[CML 033577] オランダ、嘘ついたことをプーチンに謝る The Voice of Russia 14/8/31

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 9月 2日 (火) 01:41:35 JST


M.nakataです。
いつもメールをありがとうございます。

櫻井ジャーナル 14/8/31 
からThe Voice of Russia の記事。写真。
掲載の竹下雅敏氏のブログから、ご紹介です。



とっても思慮深い、プーチンの写真です。


▼ウクライナでいずれ崩壊する米欧の正義 。
世界が少しづつ変わってきつつあります。

情報は、自分自身でしっかり追及しましょう。
日本のマスメデイアのおかしさ、片寄りを見抜く感覚を育てましょう。

╋━━━━━━━━< 拡散歓迎> ━━━━━━━━━━━━━━
<竹下雅敏氏ブログからの情報です>


 ▼オランダはウクライナでのマレーシア航空機墜落事故の当事国で、陰謀に深く係わっていると思います。おそらくメディアは、偽りの情報で占められているでしょう。


▼しかしわずかですが、この記事のように非常に賢明な人々が居て、何が起こっているかを正確に理解しています。

▼こうした人たちは、“西側諸国の政府が…新世界秩序のために働いている”ことを理解しています。そしてプーチンは、それを阻止するための希望の星であるということも。
 
 ▼いつの時代も真相を理解するほんのわずかな人々が、世界を変革して来たのです。皆さんも認識によって光と共に生きることが可能になります。その時に大切なことは、敵は外に居るのではないということを理解することです。

(竹下雅敏)


■オランダ、嘘ついたことをプーチンに謝る

転載元)

The Voice of Russia 14/8/31 

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=73892

 ★オランダのプロフェッサー、シス・ハメリンク氏がロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏に宛てた書簡が欧州メディアの注目を集めている。

オランダの知識人・大学人数十人の署名入りの手紙だ。彼らはロシア大統領に対し、ボーイング、シリア、ウクライナに関する嘘を詫びている。 

「我々、力なきウォッチャーは、米国を筆頭とする西側諸国が、自分たち自身の犯罪についてロシアを非難したことの、目撃者だ」。

★「我々は全ての希望をあなた様の賢明さにかける。我々は平和を望む。我々は、西側諸国の政府が民衆に奉仕するのでなく、新世界秩序のために働いているさまを目の当たりにしている。主権国家の解体と無辜の幾百万の死、これこそが、彼らがその目的を達するために支払わねばならぬ対価であるらしい」。

――――――――――――――――――――――――
露軍がウクライナに侵攻したと宣伝していた西側メディアだが、今度は露軍が消えたと報道する怪談
転載元より抜粋)

櫻井ジャーナル 14/8/31 



 数千名規模のロシア軍がウクライナに侵入したとキエフのペトロ・ポロシェンコ政権は発表、アメリカ政府は曖昧な表現で同じような主張をし、西側のメディアはその話を垂れ流した。ところがここにきて、問題の地域にロシア軍は見当たらず、「ロシア軍部隊が消えた」と伝えられている。ポロシェンコ大統領は証拠を示さず、NATOから出てきた写真にも疑問が投げかけられていただけに驚きはない。キエフ政権と西側が作り上げた幻影が消えたということだろう。

 ポロシェンコ大統領がロシア軍の侵入を主張した頃、ウクライナ東部のドネツクにあるノボアゾフスクで反キエフ軍(ドネツク人民共和国の義勇軍)がキエフ軍を包囲、制圧するという事態になっていた。その後、キエフ軍の兵士を武装解除の上で解放するという方針を出したが、キエフ政権は拒否して「玉砕しろ」と命令しているようだ。重要拠点でキエフ軍が敗北、その弁明として「ロシア軍の侵攻」という作り話をした可能性もありそうだ。

▼ 反キエフ軍はウクライナ軍の将兵や退役兵が主体で住民を守り、ナチスの末裔と戦っているという使命感から士気は高い。最近はフランスやギリシャからも義勇兵が入っているようだ。

▼それに対し、キエフ側は正規軍の士気が低い。NATOの訓練を受けたネオ・ナチ、アメリカやポーランドの傭兵が主力で、そこにCIA、FBI、アメリカの軍事顧問が加わっているのだが、それでは対応できなくなってきた。

▼そこで、NATOはウクライナ情勢に対応するため、イギリス軍を中心にして、デンマーク、ラトビア、エストニア、リトアニア、ノルウェー、オランダで1万人以上の統合遠征軍を編成すると伝えられている。カナダも参加する可能性があるようだ。ロシアと核兵器を撃ち合う覚悟ができたのだろうか?

 ▼キエフ軍が苦戦している最大の理由はウクライナ軍を掌握できていないことだろう。アメリカの傀儡政権のため、ネオ・ナチの命令で自国民を殺したくないと少なからぬ将兵が思っているのではないだろうか。この状態が続くと、民族浄化を成功させるためにはどこかの時点でNATO軍を投入せざるを得なくなりそうで、そのために「ロシア軍の軍事侵攻」を演出する必要があるだろうが、▼今回はとんだ赤っ恥をかいた。もっとも、恥知らずの西側メディアはそうした事実を無視するだろうが。

<略>

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







CML メーリングリストの案内