[CML 034709] 日の丸の旗はなぜ赤い

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 10月 28日 (火) 08:46:28 JST


前田 朗です。
10月28日

石垣さん

コメントありがとうございます。

日の出の太陽なら、ふつうは黄色で描きますからね。

もっとも、アジア人民の血なら、日の丸どころか、全面真っ赤にしなくてはなり
ません。

中華人民共和国と国旗を取り換えてもいいくらい(笑)。

そういえば、世界地図でもよく日本は赤に塗られています。

クール・ジャパンの次はブラッシー・ジャパン!



ちなみに、昨日の授業ではインターネットからとって、君が代を流しましたが、

星条旗よ永遠なれを流そうとしたところ、

PC不調で駄目でした。

マライヤ・キャリーが歌う星条旗よ永遠なれはとても素晴らしいのですが。

ではまた。





----- Original Message -----
> 
> 前田朗さん
> いつもお世話様です 
> 前田さんの授業は面白いですね。
> ユニークな教授を雇い続けている、素晴らしい大学です。
> 学生も刺激されているでしょう。
> 
> おそらく学生に配布されていると思いますが。
> 栗原貞子さんの詩を思い出しました。
> 
> 日の丸の旗は なぜ赤い  1991.1.1 栗原貞子
> 
>  ”日の丸の旗はなどで赤い
>   かえらぬ息子の血で赤い”
>  ”白地に赤く血をしたゝらせ
>   あゝ怖ろしや日本の旗は”
>  ”日の丸の赤はじんみんの血
>   白地の白はじんみんの骨”
>   日本人は忘れてもアジアの人々は
>   忘れはしない
>   ゆるすな日の丸 戦争への道
>  
>   一度目はあやまちでも
>   二度目は裏切りだ
>   死者たちへの誓いを忘れまい
> 
> 被爆詩人栗原さんは【集団的自衛権】で
> 墓場に中で怒っているでしょう。
> 私は栗原さんから手紙を頂いたことがあります。
> 私たちの力不足を報告するしかありません。
>                石垣敏夫
> 
> 
> 
> 「世界はヘイト・スピーチと闘う」講座の報道と記録
> 
> 前田 朗です。
> 10月27日
> 
> 本日の私の授業に木村三浩さん(一水会代表)をお招きして、日の丸君が代問
題
> についてインタヴューしました。「日の丸はなぜ美しいか」「日の丸君が代は
な
> ぜ外国で嫌われるか」「なぜ日本は日の丸君が代を強制するのか」「ナショナ
リ
> ズムに国旗国歌のような象徴は不可欠か」など。
> 
> 「日の丸ほど嫌われている旗はない」という私の問いに、木村さん、即座に
「世
> 界的に見れば星条旗の方が嫌われている」。それ以上、突っ込めず、私の負け
で
> した。
> 
> さて、10月23日に開催された人種差別反対の「世界はヘイト・スピーチと
闘
> う」講座の報道と記録です。
> 
> ***********************************
*
> ****
> 
> 講演に関して共同通信からニュースが配信されています。
> http://www.47news.jp/47topics/e/258640.php
> 
> また講演の全内容の録画がIWJにアップされました。
> http://iwj.co.jp/wj/open/archives/189225
> 
> 
> 


CML メーリングリストの案内