[CML 034747] 中東のイスラーム世界と日本は...小滝透と第三書館

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 10月 31日 (金) 08:45:56 JST


「親子で語る中東イスラーム世界と日本 ― テロと戦争の時代のなかで
<http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-8074-1492-5.html>」 小滝透
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%BB%9D%E9%80%8F> 第三書館
<https://twitter.com/the3rdworld_pub>

重信メイの、「アラブの春」の正体 欧米とメディアに踊らされた民主化革命。
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/4098c964bc575612c299068074a84ba2>
納得できた腑分け、すっきり。

がんばって、こっちも読んでみた。

うちの同居人は熱中してた。

--------------- 備忘メモ ---------------------------------

エジプトは2014年3月529名、638名の*死刑
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/df87ba1cbca99104e6f38718f53a77e5>*
判決。あちゃー。10頁

インシャッラー <http://p.booklog.jp/book/42975/page/919981>。神がお望みになれば。59頁

国民国家ができない世界
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/5c9b4e9cce5020ef0f7f116b28bedffe>、トルコ
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/347d6f69628ece47adcb98815da7898e>。73頁

シリア <http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/190d411ca704bc57eece94f446153df8>
の場合。95頁

ジハード。144頁

イスラーム。外に法律を守り、内に神を恐れるのが信仰。165頁

恋愛が禁止される。188頁

フランス。ムスリムの女性とのスカーフ。209頁

キリスト教のヨーロッパの森の乱獲、ペスト。237頁

マッキンダー
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC>
、海洋国家と大陸国家。264頁

--------- 目 次 --------------------------------

はじめに

第1章 なぜ、テロ戦争は起こったのか
1. エジプトの動乱について話をしよう—2013年春・・・1
2. アラブの春がやってきたころ・・・12
3. アラブの春は去っていった・・・21
4. 選挙で選ばれたモルシがなぜ倒されたのか・・・25
5. アラブでは一挙にニュースが広がる・・・36
6. 部族と宗派と民族と・・・41
7. アラブにはナショナリズムが二つある・・・51
8. パンドラの箱から飛び出すもの—独裁が終わってみれば・・・63
9. 国民国家ができない世界・・・73
10. 宗教が絶対支配する国家・・・83
11. シリアの場合・・・95
12. ペルシア湾、三つ巴の競合・・・109

第2章 ジハード(聖戦)、またジハード
1. 歴史を学ぶにあたって—高校生とイスラーム世界・・・137
2. なぜ彼らはテロをするのか?・・・143
3. 二つの宗派—スンニー派とシーア派・・・152
4. イスラームとは何か・・・162
5. 決定的トラウマ—十字軍の来襲・・・166
6. イスラーム原理主義の生態・・・169
7. アラブは西欧を恨んでいる・・・180
8. 男と女のお話・・・185
9. 日本とイスラーム・・・196

第3章 世界と日本とイスラームと
1. パキスタンでの日々—良太の海外初取材・・・218
2. 戦争と文明の物語・・・223
3. 自然破壊と宗教の物語・・・233
4. 社会の崩壊—心と社会が壊れてゆく・・・244
5. 一つの結論—原理主義の終焉・・・253
6. アメリカはアフガンで勝利できない・・・262
7. アフガン戦争は隣国パキスタンを液状化させている・・・269
8. 日本の将来、アラブの未来・・・277

番外編—あとがきに替えて・・・296
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内