[CML 033571] 日本景観学会・2014年度秋季大会

林田力 info at hayariki.net
2014年 9月 1日 (月) 21:16:18 JST


日本景観学会・2014年度秋季大会 シンポジウム「巨大構造物と景観」
日時:2014 年9 月23 日(火:祝日) 13:00〜17:00
会場:法政大学市ヶ谷校舎スカイホール(ボアソナードタワー26階)
神宮外苑の緑のなかに計画されている高さ70mの新国立競技場、南アルプスの山々を貫くリニア新幹線、日本各地の緑豊な土地に建設されるメガソーラー発電所、東北の自然豊な砂浜に建設される防潮堤など、近年計画されている巨大構造物には様々な疑問が呈されています。その主たる問題は景観と自然環境への影響です。本大会においてゲストの方々と共に景観学の観点から、これらの計画について考えたいと思います。
大会プログラム
2014 年9 月23 日(火)
10:00〜12:00 一般研究発表 @26 階会議室-A
12:00〜12:30 2014 年度定例総会 @スカイホール
13:00〜17:00 シンポジウム「巨大構造物と景観」 @スカイホール
17:00〜19:00 懇親会(申込制)
会場:法政大学市ヶ谷校舎スカイホール、ほか(ボアソナードタワー26 階) 裏面に地図があります。
■ 主催: 日本景観学会 ■ 一般参加費: 無料(資料代実費)
■ 問い合わせ、申込み先:日本景観学会大会事務局
シンポジウム詳細
13:00〜13:05 開会挨拶:千賀裕太郎(日本景観学会副会長、東京農工大学名誉教授)
13:05〜14:20 基調講演
秋道智彌(総合地球環境学研究所名誉教授)
五十嵐敬喜(日本景観学会会長、元法政大学教授)
14:20〜15:20 現場からの報告
「リニア新幹線」 川村晃生(リニア新幹線沿線住民ネットワーク)
「メガソーラー」 志津田和博(上田市飯沼自治会長)
「新国立競技場」上村千寿子(景観と住環境を考える全国ネットワーク)
「防潮堤」 東梅守(岩手県大槌町会議員)
15:30〜17:00 パネルディスカッション
パネリスト:五十嵐敬喜、秋道智彌、川村晃生、志津田和博、上村千寿子、東梅守
司会進行:山路永司(日本景観学会理事、東京大学教授)
-- 
林田力(『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者)
http://www.hayariki.net/
http://hayariki.zero-yen.com/


CML メーリングリストの案内