか?>
> 
>  ブラックと「黒」「闇」は、別です。
>  春の野山の緑、とは言っても、春の野山のグリーン、とは、今もって、通常
は言わないだろうと思いますし、グリーンベレーを緑ベレーとは言いません。
>  同義語というのは、意味の相違を若干含んで居るから同義語というので、ま
ったく同じなら同一語です。意味とは、言葉の使われ方を含むもので、単なる
「指示対象」ではありません。
> 
> 




CML メーリングリストの案内